「昇龍」 @ 京成江戸川

 

Syoryu_outs

Syoryu_ins

 まず驚いたのは「コウバシ茶ハイ」。
 抹茶、玄米茶、緑茶などのブレンドだと聞いたが、甘味/苦み/香ばしさのバランスが絶妙でぐいぐい行けてしまう。  白状すると“一目惚れ”ならぬ“一飲惚れ”。Khobashi_00

 お通しのザーサイは手堅いところであるが、おそらく全てのメニューが美味いに違いない。

 アルコールのあて系から――。

■レバニラ炒めLiev_nr
 期待通りのシャキシャキ感。脂の香りも、レバの歯応えも文句なし。

■餃子Gyoza_00
 肉汁あふれる。野菜たちの食感を残しつつ……、見ごと。Gyoza_01

 食事系――。

■豚から揚ソバParkhomen_00 Parkhomen_01
 いわゆるパーコー麺だけれど、説得力あるロース肉唐揚げだ。ブレなし。Parkhomen_02

■五目チャーハン5eyescyah_00
 パラパラ系としっとり系のいいとこ取り、ふんわり系だ。
 いや、自分が美味いと思ったら、無理矢理「ふんわり系」に押し込むだけなんだけれど。

■冷し中華Coldcyuka_00Coldcyuka_01
 カニの身も入って具たくさん。アルコールのあてにもなる。Coldcyuka_02

■五目そば5eyes_00 5eyes_01
 こちらも具だくさん。チャーシューに海老、そのバラエティ/振れ幅が良い。

 最後に、店の名を冠した――
■昇龍麺Syoryum_00
 ピリ辛のスープ。その奥に旨味。Syoryum_01
 豚バラ肉が仕事をしているのかな? 美味し。Syoryum_02

 いやぁ、暑い夏が来る。
 まだまだ味わっていないメニューがあるけれど、コウバシ茶ハイに冷し中華が忘れられない。また行きたくなっちゃった。

Menu01
Menu02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふじ」 @ 若松河田

 

Fuji_outs

 “ふじ”つながりでもう一店。
 今はもうないコーヒー&レストラン ふじ。新宿河田町、女子医大通りで名を馳せた洋食屋さん。
 Homageを込めてUpしておく。

 フジテレビがこの地にあった当時はフジテレビ社員らで盛況であったろうこと、想像に難くない。

Fuji_ins01
Fuji_ins02
 内装も雰囲気があって好きだった。
 流れる昭和歌謡のB.G.M.がはまっていた。

■ふじピラフ ¥1410Pilaffoffuji_a
 ワンプレートにハンバーグとピラフ、サラダにスパゲッティの付け合わせまで盛られた豪華版。コンソメスープも付いてくる。
 ピラフはカニ肉まで入って手抜かりなし。Pilaff_up

 「ふじ」を失うのは痛い。
 食べたいメニュー、いっぱいあったのに。Window

 フジテレビがお台場に移転したのが1997年4月。
 その後、2000年12月には大江戸線が全線開通し、若松河田駅が操業開始。
 今朝、女子医大通りを歩いたら、お店のビルは重機により取り壊され、更地になろうとしていた。
 風景がまた変わる。

Table

 

関連ランキング:洋食 | 若松河田駅曙橋駅牛込柳町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふじ食堂」 @ 石川台

 

Fujisd_outs

 前回レビューからの“フジ”つながり。
 朝7時オープン。朝食つながりでもある。

 カウンターの上にメニューが記されている。
 ホワイトボードの内容は毎回微妙に変わっていく。Menu_01

 オーダーを迷うのもまた楽しい。
 さー、今日は何をいく?
■ロールキャベツ定食Rollcbt_all
 朝から“呑み”もOKで単品でも注文できるが、“定食”で頼むとお新香と小鉢一品が付いてくる。
 この日のみそ汁は具だくさん、サツマイモも入って滋養たっぷり。
 小鉢は肉じゃが。Kobachi01

 メインのロールキャベツ。Rollcbt_up
 食べやすいように最初から半分に切り分けられていた。Rollcbt_dm
 味はコンソメベース。とことん優しい。

 別の日。Menu_02
 さー、今日は何をいく?
■豚角煮と大根煮定食Butadaikon_all
 みそ汁、ワカメしか見えないけど、豆腐とエノキも入っていた。
 小鉢は筑前煮。

 豚角煮はホロホロと、大根は旨味しみ沁み。Butadaikon_up

 またまた別の日。Menu_03
 さー、今日は何をいく?
■オムレツ定食Omuretu_all
 オムレツはレギュラーメニューのよう。気になっていたんだ。
 みそ汁はキャベツと薄揚げだったか。いつものように美味なのは変わらない。

 結構なボリューム。Omuretu_up
 内には野菜-挽肉がバランス良く詰まっていた。やっぱり美味し。Omuretu_dm

 ちょっと年配の(失礼!)、お母さま世代がきりもりするふじ食堂での話。
 まさに、――おふくろの味。

Table00

 

関連ランキング:定食・食堂 | 石川台駅洗足池駅雪が谷大塚駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「フジカフェ」 @ 田無

 

Fujic_outs

 田無の喫茶店。
Fujic_ins01  大箱で、客層も様々。いわゆる“昭和の雰囲気”である。
Menu00  散歩前の朝食であるが、モーニングセットが“終日OK”って、もはやモーニングセットと言えないのではないか? まぁ、サービス精神の現れとみて良しとしよう。

■Bモーニング(チキンカレー,スープ)Bset_cc_all
 Bは焼きサンドのセット。ツナ・ポテト・ハムチーズ・チキンカレー・ハンバーグの中から選ぶ。
 スープかサラダを選ぶのはAモーニングも同じ。

Ccsand_up  チキンカレーはキーマカレー的な様相だけれども、格段に軽い印象。
 カロリーも低そうだ。

 飲み物も付いて¥630。
 選んだ飲み物はブレンド。
 自分、珈琲通ではないが、こちらのブレンドを美味しいと思う。
Okawari  写真はお代わりをいただいたところ。お代わりを所望すると、食べ終わっていたモーニング用のプレートは下げられて、専用の木製皿がセットされた。

 伝票の裏に珈琲へのこだわりがしたためられていた。Cofe_ks
 豆はアラビカ種、それを遠赤外線で自家焙煎・シティロースト、云々……。

 別の日。珈琲ではなく紅茶で。Tea00
■カレートーストセットCurytset_all
 ツナトースト、ピザトーストのセットも同様だが、アイスが付いてくる。
 アイスは数種から選べる。写真は抹茶アイス。

 おしぼりの上にあるのは、この日やっていた田無北口商店会フェアのスピードくじ。Kuji
 コインでカリカリと削ったら「残念」の文字が出てきた。……無念。

 くじは置いておいて、カレートーストである。Curyt_up
 何故かこのチキンカレーが気に入ってしまった。軽るめが良いのかな。Curyt_dm

 別の日。今度はアイスコーヒー。Coffee00
■Bモーニング(ハムチーズ,スープ)+単品・サラダHmcz_allHmcz_up
 サラダ、スープ、ゆで玉子が単品オーダー可能(いずれも¥90)。
 スープもサラダも食べたいときはこうなる。

Salada_up  サラダはパイナップルが付いていてお得感がある。
 実は、スープもなかなか美味。Soupe_00
 このクオリティを考えると、セット物はコストパフォーマンスが良い。

 自家焙煎というポイントを押さえつつ、“いなたい”雰囲気を醸す喫茶店はそうそうないだろう。小洒落たカフェや珈琲店が増殖するなか、貴重なお店だと思う。

Plate00

 

関連ランキング:カフェ | 田無駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「双葉」 @ 鉄砲洲

 

Kanban

 看板にあるように、豆腐料理専門店である。豆腐で「双葉」と言えば、人形町「双葉」であるが、そちらとの関係は未調査。あちらは明治期からつづく老舗なので、ひょっとしたらこちらは支店/姉妹店かも知れない、それで“築地 鉄砲洲”という枕が付くのか?

Futaba_outs

 外観写真、暖簾のとなりの扉が豆腐店としての入り口である。単品での豆腐や惣菜を販売している。
 奥に見えるのが再開発で建った高層ビル。
 再開発はまだ続いていて、この双葉もその影響で移転し、ここにある。
 再開発が終われば、どこかのスペースに食い込めるのかな? 『住宅・商業・業務が調和した複合市街地』を謳う再開発なので、是非そうなることを期待する。Futaba_ins

 では、いただいた豆腐料理たちを――

■生揚げ定食Nmaget_all
 左、高野豆腐は日々変わるよう。高野豆腐だったので、豆腐尽くしになった。
 冷や奴と生揚げ煮はレギュラー。
Nmage_00  メイン、圧倒的なぶ厚さである。揚げたて、かりっと揚がった表面にも注目。

■麻婆豆腐定食Mabott_all
 人気の逸品である。
 左は黒豆だったかと。
Mabot_00  メイン、麻婆豆腐はまろやかな辛さで後を引く。白飯にかけても合う。

■肉豆腐定食+生卵Nikut_nmt_all
 中央はシイタケ・シメジの惣菜。
 生揚げ煮はレギュラーかと思っていたが、この日はがんもになっていた。
Nikut_00  メイン、やっぱり豆腐がぶ厚い。それが煮しめられて良い色合いだ。
 たまご投入、七味添加。Nikut_egg
 白飯にかけたら抜群であったが、画的にイマイチになってしまったので割愛する。

 豆腐屋さんの豆腐は説得力があるね。

Menu01 Menupls

 ところで、“鉄砲洲”の枕は判る、が“築地”も付ける?
 人形町の姉妹店ならば、飲食店としての箔を付ける意味で“築地”を拝借したのかも知れない。
 あるいは埋め立て築土されたという意味で“築地 鉄砲洲”としたのか?
 いろいろ考えたけれど、かつて鉄砲洲の南には築地からつながる堀があって、この辺も築地の延長と見なされていたようである。明治期の地図を見ると、いま「双葉」があるこの場所に“築地小学校”があったことが判る。
 今度行ったら、お店の沿革など尋ねてみようかな?
 ランチ時は行列のできる忙しさだから、なかなか難しいなぁ。

 

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 八丁堀駅新富町駅築地駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再訪>「しれとこ」 @ 一之江橋東詰

 

Srtk_kmrb

 しれとこ再訪。
 前回レビューは2015年6月

 外観・内装、変わりない。熊の剥製もきちんといる。Kuma_ggg

 靴をぬぎ、くつろぐ。散歩で疲れた足を休めるのには打ってつけ。Srtk_ins00

 今回注文はこちら……、
■熊定食Kumat_00
 特製の豚丼をメインに刺し盛、カニ汁、小鉢(イカの酢味噌和え)他、色いろついて¥1600。Butad00Sashimi0Kanisr00
 なかなかのコスパ。

 正直、亀定食、鶴定食には躊躇してしまうが、熊ならいける!Menu_l00

 

関連ランキング:郷土料理(その他) | 瑞江駅篠崎駅一之江駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新角」 @ 京成高砂

 

Shikaku_outs

 京成高砂の立ち食い蕎麦屋。
 散歩スタートのモーニング=シリーズ。

Menu_kb

 「新角」と言うと有楽町の「新角」を想いうかべる方もいるだろう。自分もそうだった。
 尋ねてみたら、有楽町「新角」はこちらで働いていた人が開いたお店だが、のちに経営者が変わってしまい、いまは関係がないとのこと。
 ラーメンメニューとか、ちょっと似ているところはあるけれどね。Menu01

 店内写真はカウンターのみなので、必然的にこんな感じになる。Shikaku_ins
 天ぷらウインドウの張り紙に「当店の天ぷら(かき揚げ)は、玉ねぎの甘味と旨味を引き出す為、少々焦げ目がつく程度まで揚げております」と記されている。

 ではでは、いただいた品々を……。

 「新角」の看板メニューと言っても良いか?
■にんべに天そばNinbenits01
 紅ショウガ入りのかき揚げは“べに天”。ニンニク入りかき揚げは“にん天”。ニンニクと紅ショウガが両方入りが“にんべに天”。
 江戸前のきりっと辛めのつゆにばっちり合ったかき揚げである。Ninbenits02

 麺は「三松屋食品」@南千住。
 具、つゆ、麺。三位一体となって『これぞ立ち食い蕎麦!』という完成度。Ninbenits03

 ラーメン系から。
■メンチラーメン+ほうれん草Mencr_hrs_00
 ラーメンはデフォルトでメンマ、チャーシュー、海苔が付く(あとネギも)。
 青味があった方が良いかなと思って、ほうれん草トッピング。Mencr_hrs_01
 フライ衣がつゆを含んで旨味を増すと同時にフライの香ばしい油がつゆに沁みだす相乗効果。美味し。Mencr_hrs_02

■カレーそば+チャーシューCurrys_cys_00
 盛りつける時に、チャーシューの上からカレーをかけるか、カレーの上にチャーシューを並べるか、どちらにするか確認が入った。
 おぉ! 素晴らしい。こういうサービスって大切だ。
 そばつゆに馴染んだほうがチャーシューが旨くなりそうだが、カレーが上にきてしまっては、チャーシューの存在感が薄れそうだ、と写真映りを気にして、カレー先がけ、チャーシューのっけ、でお願いした。
Currys_cys_01  ここでも辛めのつゆは功を奏していた。カレーと合わせても美味し。
 出汁がしっかりしているのだろう。

■肉そば+温泉玉子Nikus_otm_00
 これも「新角」の代名詞的な逸品か。
 揚げ玉はサービス。のっけなくとも良いが値段は変わらない。
Menu02  しゃぶしゃぶ用の豚バラがほろほろと良い感じに煮込まれている。肉Wで攻めるの良し。

■ソー天そば+とろろ昆布Sots_tkb_00
 ソーセージは魚肉。これが良い。
Sots_tkb_01  とろろ昆布を重ねれば、海の風味がOver-Drive。

 いやぁ、まだまだ探りきれない立ち食い蕎麦屋。
 暑い季節に冷やし系も捨てがたいが、旨辛メニューも気になる!Menu03

 

関連ランキング:立ち食いそば | 京成高砂駅柴又駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まいか」 @ 上野

 

Maika_outs

 上野アトレEASTの2階。
 株式会社サン・ロイヤルが運営するまいか。漢字では「米香」と書く。

 1982年創業のサン・ロイヤルは「個室ダイニング 一粋」や「和食 個室 香家」など複数ブランドを展開する大手。
 「まいか」ブランドは今のところこちら上野アトレ一店舗のみのよう。

Maika_ins

 メニューの主軸は釜飯。「米」の「香」と記すだけある。

Menu02
Menu03
Menu01

 ランチではクオリティ高い和食御膳もある。
 この日いただいたのは――、
■釜揚げうどんと手桶ちらし寿司御膳U_chirashi_00
 写真、左下がうどんつゆ。右下が赤出汁。
 中央に並んでいるのはうどんの薬味、胡麻、生姜、ネギ、鰹節。

 うどんはツヤツヤ。Udon

 ちらしはピカピカ。Chirashi

 実は「まいか」、日本酒も強い。
 “昼から呑み”も可。

 日本全国の地酒がそろっている。Sakel_uSakel_d
Sakel_a
 獺祭の利酒セットもあった。Kiki_ds_m

Kiki_ds_00

 利酒セットの解説文に注目。
Kiki_ds_ks 味表現の勉強になる。

 あてに、
■キャベツと塩昆布のすり鉢サラダCyabet_00Cyabet_01

 メインは、
■大山鶏カルビとごぼうの釜飯御膳Kmmsgzn00
Sashimi
Cyawanms
Kobachi
 セットについていくる刺身や茶碗蒸し、出汁豆腐(?)を酒のあてとし、最後に釜飯本体で〆る。Kmms_up
 良くできたコースでしょ?

 子連れ、家族連れもおられるので、羽目を外すのはNGだが、おとなの昼呑みに意外とイケルのでは。Menu_d
 ……そうそう、言い加えるとすると、大手運営はやっぱり安定感があるね。

 

関連ランキング:居酒屋 | 上野駅京成上野駅上野御徒町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あさひ」 @ 浅草観音裏

 

Asahi_outs

 浅草というと、言問通り以南を想いうかべる方が多いかとおもうが、言問通りの北側にも美味しいお店がいっぱいある。
 浅草、観音裏。見番通りとは呼ばずに、柳通りと呼ぶ。
 富士通りなども合わせて、「裏浅草」と括られることも。

 柳通りで抜群の存在感を示している「あさひ」。どのメニューもキラーメニュー。メディアで紹介される名店である。
 日曜日も営業しているから、浅草散歩の折りに寄ることが多い。

Asahi_ins
Menu_01a
Menu_02b

 ではでは、今までにいただいた品々を――。

■わんたんめん+トッピングしょうがWtmsyg00
 中細ちぢれ麺が旨うまのスープを絡める。
 トッピングのしょうがは途中から交ぜほぐし、スープの変化を愉しむべし。Wtmsyg01WantanCyasyu

■五目そば5eyes_00
 塩スープもやっぱり旨い。
 玉子は半熟、火の入れ方がJustだ。5eyes_01
 海鮮系のネタがないのがさびしいが、その分チャーシューが2枚。肉にくしい五目そばに仕上がっている。

■半チャーハンHancyahn
 半チャーハンにもザーサイが付いてくる。

■五目冷やしそばCold_5eyes_00
 きゅうり、ナルト、錦糸玉子は大きさを揃えて細く切り、麺の上に彩りよく散らせていて、その上に細く切られたチャーシュー、そのまた上にクラゲが乗っている。
 具材をひとつずつ盛りつけるのも良いが、この盛りつけだと、麺と具材が良い感じ合わさるようで一興。Cold_5eyes_01
 冷やしそば系は、オールシーズンある「あさひ」の人気メニューだ。

_board02  カウンター上にあるホワイトボードに注目。
 月替わりで新メニューが登場する。
 昨年の6月にいただいた……、
■スパイシー ゴーゴーS_gogo_00
 スープに若干のとろみ。スパイシーだけれども具材のあまみも感じられた。S_gogo_01S_gogo_02S_gogo_03

 この後本格的な夏場には新メニューとして「冷やししょうがそば」が登場していた。
 もう、毎月行かないと、こういった斬新なメニューをロストすることに……。

■中華丼Cyukad_00
 半熟目玉焼きをざっくり割って黄身をとかしていただいた。Cyukad_01
 美味し。

 秋。新メニューから。
■なすそばNasus_00
 秋なすを使用した麻婆茄子的ラーメン。
 先出の「スパイシー ゴーゴー」ほどとろみはないが、その分スパイスががつんとくる感じで……。Nasus_01
 追加で小ライスを頼んでしまった。Nasus_02Nasus_03

 ラスト、これは今年の1月2日にいただいたキラーメニュー。
■坦々麺Tantanm_00
 そう、1月2日、営業していたの。
 まさか、と目を疑ったね。
 正月二日から「あさひ」の坦々麺をたぐれる幸せ。Tantanm_01
 ――感謝。

 「あさひ」には暖簾が二種類あるようだ。
 柳通りを見通すように撮った外観写真にある黒い暖簾と真っ白な暖簾とが。
 自分、シンプルな白地の暖簾が好き。Noren_ath

 

関連ランキング:中華料理 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「とんち」 @ 中板橋

 

Tonchi_outs

 中板橋のとんかつ屋さん。
 日曜日もやっているので、散歩がてら寄らせてもらう。
 腹を空かして行った方が良い。

 間口は狭くて、暖簾をくぐるとカウンター。奥にテーブル席。Tonchi_ins

 単品お総菜もいろいろあって、メニューが豊富。Menu01
Menu02

 オーダーすると、お通し的に二連の小皿が今日される。Water00
 中身は日によって変わる。Otoshi00

 この日はがっつりと――
■五点盛定食5_00
 ヒレ、メンチ、コロッケ、アジフライに鶏唐揚げだ。5_015_03 5_02
 これだけそろって¥800。しかもどれも旨い。素晴らしいコスパ。
 みそ汁がまた美味。イリコ出汁かな?

 別の日。Kanban00
 限定10食のA+B組み合わせから。
 とんかつ屋さんなんだけれど、こんなセットになっちゃった。
■さば塩焼き+あげだし豆腐Ab_00
 純然たる和食屋さんの定食みたい。
 お値段、¥750。

 変わり種、こんな創作とんかつもある。
■カレー入りチーズヒレかつ定食Cryh_00
 写真、ライスがフレームアウト。
 これは逸品。余所では食べられない!
 内からカレーとチーズがトロトロとこぼれ出す。Cryh_01

 みそ汁が美味いから、かつ丼なぞも美味いのだろう。
 う~、ヒレ・海老二食丼も気になる。
 また行かないと。

 

関連ランキング:とんかつ | 中板橋駅ときわ台駅板橋本町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「六雁」 @ 銀座