« 吉祥寺→西新宿 2万歩超のぶ~らぶら | トップページ | ヌジ・ヴォアラ@尾山台 »

ネパールからポーランドまで10ヵ国を巡る!?

過日1月17日(土)のこと。
尾山台→ほぼ[目黒通り]→[目黒不動尊前通り]→(新橋@目黒川)→(ギャラリー「Malle」@恵比寿4)
15980歩

イラストレーターの友人、加藤龍勇が恵比寿のギャラリーに出展するというので、観に行くつもりだった。で、そのギャラリーをゴールに散歩を決め込んだ。
今回、テーマを設けた。――久しぶりに“大使館巡り”でもするか!

目黒通り周辺の大使館を狙うことにする。
東急大井町線尾山台で降りたのが11:31。等々力から歩く手もあったが、ちょっと調べたら尾山台に美味しそうなレストランがあったので昼食を当てこみ、尾山台からのスタートとした。結構本格的なフレンチ仕様、およそ1時間のスローフードの後(レストラン記事は別立てにする)、やおら歩き出した。

歩いたルートをだらだらと書いても面白くなかろう。その大使館がどこにあるのか、詳細気になる方は――上記したルートをヒントに――自力で調べてもらうとして、とりあえず、巡った順番にその国を連ねてみる。

Nepalネパール【写真1st】

Rwandaルワンダ【写真2nd】

Zimbabweジンバブエ(大使公邸)【写真3rd】

これは大使館ではない。“AMBASSADOR'S RESIDENCE”ということは大使公邸。大使館まで通っているのだろうか? ジンバブエの大使館は白金台の首都高速2号線下辺りにあったはず。そちらで2頭の鹿(?)の可愛いエンブレムを撮ったことがあった。

Kenyaケニア【写真4th】

大使館をチェックしたときは記念にエンブレムを撮ることにしている、可能な限り。先のネパールとルワンダは見えるところにエンブレムがなかったのだ。

Kazakhstanカザフスタン【写真5th】

Bangladeshバングラディッシュ【写真6th】

大使館に掲げられているエンブレムは、大概がその国の紋章(国章)と同デザインである。
ここバングラディッシュ大使館に掲げられているエンブレムは国章をさらにデフォルメしたもので、よりシンプルなデザインになっている。

Djiboutiジブチ【7th】

エンブレムも表札もなし。ただ最上階に掲揚された国旗がたより。たぶん、ここがジブチ共和国大使館だ。

Kyrgyz_2キルギス【8th】

ウズペキスタン【写真失敗!】

Algeriaアルジェリア【9th】

建物の中央にエンブレムが彫られている。望遠が無かったので、エンブレムは綺麗に撮れず。

Poland ポーランド【10th】

以上10ヵ国("共和国"省略)。

さて、ここまで書いてきて、ふと疑問。

――日本のエンブレム/国章って?
国旗はご存じ“日の丸”。でも「国章」と言われると、ピンっとくる人は少ないのではなかろうか。自分もそう。パスポートの中央にある“菊”か? で、調べてみた。
日本の国章は法令上明確に定められてはいない。
天皇家の家紋、『十六弁八重表菊紋』(菊花紋章)が、国章に準じた扱いを受けている。パスポートの菊は『十六弁一重表菊紋』ということで、見た目そっくりだが、八重と一重で物が異なるのだそうだ。
また、国政府も紋章を持っていて、濃紺地に桐のシルエット――花札で見たようなヤツ――が浮かぶ『五七桐花紋』(桐紋)だ。こちらも、国章的に使用する場合があるそうだ。

ちなみに、フランスも定まった国章がないらしい。
けれど、フランス大使館にはそれらしいエンブレムが掲げられていた。2003年の話。大使公邸の勘違いかな?

恵比寿のギャラリー「Malle」に着いたのが、15:23。
『Color's 展』と称し、加藤龍勇の他、高田美苗、樋口裕子、ヨシカワゴエモン (いずいれも敬称略)らのアート作品を展示販売していた。友人加藤の作品を購入せずに、別の方の作品を買ってしまった。届き次第、こちらのブログでも紹介する(乞うご期待ということで)。

|

« 吉祥寺→西新宿 2万歩超のぶ~らぶら | トップページ | ヌジ・ヴォアラ@尾山台 »

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネパールからポーランドまで10ヵ国を巡る!?:

« 吉祥寺→西新宿 2万歩超のぶ~らぶら | トップページ | ヌジ・ヴォアラ@尾山台 »