津軽そば @ 「芳とも庵」

 

Yoshit_outs01

 都営バス(橋63)納戸町バス亭そば、芳とも庵
 津軽蕎麦がいただける貴重な蕎麦屋だ。
 そして、昼から呑みも愉しめるありがたい蕎麦屋でもある。

Yoshit_ins01

 お店のホームページに詳しくメニューが載っているけれど、ここでもちょっとUPしておく。
 過去のメニューなので、ご容赦。肴類、天ぷら類は季節ごとに変わっていく。

Soba3syu
Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
Menu05
Menu06

 まずは定番の――。
■天せいろTenseiro_00
 蕎麦は、蕎麦粉のひき方の違いで『江戸そば』『粗挽きそば』とあり(いずれも“つなぎ”なしの生粉打ち)、もうひとつ、水の代わりに呉汁(すり鉢で、一晩水にさらした大豆をすり、そこから取った絞り汁)を使用して打ち、半日から一晩寝かせて熟成させた『津軽そば』の三種から選ぶことができる。『粗挽きそば』は+¥100。
 こちらは『津軽そば』仕様。
 大豆の甘味が微かに香るか? しかし、風味は厳然たる蕎麦。
 呉汁の効用はスルッとしたのど越しにあるように思える。

Tenseiro_01  天ぷらは、海老、キス、ししとう、オクラ。裏側にサツマイモ、ナスが隠れていた。
 衣がさくっと良い感じである。

 変わりだね――。
■地獄そばJigoku_00
 蕎麦刺しはサービスだったかと。Jigoku_01
 つゆをかけて、ぶっかけ風に食す。
 油断大敵、猛烈に辛いので覚悟すべし。
 ちなみにこちらも頼んだのは『津軽そば』。Jigoku_up

 しかし、この辛味大根、とろとろの蕎麦湯に相性が良いのだ。
J_sobayu  蕎麦では温存、辛味を控え、蕎麦湯まで取っておくことをお勧めする。

 昼から呑み――。すべり出しは中生。Beer_and
 お通しは豆腐奴に揚げ玉を乗せた一品。蕎麦屋らしい通しに“にんまり”。Toosi_01

 箸置きも撮ったので、どうぞ。Hashioki00

 先発オーダーは、
■奈良漬けクリームチーズNarad_cc
 こちらも“にんまり”。
 クリームチーズは漬け物類に合わせやすい。その中でも奈良漬けとのマッチングは素晴らしい。

■ホタルイカの天ぷらHotarut
 軽く塩をふっても良いかもしれないが、そのままで。十二分に美味し。

◆AKABU(赤武)純米Akabu00
 おちょこを自分でチョイスするスタイル。
 雑誌『おとなの週末』「飲める蕎麦屋」企画で三ツ星を獲ったことがあるそうだが、さすがである。こういうディティールが呑み介ごころをくすぐる。

 レギュラーメニューから、
■にしん煮と茄子の揚げ浸しNishin00
 甘辛く煮〆た ―― 蕎麦屋では王道の ―― にしんと、そばつゆで浸した揚げ茄子。
 やばいよね。
 酒が進んじゃう。

◆丹沢山 純米Tanzawasan00
 なんと、サービスで塩辛が!Siocara00
 酒を注文するたびに、お通し的小皿がサーブされる訳ではないよね?

 蕎麦のオーダーは――。
■三種盛
 最初は『江戸そば』。Edo_00
Edo_01  石臼挽き自家製粉。メッシュ30番で篩った粉を80% 20番で篩った粉を20%の配合だそう。
 何か安心感がある。間違いない。

 次は『粗挽きそば』。Arabiki_00
Arabiki_01  さすがに香り高し。
 酒のあてにもなってしまう。って、俺だけか!

 最後は『津軽そば』。Tsugaru_00
Tsugaru_01  蕎麦粉は『江戸そば』と変わらないそうだが、先出の製法により、全くの別物になっている。当たり前だが。
 うむ。食べ比べるとそれぞれに持ち味があって、甲乙つけ難し。

 蕎麦湯がまた良いのだよ。Sobayu_and
 後発サービスの厚揚げ煮も入り、賑やかな食卓になってしまった。

 もうひとつ、アグレッシブな一品を――。
■濃厚トマトだれ蕎麦Tomato_00
 こういうあそび心も良いじゃないか。
 そうだ、カリフォルニア-ワインがあったな!

 最後に、接客が抜群に気持ち良いことを書き添えておく。


Yoshit_outs02

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 牛込神楽坂駅神楽坂駅市ケ谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「よしの」 @ 神保町

 

Yoshino_outs

 白い暖簾の下、両脇に盛り塩。
 初めての鮨屋は緊張する。ぴりっとした気持ちで暖簾をくぐった。

 某予約サイトで¥14,000のコースを予約してあった。

Counter  カウンター ―― 銀杏の一枚板 ―― に座る。
 事前情報で知ってはいたが、面前の九谷焼に目を瞠る。Utuwa00

 おまかせコースを迎えるにあたり、まずはビールでのどを潤す。Beer00
 やれやれ、これで緊張が少し和らいだ。

Tukidashi00  先付の白和えから始まり、次はトウモロコシのすり流しにウニを合わせた小鉢。Corn_uni
 トウモコシとウニのコンビネーションは洋のレストランでも見かけたことがあるが、鮨屋でさりげなく出されると、なかなかのインパクトだ。

 刺身のツマに海ぶどう。Obon00
 海ぶどうは鮮度が命。温度管理が難しい。これをツマにしちゃうなんて、贅沢だなぁ。

Sake_menu01 Sake_menu00

 刺身のスタートに合わせた訳ではないけれど、ビールが早々になくなって、日本酒に。Syuki01
 メモし忘れ。「鯉川」だったかな?

 ……「メモし忘れ」って、今回、やっぱり緊張していたのかな? 全般メモっていなくて……汗ゞ
 なので、コメント添えずに画像を投じるけれど、勘弁。

Sasimi00Sasimi01Sasimi02

 気分を取り直し、酒器に目を向けてもらおう。Syuki02
 酒器も面白い。

NitacoCorokke  煮タコ、ほぼカニ100%のカニクリームコロッケと続いて、酒も次のものに。
Sinomine00  「篠峰」雄町。

Sinomine_urar

Tachiuo_00Sasimi03Wannmono00  焼き魚(太刀魚)、たたきのづけ(?)、椀物。
 で、またまた次の酒に。
 肴が美味いから酒が進むすすむ。

Taka00  雄町つながりで「隆」。
 後ろのラベルなしのボトルは“和らぎ水”。メニューに案内があるが、福島県の酒蔵「社の蔵」の仕込み水。

Taka_urar

 ここで箸休め的なツマミが登場。
 クリームチーズにガリを合わせた物だったかと。Cc_00
Tomato00  もう一品はガリ酢に漬け込んだプチトマト。
 いづれも美味。Gari00

Rumikonosake00
Rumikonosake_urar

 さて、ここから“にぎり”だ。
 先出の予約サイトからの受け売りになるが、先に解説を入れておくと、こちらのすし酢は千葉県産の赤酢を中心に全国から厳選された数種の酢をブレンドしたもの。
 シャリはほんのりと朱色に染まり、コハダなどの〆物もひと味変わってくる。

 そしてFull-Openの厨房、まないた。板前の所作も大きな愉しみだ。Manaita
 こうなると、もはやエンターテインメント。

Nigiri_01Nigiri_02Nigiri_03Nigiri_04Nigiri_05Nigiri_06Nigiri_07Nigiri_08Nigiri_9

Ebi00
Nigiri_10  食うに喰ったり10貫。
 (最後の海老は長めの一貫を二つに切り割っているので、1貫としてカウント)

Misoshiru
Dessert  味噌汁、フルーツと余韻静かにコースが閉じた。
 緩急を付けたコース構成も良かったけれど、九谷焼などの美しい器、流れるような所作、接客の柔和さなど、トータルな雰囲気も素晴らしい。
 素敵なディナーだった。

Coaster

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:寿司 | 神保町駅九段下駅水道橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「上海亭」 @ 押上

 

Syanhi_outs00

 「上海亭」の屋号はちょくちょく見かける。
 こちらは押上、浅草通り、十間橋そばの「上海亭」。
 店前からスカイツリーがばっちり見える。

Syanhi_outs02  事前情報なし。黒板にあったメニューに惹かれて。Kanban00

 中はエンジ色のテーブルがはえる、街中華のおもむき。Syanhi_ins02Menu_01Menu_02
 メニューも街中華のお手本のような。中華ランチの並びに「ポークソテー」が入っているよ!Syanhi_ins01

 その惹かれたメニュー。
■むきアサリと野菜のあんかけチャーハンAnkk_cyhn_01
 右奥のお新香は着席と同時にサーブされたもの。サービス品のよう。
 本体チャーハンは塩梅よろしく、レンゲが止まらなくなる美味さ。Ankk_cyhn_02

 気に入って再訪。
 今度はスタンダードなメニューを注文。
■五目そば5eyesmen_00
 滋味深い塩スープが麺に絡んで美味し。5eyesmen_01

■餃子Gyoza01
 野菜しっかり、良い意味で軽やかな味わいで、いくらでもいけそう。Gyoza02
 おっと、辣油が自家製のようだ。Rayu

 別の日。
 今度は昼から呑み。
Beer  お新香は上記同様、サービス。
 ミニやっこが通し。

■ベーコンエッグBeconegg_and00
 後ろは“パリパリキャベツごま入り”¥380。
 胡麻油かな、軽く和えてあって、ビールのあてにJust-meet。

 ベーコンエッグの下に千切りキャベツがあって、キャベツがかぶった。
 が、まぁ良いか、キャベツは消化を助けてくれるし、流れ出た黄身をすくうのにも使えたし。

■家常豆腐(ジャージャントウフ)定食Jyajyand_t
 厚揚げと豚肉の甘辛煮。これ大好き。

 昼から呑んで、まったりしちゃうといけないね。
 歩いてカロリー消費しないと。

Syanhi_outs01

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中華料理 | 押上駅とうきょうスカイツリー駅小村井駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「つるばみ舎」 @ 経堂

 

Turubami_outs01

 散歩スタートに合わせたモーニング-シリーズ。
 経堂の人気ホットケーキ屋さんつるばみ舎」。土日祝日は朝9時オープン、モーニング・セットがある。

Counter  家族連れからおひとり様まで幅広い客層のよう。
 本当に人気で、9時オープンで10時までにモーニングが売り切れることもある。なんと1時間で!
 だからもう、狙って行かないとダメだ。
 特に、フルーツサンドのセットは限定5食だから!Menu01

■サンドセットFrtsand00
 メニューには記されていなかったが、フルーツ小皿が付いてきた。得した気分。Cozara
 サンドされるフルーツは季節により変わってくるかと思う。この日はイチジクも入っていた。
 生クリームがべた甘くなく軽やかで、フルーツの甘さと風味がしっかり伝わる。Frtsand01

 サンドセットも良いのだが、自分はこちらにも惹かれる。
 別の日――
■フレンチセットFrenchset00_2
 ホットケーキをフレンチトースト的に追加工した逸品。Frenchset01
 食感は極上の柔らかさ。
 ホットケーキで使用するシロップも付いてくる。途中からかけて味の変化を愉しむべし。

Applej_win  テーブル席主体の設えで、カウンターもあるが、窓際の席が好み。
 待ち客がいなければ、そとの景色を見ながらぼーっとしたいところだ。

Board  モーニング以外で利用したことがないのだが、フレッシュジュースやホットケーキのトッピングもある。自分、スイーツ系には奥手だが、たいそう魅力的。

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:カフェ | 経堂駅山下駅宮の坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喫茶かめ」 @ 亀戸水神

 

Kame_outs

 事前情報なし、散歩の途中で。
 暑い夏の日。『氷』の旗に引きよせられてしまったのだ。
 入ってからたじろいでも遅い。オヤジには似つかわしくない、可愛らしい喫茶店であった。
 季節外れの情報になってしまったが、Upしておく。

Kame_ins
Obj00

 店主はパティシエ。商売の軸はケーキやクッキーの販売にあるらしい。
 かき氷を欲していたので、注文はメロン味のそれ。

Kamei00  お菓子のミニかめがおまけで付いてきた。Omake
Kame_kkk  Over50のオヤジがこのかめさんと見つめ合っている場面を想像してみて。
 (気色悪い!)
 かき氷のかめさんには何の責任もない。それを欲したオヤジの側に責任がある。
 その自責に念を胸に、美味しくいただきました!

 喫茶かめ、亀七通り、R14・京葉道路側出口そば。Menu00
 〝亀〟にこだわった可愛い喫茶店。
 江東区の情報サイト『ことみせ』にも紹介が載っていた
 オヤジひとりで入るには勇気がいるが、9:00オープンなので、散歩スタートに寄るのもありだな。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:ケーキ | 亀戸水神駅亀戸駅大島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆたか」 @ 青砥

 

Yutaka_outs

 青砥駅至近。
 『更科』の枕詞が付く。しかし、高級感より大衆蕎麦、街蕎麦感100%の佇まいに惹かれる。
Yutaka_ins  ほぅら、テーブル主体の内観も老舗感と街蕎麦感が漂っている。

 だけどね。
 メニューが変だ。Menu_tz
 これは良い意味で(←ここ強調)、予想を裏切る展開。
 何だ、この創作系メニューは!?Menu00

■和風カポナータそばCaponata00
 わぉ、タバスコが付いてきた!
 最初はそのまますすり、好みでチーズとタバスコを。途中からそばつゆを合わせて、とお店の人に教わった。
 考えてみれば、西洋にも蕎麦粉を使ったガレットがあるしね。Caponataで蕎麦をいくのも有りだよね。Caponata01

Caponata02  確かに、そばつゆを合わせるといきなり和風な趣が立ち上がる。
 面白い。Caponata03
 レタスのしゃきしゃき感が良い仕事をしていることを言い添えておく。
 最後まで――、トマトと蕎麦湯のコラボまで愉しめる逸品。Caponata04

 別の日。Anotherday1
 オーソドックスなメニューも行っておこうと思って。サービスメニューから。

■かつ丼セット(冷したぬき)Katsud_set00 Katsud_soba
 ほっこりと安心できる、良い意味で(←またもや強調)予定調和な味わい。
Katsud_dm  こう云うのも大好きなんだよね。

 また別の日。Anotherday2
 暑かったから、昼ビーで。

■生ビールセット ABeer_set00 Satsumaa00
 イカのさつま揚げだった。Satsumaa01

 この日は季節物の創作系、
■冷しタンタンそばHystt00 Hystt01
 蒸し鶏チャーシューが隠れている。
 旨味ある肉味噌といい、爽やかな胡麻ダレといい、完成度が高い逸品。Hystt_men

 最後にメニュー写真を網羅しておく。Menu03 Menu01Menu02 Menu_ukMenu_uk2
 後から気がついたのだけれど、日本酒「浦霞」の品揃えが凄い。今度行ったら、「浦霞」で蕎麦前を愉しまないと!

 街蕎麦の顔を持ちつつ、イタリアンから中華風まで振り幅の広い創作メニューを備えた畏怖すべき蕎麦屋さん、更科ゆたか
 研鑽を惜しまない姿勢が見える。素晴らしい。

Cozara

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:うどん | 青砥駅京成立石駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もと村」 @ 浜松町

 

Motomura_outs

 こう云うお店にも行く。
Annai00 都内で10店舗以上展開する有名店、牛かつのもと村

 食べ歩きが趣味だからといって、レアなお店ばかり廻っていてはいけないと思うのだ。
 みんなが美味いというお店にも足を運んで食し、万人が肯定する美味しさの方向性、熱量、そういったものに自分の舌で触れて、しっかりと認識しておくべきなのだ。

 でもでも正直話すと、狙ってこのお店、浜松町店を訪ねた訳ではない。
 浜松町をぶらついていて「あれ、今流行の牛かつのお店だぁ~」ってな、ノリで……。
 えらそうな事、言えた立場ではない。

Menu00 いただいたのは「牛かつ麦飯とろろセット」。

 オーダーしたら、七輪に火が入れられた。Table
 ナプキンが入ったボックスには、
『特製山わさびソースのご追加は お気軽にお申し付け下さい』
 と、記されている。

Bon_allKatu_upSauce_and  うす衣で揚げられたレアな牛かつ。それを七輪で焼き好みの加減にもっていく。Just_yaki
 良くできているなぁ~。
 自分で仕上げる。このひと手間がウケルんだろうな。
Yakiagari  もちろん、牛そのものの旨さや、山わさびのポイントもあるのだろうけれど。Tororog_00

 帰りぎわ、「ビールセット大」なるメニューがあることを知った。Menu01
 この手もあるなぁ!

Kanban

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:和食(その他) | 浜松町駅大門駅竹芝駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Bepocah」 @ 原宿

 

Bepocah_outs

 ミシュラン東京2017で“ピブグルマン”を獲ったと云うことで、注目度Upのペルー料理レストランBepocah(ベボカ)

 予約は取れたけれど、さすがに満席状態。店内写真は割愛する。

 メニューはお店ホームページに詳しく載っている。ここではいただいたトラディショナル・コースのページのみ紹介しておく。Menu01

 乾杯はビール。
◆Cerveza CusquenaBeer_sq
 ペルー産、大麦のビールだ。

 相方は同じくペルー産の“Cerveza Cristal”をいっていた。

■本日の鮮魚のセビチェCeviche
 セビチェ(Ceviche)とは柑橘や唐辛子を使用したマリネ。甘いトウモロコシが添えられて、小ぶりなひと皿だけれど、バランス抜群。
 コースの始まりにわくわくする。

■前菜の盛り合わせAppetizers01
 この彩りにイチコロだ。

 奥は、ライムと唐辛子で風味づけたマッシュポテト。
 断面写真も載せておく。Appetizers06

 左は、蒸しタコ ペルー産紫オリーブのソース。Appetizers02

 右は、じゃがいも 「ワンカイーナ」ソース。Appetizers03
 フェタチーズと黄色いとうがらしから造ったソースをまとった茹でじゃがいも。

 最後右奥は、キヌアのソルテリート。Appetizers05
 三色のキヌアを使用したサラダ(って言って良い?)

 後ろにワインが写っている。
 そう、前菜の段階でワインに切り替わっている。

◆MI TERRUNO,Torrotes 2013Win00
 アルゼンチンのワインだ。
 インポーターは「株式会社 カサ・ピノ・ジャパン」。本社はアルゼンチン・ブエノスアイレス。
 こちららのOn-Line-Shopにあった解説をまんま引用しておく。
『アルゼンチンの固有品種トロンテス100%使用のワイン。輝く黄緑色の色調。スキンコンタクトをしてからの醸造で、葡萄の個性とともにテロワールの良さがしっかり出た魅力的なワインです。日本人になじみ深いマスカットの香りや優しいベジタブル系の香りを持ち、あと味の良さが抜群。日本料理の基本になるアミノ酸の旨みによく合うワインで、甲殻類の料理、また天ぷら「特にアナゴや海老」にぴったりです。さらに、熱を通したトマトソースを使った料理にもおすすめします。』

 コースは次のステージへ。
 魚or肉を選ぶ。相方が魚、自分が肉を選んだ。

■キヌアの煮込みと魚の鉄板焼き マイクログリーン添えGrilledfish

■グリル料理の盛り合わせ じゃがいも添えGrilledflesh
 メニューには“Parrilla Mixta”とも記されていた。国産牛ハツ、牛サーロイン、豚バラ、鶏手羽中。色いろな肉が一度に愉しめる。
 奥のマスタード(っと言っしまってはちょっと違うけど)がペルーの香りを運んでくる。

 メインも二種からチョイスするルールだが、相方、自分とも同じメニューをチョイス。

■アヒ・デ・ガジーナAji_de_gallina00
 親鶏のスープで煮込んだ若鶏の胸肉、とうがらし、ミルク、チーズとペカンナッツ。
 ライス付き。
 しっかりとした味付けでライスがあってちょうど良い。香辛料の使い方が独特だけど、ライスにも合うんだね。Aji_de_gallina01
 ペルー料理って、日本人の舌にもあうのでは? と、グルメ情報誌からの情報を実体験。

 選ばなかったもう一品、セコ・デ・レス、黒毛和牛とコリアンダーの煮込みも、さぞかし美味いのだろう。

 デザートも、言ってしまえばアイスクリームとシャーベットだけれど、ペルーの風味が加わって面白かった。

■ルクマLucuma

■アグアイマントAguaymanto

 以上、コース終了。

 今度行ったら、アラカルトで攻めようかな。
 ワインリストに気になるガイドを見つけたんだよ。Pisco_g
 ペルーにはぶどう果汁から造る蒸留酒、「ピスコ」なるものあって、サワーにすると食中酒としてもいけるらしい。
 アラカルトメニュー“パパ・レジェーナ(豚肉の煮込み「アドボ」をマッシュポテトで包んだクロケット)”なんかを「ピスコサワー」で!

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:中南米料理(その他) | 明治神宮前駅原宿駅外苑前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たいよう軒」 @ 神保町

 

Taiyok_outs

 1st-Contactは「事前情報なし、散歩の途中で」。
 なんとまだ早い、9:38に入店した。
 店先に“営業中”の札が出ていたので、扉を開け、見るからに仕込み中の店主さんに「やってますか?」と声をかけた。
 店主さん、一瞬フリーズ。
「『営業中』ってなっていますけど?」
 店主さん、ほがらかに「どうぞ」。
 ……いやぁ、たぶん仕込み中だったな。申し訳ない。
 ラストの写真はそのとき撮ったもの。たぶん通常の営業時間内では、この陽射しの演出は見られないかと。

Kb_menu
Counter
Naka

■チャーシューワンタン麺Cyswtnm_00Cyswtnm_01
 海苔の下にはメンマとサヤエンドウが二つずつ。Cyswtnm_mup

■五目麺5eyesm_00
 やっぱり“塩”系も素晴らしい!5eyesm_mup

■餃子Gyoza_00
Gyoza_dm  断面写真まで撮ったのに、肉汁たっぷり感が伝わらない。歯がゆい。

■四川風麻婆豆富定食Mabotoft_00
 “豆腐”ではなく“豆富”と記すところに、店主のこだわりが現れている。Mabotoft_01
 美味し。

■冷やし中華 ¥850Hiysituk_00
Hiysituk_01  豚と鶏と二種のチャーシューが載る逸品。

■ラーメン&半チャーハンRmen_hncyh_00Hncyh_upRmen_up

 ど直球な支邦そば、久々に食べたな。

Kage_00

 

関連ランキング:ラーメン | 九段下駅神保町駅竹橋駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「和とん」 @ 赤羽

 

Waton_outs

 そこに在るのは知っていた。ちょっと気になっていたお店。
 看板にお店のこだわりが記されている。

Kanban_ue Kanban_shita

 その壱 豚肉:山形米沢「一番育ち」
 その弐 米:新潟産 鑑定士推奨米
 その参 タレ:クセになる甘辛の秘伝タレ
 その四 炭:香り良し 備長炭

 「一番育ち」は脂肪の甘さ旨味に定評のあるブランドだ。

Kanban_2

 自分はランチでの利用。ランチでは丼物しかない場合もある。
 まぁ、自分はその丼が好きなのだが。
 お店ホームページにメニューが載っているが、こちらでも一部を紹介しておく。

Menu02
Menu01
Menu00

 店内は牛丼屋チェーン的コの字カウンタのみ。コの字の片翼はテーブルが付けられている。
Counter  コの字の奥に厨房があって、調理の所作は見えないが、横にある窓越しに立ち上がる炎が見えることがある。
 炭に豚の脂が落ちてFireしたのかな、そうに違いない。

■豚丼(ミックス)Bd_mix_00
 ロース、肩ロース、バラ肉の三種盛り。
Bd_mix_01  サービスの梅酢漬けがまたあう。

■とんとろ・タレ焼き丼+キムチTontoro_tare_00
 トッピングで頼んだキムチが別盛りできた。
 写真左奥、切れているのはレモンサワー。昼から呑み。
Tontoro_tare_kmc  トロ肉の甘さとキムチの酸味・辛味がよく合う。

 最近、豚丼専門店をちょくちょく見かけるようになった。
 そろそろ群雄割拠の時代に入るのか!?

 “本格炭火焼き”を謳うこちら和とん、Take-Outあり。
Logo

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:豚丼 | 赤羽駅志茂駅赤羽岩淵駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「エリカ」 @ 竹ノ塚