トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

Hamburg diner maru@大井町

Maru_gk ランチをいただいた。
品川区大井町は見晴通り――ずっと南下すると立会川桜橋のある通り、さらに南下すると大森の桜新道につながっていて、桜の季節にはお薦めの散歩コース。とまれ、この記事の本題でないね――にある洋食屋さん。隣が精肉屋さん、こちらからお肉を仕入れているとのこと。

店に入った瞬間の「いらっしゃいませ」が、まず、気持ち良い。カウンターの向こうにいた店主が瞬間手を止め、謙虚でかつ清らかな挨拶で迎えてくれる。カウンターに囲まれたオープンキッチン。その中央で堂々と調理を進める所作も気持ち良い。

Salada 写真中がランチメニューに付いてくるトマトのサラダとコンソメスープ。
トマトは綺麗に湯むきされて、中央にポテトが忍ばせてある逸品。
写真下は「maru特製包み焼きハンバーグ」(上記のサラダ,スープ、ライスがついて¥1150)鉄板で焦げ目をつけたハンバーグをビーフシチューともにアルミホイルで包んで再度蒸し焼きにしたもの。このひと手間がご馳走感を何倍にも上げる。ハンバーグに乗ったビーフの一片が見えるでしょ。どう? この贅沢な感じ!
ホイルの向こう側に顔を覘かせているのが皮ごと揚げ焼き(?)にしたポテト丸々1個、包丁を十字に入れた上にバターが乗っている。半分はそのままじゃがバターで、残りの半分をホイルの中のビーフシチューに浸していただくのがお薦め。
Hoily_hb ハンバーグ・ダイナーと謳っているだけあって、ハンバーグが特出している。チーズを入れたり香辛料を効かしたりという奇を衒うことは全くない実に素朴な味だが、ジューシーで元気が出てくる味だ。
料理は人なり。マスターの人柄がのったハンバーグに違いない。

他にもレギュラーラインナップのランチメニューが数点、サーロインステーキなどもあるが、一番人気はやはり、価格をおさえた「日替わりメニュー」のようだ。ちなみにこの日の日替わりは
A,アメリカンハンバーグランチ
――ハンバーグの上に大ぶりのベーコンがのり、さらに上からデミグラスソース(ビーフシチュー?)&マスタード。
B,まるごとチキンのスープカレー
――コラーゲンたっぷり
C,豚ひれカツカレーライス
値段はどれも¥840。

やばい。早くもまた行きたくなっちゃった。
夜、ディナータイムも気になる。

Hamburg diner maru

| | コメント (1) | トラックバック (0)

魚屋さんの Eat-In?

Kura_gk 海のない群馬県は富岡で美味しい魚をいただいた。
上の写真は魚屋さん「大塚水産」。写真左手にその魚屋さんの経営する食事処「」の入口が見える。

右手の魚屋さんから入れば冷蔵ウインドウに鮮魚が並ぶ酒屋さん。食事処の「蔵」が中でつながっていて、魚屋店舗のほうに寿司などのお弁当なども売っている。ウィークデイのこの日も客が途切れることなく盛況だった。

仕入先は主には高崎の仲卸から、漁港から直送のものも一部あるらしい。築地などの大型市場は玉石混交で慣れぬと旧日のネタを掴ませられこともあるらしいが、高崎仲卸とのパイプは強固で、確かな物を入手できる。
物流が整備された昨今、日本海側の物でも大平洋側の物でも、富岡という内陸地で新鮮な魚が消費者の口に入る。

逆に言うと、僕の口に入るまでには、調理者以前に漁師さんはもちろん仲卸さんや物流さんの努力がある訳だ。感謝である。

Zkd 一番の人気メニューはやはり寿司系のものであるようだが、定食類も良い。下の写真は「まぐろづけ丼定食」(¥1365)。まぐろの切り身が大ぶりでヴォリューム感たっぷり。小鉢も丁寧な作りで“定食”としての完成度は高い。
この日は他におすすめとして「真アジづけ丼定食」(¥1155)、「つぼ鯛みそ漬焼き定食」(¥820)などのメニューもあった。

魚屋さん直営ということで、新鮮でお得感いっぱいのお魚系定食。満足。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三浦酒造「豊盃ひやおろし」

Hh_hyos これが噂に聞く豊盃米、しかも生詰めらしい。
青森県弘前市の小さな酒造屋さんの力作。店長さんのお薦めになっていた。
口に含んだときの香りが素晴らしい。自分は吟醸酒が好みであるのだが、その吟醸酒でよく喩えられる“梨のようなフルーティな香り”とは別の、軽やかな独特の香りがある。これが豊盃米の香りなのか?
豊盃はシリンダーごと年ごとにラベルを変え、その時その瞬間のブランドとしてリリースする。したがって、この“冷やおろし”も来年はめぐり会えないのであろう。

青森県の酒造屋さんを一覧できるホームページを見つけたのでご参考まで――青森酒造協会

えっ!?
何処で呑んだか? ごめんなさい、それは内緒。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

うどん居酒屋(!?)さんで昼食

Kakuni_u 東西線落合駅からすぐ、山手通り沿いにある「うどん居酒屋 澄」で昼食をとった。
“うどん居酒屋”という少し変わった業態。昼は創作うどん屋さんとして営業しているようだ。

じゃじゃうどんやカレーうどん、丼物とのセットメニューなどもあるなか、「角煮うどん」(¥900)をいただいた。
ラーメンなどに合わせる角煮は八角などの香辛料を効かすことが多いが、こちらの角煮は素材の味をそのまま生かすような穏やかな味付けで、出汁主体のうどんスープとマッチしていた。
うどんのコシは、温かいメニューであったわりにはしっかりと残っていて、うむっと納得。

Sumi_gk 夜は、豊富な品揃えの焼酎を肴メニューで楽しんで、〆にうどん、という流れだろう。
しっとりと落ち着いた感じの照明で、内装全体的に精錬された印象がある。カウンター席でうどんデートというのも面白いかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麺屋 旬 < ガイドブックに載っちゃった

Siotama_r_2 麺屋 旬 ――お気に入りのラーメン店が某ガイドブックに紹介されてしまった。
嬉しいような、悲しいような。むちゃ混みしなければ良いのだけれど……。場所は埼玉県川越市今成、駅から離れているし、らーオタが戯れに押しかけることはないと思うけれど、ちょっと心配。

写真上、手前は塩の「味玉らーめん」(¥700)。和風の醤油と塩はご覧のような透きとおったスープで麺は細縮れ麺。こってり醤油は背脂がちって水菜が韮に代わり、麺も太麺仕様になる。注文のたびに出汁を小鍋にとって加熱する。
奥は「ちゃーしゅー丼」(¥250)。チャーシューのぶつ切りをバーナーで炙ってから盛っている。
Ktr_sn 写真下、後発メニューの「こってり汁なし」(¥750)。背脂の甘味とたっぷり野菜のしゃきしゃき感がナイスバランス。卓上の黒胡椒を挽きいれるとカルボナーラっぽい雰囲気が楽しめる。

お薦めは全部のせの「旬らーめん」(醤油,塩,こってりにそれぞれある)。
変化が欲しければ、自家製香辛料「ばくだん」(タダ¥0)のトッピングを薦める、少しづつスープに溶かしながら食べるべし。

店主の修業先は背脂系で知られる浅草「弁慶」。
この透きとおったスープはどこで覚えたのだろう? 独学かな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

砂町銀座でがっつり食う

いまや東京を代表する“銀座”と言っても過言ではない(!?)「砂町銀座」。ここに五十年以上続く老舗大衆食堂「味心 なか家」。

Tanmen 大衆食堂なので定食ものがバリエーション豊富で魅力的。しかし、麺と餃子の皮が自家製ということで、こちらも捨てがたい。

写真はタンメン(¥650)。写真の構図では判りづらいが、器が大きい。洗面器並みである。スープの塩梅が絶妙、優しくあまい。心から温まる。
もう一つはもちろん餃子(¥300)、8ヶ入り。安いよね~。

Gyouza 季節ごとにメニューが変わるので要チェック。壁に張り出された札を良く見ること。この日(2008.10.18)は「さんま焼き定食(¥600)」とか「浅利入り深川餃子 5ヶ(¥450)」などがあった。

魚屋さんやらお惣菜さんやらはたまた軽食屋さんやら、たくさんある砂町銀座で“がっつり食う”ならここ「味心 なか家」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東大島→(砂町銀座)→木場→辰巳

15351歩,503kcal

Bansyo_b

次回の東京シティガイド検定の主な出題範囲は下町エリアからということで、江東区、気になっていたポイントを絡めて歩いてきた。

まずは小名木川最下流の橋、番所橋。その名の通り船番所があったところで、いまは江東区がこの橋の袂に「中川船番所資料館」を建て、江戸水運の詳細な資料を展示している。こちらの資料館に今回初めてお邪魔したが、とても面白い。水の都江戸を実感できる数々の資料群の他、江戸竿についての階もあって、釣好きの方にも興味尽きない資料館になっている。
見学しているといくら時間があっても足りないので、資料集を買い求め退出、散歩再開。

次には砂町銀座のゲートをUpしたいところなのだが、mixiサイトでやってしまっている。こちらのブログでmixiのあのヴォリュームの画像集をどうフォローしていこうか、思案中。
砂町銀座で昼食となったのだが、それは別記事に。

Ooed_hs 気になるスポット、その2。地図を眺めていたら目にとまった「大江戸高校」。何、このネーミング。東京シティガイド検定合格を祈願して参拝しておこうか、って神社じゃないけれど。
かつては都立化学工業高校があった土地らしいが。それにしても大胆なネーミング、付けた者勝ちかね。

Tzl_sk 南下して人道橋「しおかぜ橋」を目指す。その直前に写真3つめ、メトロ東西線の車両基地。車両は東陽町駅を過ぎて明治通りを西沿いにUターンする形でこちらの基地に入る。
地下鉄各線にこういった基地があるのだが、「地下鉄ってどこから地下に入れるんでしょうね?」ってギャグが懐かしい。

Dss_wgs 汐見運河や東雲東運河の写真をたくさん撮ったのだが、今回は割愛。
最後の写真は『踊る大捜査線』で湾岸署として使われたビル。いかりや長助さんが亡くなったとき以来の参拝(ってお寺じゃなし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海蟹の季節

 Blog_kani 先日、新宿御苑前の中国料理屋さん「礼華」に行った。
 最近はまっているビオワイン――自然派ワイン――で中国料理がいただけるレストランである。

 写真はコースのトップバッター「上海蟹の紹興酒漬け」。
 上海蟹の季節なのね。

 詳細レポートはフードアナリストのこちらのページへ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

焼餅しょうゆ

Yakimochi_ss_2 先日、某セミナーの折、頂き物をした。
醤油発祥の地と言われる紀州湯浅。明治十四年の昔からそこに暖簾をかかげる丸新本家の「焼餅しょうゆ」である。
お餅なんぞは正月くらいにしか口に入れない。どうしたものか。
ふと思いついて、白ワインのあてに焼いた厚揚げにかけてみた。
写真を撮るまでもないごくごく普通の厚揚げが、何だよいつもの数倍うまいじゃないか。

杉樽で仕込んだ濃い口醤油をベースに、昆布を含ませ、味醂やきび砂糖などを合わせて焼餅専用の醤油に仕立てた逸品。

しかし、ホームページを見てもカタログをめくっても、このボトルは見当たらない。
え~ッ、もう造ってないの?
それとも、焼餅のシーズンに合わせてリリースされるのか?

どこぞで見かけたら、貴重な一品かもしれないよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

七輪でいこう!

昨晩、イラストレーターさんや漫画家さんを囲む親睦会があった。
その二次回、気になっていた「丸港水産」に初めて行った。

Mkss_gaikan_3 副都心線開通でさらに活気を増す新宿区三丁目は末広亭からほど近い海の家風居 酒屋である。

 入って右手、冷蔵ウインドーケースにずらりと鮮魚だの干物などが並ぶ。奥には生簀があってサザエなどがどっさり。神奈川県三埼港、千葉銚子港などから直送している新鮮食材たち。それを自分らで炭火の七輪で炙り、ちょうどよく焼きあがった瞬間をいただく。

Shitirin  蛤、サザエなどの貝類はもちろん、穴子一夜干し、いか丸干しなどを思いおもいに網に並べて焼いていこう。

 七輪写真手前はマグロのほほ肉。出汁醤油と七味唐辛子でいただいた。ほろほろと柔らかくてジューシー(焼き方肝心)。ホッピーがすすむ。
 ホッピーは“黒”も常備。焼酎だけのおかわりもあってリーズナブルだ。その他アルコールメニューはワンカップものを揃え“海の家”を演出。

 焼き物のほかに、刺身、鍋などのメニューも充実している。
 新宿の真ん中に海の家。自ら七輪で焼くイベント性。デートでの利用もありだ。
 金・土曜日は深夜27時まで営業。終電を逃した仲間らでのりこむのも、あり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年11月 »