« 上海蟹の季節 | トップページ | 砂町銀座でがっつり食う »

東大島→(砂町銀座)→木場→辰巳

15351歩,503kcal

Bansyo_b

次回の東京シティガイド検定の主な出題範囲は下町エリアからということで、江東区、気になっていたポイントを絡めて歩いてきた。

まずは小名木川最下流の橋、番所橋。その名の通り船番所があったところで、いまは江東区がこの橋の袂に「中川船番所資料館」を建て、江戸水運の詳細な資料を展示している。こちらの資料館に今回初めてお邪魔したが、とても面白い。水の都江戸を実感できる数々の資料群の他、江戸竿についての階もあって、釣好きの方にも興味尽きない資料館になっている。
見学しているといくら時間があっても足りないので、資料集を買い求め退出、散歩再開。

次には砂町銀座のゲートをUpしたいところなのだが、mixiサイトでやってしまっている。こちらのブログでmixiのあのヴォリュームの画像集をどうフォローしていこうか、思案中。
砂町銀座で昼食となったのだが、それは別記事に。

Ooed_hs 気になるスポット、その2。地図を眺めていたら目にとまった「大江戸高校」。何、このネーミング。東京シティガイド検定合格を祈願して参拝しておこうか、って神社じゃないけれど。
かつては都立化学工業高校があった土地らしいが。それにしても大胆なネーミング、付けた者勝ちかね。

Tzl_sk 南下して人道橋「しおかぜ橋」を目指す。その直前に写真3つめ、メトロ東西線の車両基地。車両は東陽町駅を過ぎて明治通りを西沿いにUターンする形でこちらの基地に入る。
地下鉄各線にこういった基地があるのだが、「地下鉄ってどこから地下に入れるんでしょうね?」ってギャグが懐かしい。

Dss_wgs 汐見運河や東雲東運河の写真をたくさん撮ったのだが、今回は割愛。
最後の写真は『踊る大捜査線』で湾岸署として使われたビル。いかりや長助さんが亡くなったとき以来の参拝(ってお寺じゃなし)。

|

« 上海蟹の季節 | トップページ | 砂町銀座でがっつり食う »

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大島→(砂町銀座)→木場→辰巳:

« 上海蟹の季節 | トップページ | 砂町銀座でがっつり食う »