« 元気な沖縄昼ごはん! | トップページ | eau cafe@代官山 »

雪が谷大塚→緑が丘→(円融寺@碑文谷)→(祐天寺)→代官山→渋谷

12月23日の徘徊記録

14192歩,531kcal

祝日だと云うのに、いつもと同じ時刻に目が覚めた。前日は体調を崩して凹んでいたのだが、スカッと晴れそうな気配に、堪え切れなくなって飛び出した。

ここ2~3年歩いていない隙間をぬって歩く。取りこぼしだらけで有名スポットをGetしていないこともある。さらに、2008年の歩き納めになるやも知れぬ。
天気が良い日には、外に出て歩いて、食べるのだ。

呑川を歩く。
東急池上線雪が谷大塚駅で降りる。中原通りから脇に入り北上。
呑川は河口近く、京急蒲田駅夫婦橋を過ぎたあたりからボートも増えて趣が倍増するが、ここらあたりだと、景観的に特出するものがない……。っと思いきや、これはどうだろう。

Nomil東京には流れを地下に押し込められて、上を緑道化された川が少なくない。呑川もそんな河川のひとつだ。
“失われた河川を歩く”これは単たる緑道散歩ではなく時代の層/積み重ねを夢想して歩く、ちょっと高度な散歩のHow-toなのである。
河口から辿ると、呑川は東急大井町線緑が丘駅南で地下にもぐり、支流は駒沢オリンピック公園に飲み込まれ、本流はその駒沢オリンピック公園西呑川橋交差点で再び水面を見せた途端、またもや地下に消える。どうやら東急田園都市線桜新町駅あたりを水源とするらしいが……。

写真はその姿を消す瞬間、緑が丘駅南の黒いカーテンに隠された呑川だ。
アダルトビデオのモザイクのように無粋な黒カーテンを呪う。

呑川の夢想をそこそこに、次の目的地、北千束の清水窪弁財天に向かう。この日は地域の人々だろうか、総出で掃除をしていた。年末だからか? お邪魔して写真は撮ったのだけれど、Upは気が引けるのでナシ。

Enyutpさて次が今回の散歩の目玉。円融寺。
こちら境内には仁王門が都指定文化財であったり、目黒区指定文化財、国重要美術品がごろごろしているのだが、これは絶対に押さえるべし。
写真ふたつ目、円融寺釈迦堂。室町時代初期に建てられた物である。
室町時代! 23区内で最も古い木造建築物と言われている。国指定重要文化財である。
――いいのか? こんなに無防備で。正直そう思った。

Yutentpg_2さて、次のポイントは円融寺よりネームバリュー絶大の祐天寺。
しかし、こちらは免震保全工事とやらで本堂周辺が塀で覆われていていて近づけない。写真撮影などできやしない! しかも再来年平成22年3月いっぱいまでだと。
憤りやるせなく、逆行の仁王門を撮る。

実はここ祐天寺近くで食事処を定めていたのだが、祝日のせいかランチがClose。祐天寺から連打のワン・ツー。ふらふらの状態で昼食を物色する放浪の散歩と化した。

Mgrltwそのまま駒沢通りを行けば良かったのかも知れないが、中目黒3丁目の八幡神社を訪ねたかたので南に折れた。中目黒駅あたりでの昼食をあてにして山手通り北上の目もあったが、渡って目黒川。
そうそう、目黒川沿いにまたもや高層マンション(?)が建つらしい。オレンジ色の円柱が新たなランドマークになるのかな?

途中、食べ物屋さんが無いわけではなかったが、結局、当初から予定していたルートの代官山でCafeメシにありついた。これは別記事で。

Skrgok最後の写真はJR線路沿い。壁のアートが面白い。

円融寺、室町時代から残る建築物もあれば、目黒川横に大型クレーンが新たな建築物をこれみよがしに積んでいて、人の業の深さに驚く。
川を地中に埋めちゃったりね。
――いや、これらを否定するわけではない。
時の流れである。
“良き変化”か“悪しき変化”かは、その時には見分けが付かない。
すべては“良き変化”になるべく努力すべきだし、“悪しき変化”も糧として呑みこんでいかなければいけない。

――おいおい。単なる“散歩”で、そこまで考える?

|

« 元気な沖縄昼ごはん! | トップページ | eau cafe@代官山 »

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

近くにいたんじゃない。
おいらは恵比寿のリキッドルームに15時位からいました。

投稿: mina | 2008/12/24 02:20

>minaさん

15時ころには地元へき地に帰りついていましたよ。
スーパーマーケットでビーフコンソメを探していたころだと思います。

投稿: マル*サトシ | 2008/12/24 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪が谷大塚→緑が丘→(円融寺@碑文谷)→(祐天寺)→代官山→渋谷:

« 元気な沖縄昼ごはん! | トップページ | eau cafe@代官山 »