« “博多名代”を謳う、たんや又兵衛 | トップページ | 鍋! 大塚で(馬肉)桜鍋 »

上里S.A.で衝動買い(その3/3)

関越自動車道埼玉北端、上里サービスエリアでの衝動買いシリーズ、第3弾。これでシリーズは一旦終了。
Bottle 「白魚の塩辛」瓶詰め¥1050。同様の瓶詰で「ホタルイカの沖漬」もあったが、こちらを購入。

ミョウバンやソルビトールが添加されている。

「ミョウバン」とは1価の陽イオンの硫酸塩と3価の金属イオンの硫酸塩との複塩で、ウィキペディアの記事を引用すると――
『甘露煮などを作る際に、細胞膜と結合して不溶化することで煮崩れを防ぎ、またナスの漬物では色素であるアントシアニンの色を安定化して、紫色を保つ働きがある。ウニ(雲丹)の加工時の型崩れ防止・保存のための添加物としても使用される。多量に用いるとミョウバン独特の苦みを呈する。』
――とある。

Morituke また「ソルビトール」はグルコースを還元してアルデヒド基をヒドロキシ基に変換して得られる糖アルコールの一種。同じくウィキペディアの記事を引用すると――
『甘味があり、食品添加物などに用いられる。また、水に溶解する際に吸熱反応を起こし、口の中でひんやりとした感触がすることから、飴・ガムやスナック菓子等に清涼剤として用いられる。』
――とある。まぁ、人工甘味料ってことか。

斯様に化学調味料的ものが複数入っているのだが、このぐらいのことは驚かなくなってしまった。むしろ、保存料的なものが入っていないという、その点は感心した。塩漬けなので、その点は大丈夫なわけかな。

白魚自体は良くも悪くもクセのない味で食感を楽しむような食材だから、このように塩辛などにするのも一興だろう。そこそこ美味かった。白ワインなんかとあわせたりして頂いた。

|

« “博多名代”を謳う、たんや又兵衛 | トップページ | 鍋! 大塚で(馬肉)桜鍋 »

感動食材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上里S.A.で衝動買い(その3/3):

« “博多名代”を謳う、たんや又兵衛 | トップページ | 鍋! 大塚で(馬肉)桜鍋 »