« eau cafe@代官山 | トップページ | いつもここから>晴弘 »

神秘のチカラ――進開屋@文京区千石

Sinkaiya_gk近所を通ると寄りたくなる……。TV番組『出没! アド街ック天国』“白山・千石”の回で6位に入賞した蕎麦処、「進開屋」だ。
何故だろう。失礼ながら、取り立てて凄い蕎麦が出てくるわけではない。初代から継承された香り高い自家製だが、まっとうな蕎麦であってなんの仕掛けもない。それが何故こうも自分を惹きつけるのか? たぶん、ここには神秘のチカラが作用しているのだ。

Tororo昭和初期(一部の資料によると昭和6年)建造。東京大空襲の戦禍を逃れ残った蕎麦屋。2002年に文化庁の登録有形文化財として認められた。

ちなみに登録有形文化財の登録基準には――、
1.国土の歴史的景観に寄与しているもの
2.造形の規範となっているもの
3.再現することが容易でないもの
Nokisita――以上3種あり、新開屋は「1」の基準で登録されている。

この建物と、建物の内は、神秘のチカラで守られている。
見よ。渋く輝くアルミ製(?)のお盆を。
見よ。半世紀使われ続けたせいろを。
見よ。軒下の看板灯を。

Hystnk場所は、文京区千石2丁目30番。
定休日等は調べていない。ごめん。

(他にも登録有形文化財の蕎麦屋を知っているのだが、それはまたの機会に……)

|

« eau cafe@代官山 | トップページ | いつもここから>晴弘 »

美食探訪」カテゴリの記事

風景散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/26526544

この記事へのトラックバック一覧です: 神秘のチカラ――進開屋@文京区千石:

« eau cafe@代官山 | トップページ | いつもここから>晴弘 »