« Peter<夜景写真はことごとく失敗! | トップページ | 若手職人の心意気 ―― 鮨一《前編》 »

犬も歩けば……

先日2月1日の散歩。前日の雨天・曇天から一転して晴天に恵まれたが、風の強い日だった。そんなこともあって、午前のみのショート・ウォークだ。

日暮里→(駒込富士)→千石→(南大塚公園)→向原→(P'Parco@池袋)
9299歩

Yuyakedandan日暮里駅を北口に出て西へ。夕焼けだんだん【写真1st】、谷中ぎんざ【写真2nd】。この辺は下町散歩のメインストリームだ。以前来たときは夕焼けだんだん写真右手のマンションが工事中だったような気がする。少なくとも花壇部分はフェンスになっていた。谷中ぎんざのゲートを撮った写真をよく見ると右手のマンションが“入居者募集中”だ。やはりこの辺のマンションは新物件なのだ。
Yanakag_gate_2高い建物が建つと夕焼けの光景が変わってしまいそうで心配だが、入居してみたい気もする。家賃や勤務先が検討事項となるけれど、この辺で暮らしてみれば、さぞ楽しかろう。

Yomisest_gate よみせ通り【写真3rd】で北上、不忍通りはスーパーマーケットの路地を入りさらに西へ。
地図を見ていて思い出したのだが、本駒込、本郷通りからすぐの所に富士塚があった。これと云った目的もないので、寄ってみることにした。

Kmgmfuji01駒込富士神社の富士塚【写真4th】。頂上部には“文政六***五月吉日”とも読める石碑があったりして、その古さに身がひきしまる。境内には立派な大樹もある【写真5th】。足下で遊ぶ子どもたちを大樹が優しく見守っているようにも見える。

Kmgmfuji02不忍通りの裏道を行く。ロシア正教会モスクワ総主教庁駐日ポドウォリエ【写真6th】がある通りだ。
Webで“ポドウォリエ”を引っかけると2008年9月にできた下目黒のものが出てくる。こちらは旧いものなのか。そもそも“ポドウ(ヴ)ォリエ”って何だ? 正教での“教会”のことなのか? 
Rosiacpウィキペディアによると『国外に居住する信徒の為に、その地域の教会の祝福を得た上でポドヴォリエが設けられ、その地域で用いられる言語とは別の言語を用いて奉神礼を行っているポドヴォリエもある』
とある。いわゆる教会とは違い、教派の駐在所みたいなものらしい。
ロシア語で「подворье」、英語では「Metochion」。
で、ひとつ気がついたこと。ここの十字架は、日本で一般的に見かけるキリスト教教会のものとは異なる。縦に走るラインの上部下部に短い横棒が一本ずつ追加されている。
キリスト教の宗派分裂なども、調べると面白いのだろうな……。

Ise5白山通りR17に出て北上、不忍通りを渡ったらすぐに西へ。千石本町通商店街である。この界隈ちょっと気になるお店があるのだが、まだNo-Checkだ。
やがて見えてくる伊勢五米店【写真6th】。こちら2007年放送の『出没!アド街ック天国』の解説を引用させてもらうと、『創業享保年間(1716~1735年)の蔵を伴った米店。徳川家の米商人として伊勢から上京したのが伝統の始まりで、"今井五郎右衛門"という名を八代続く現在まで受け継いでいます。国の登録文化財に指定されている建物は明治初期に改装。……(後略)』とある。
同じく「伊勢五」でも、谷中にあるのは伊勢屋五右衛門が興した酒屋さん。関係有りそうで無さそう。

Mnmotkpark_2 川越街道R254に出ないように北上。と、南大塚公園で都電車両を発見【写真7th】。みると「都電ものしり博物館」の看板が。“館”らしきものは見えない。露天だがここが博物“館”なのだ。ギャグがきいている。
それでも一応は博物館だ。写真右手側にちらりと見えるボードに詳細な路線図と解説があった。見ると、大塚から発し小石川の伝通院を経由して亀戸まで伸びる線があり、その路線がここら辺りを通っていたようだ。書かれている停留所も旧町名のようで、確かなことはちゃんと調べないと判らないけれど。
この“失われた都電を辿る”というのも大変面白い散歩テーマである。

あとは結局川越街道に出、池袋駅東南にあるP'Parcoでゴールとした。

1万歩満たない散歩なのに、谷中ぎんざにはじまり駒込富士、正教会ポドウォリエ、伊勢五に都電ものしり博物館と、結構充実した内容になった。
周囲のものをどれだけ敏感に感じ取れるか、散歩が面白くなるトリガーはそこにある。今回の例で言えば、ポドウォリエや都電ものしり博物館は、あらかじめの情報を持っていなかった。“犬も歩けば何とやら”で、謂わば当たった棒である。その時その棒にどれだけ興味が示せるか。子どものように好奇心旺盛で、全てのものに興味を持っていたいものである。

|

« Peter<夜景写真はことごとく失敗! | トップページ | 若手職人の心意気 ―― 鮨一《前編》 »

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

楽しそうですな。

でも注文すると、楽しさよりも情報の多さがうるさく感じてしまう気がします。
人それぞれだろうけども。
漢字が多いように思えて、それが堅苦しい印象を持っちゃうかも。

投稿: mina | 2009/02/06 06:07

>minaさん
アドバイスありがとうございます。
確かにOverdoseですね。
記事を複数に分ければ良かったみたいです。

投稿: マル*サトシ | 2009/02/06 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬も歩けば……:

« Peter<夜景写真はことごとく失敗! | トップページ | 若手職人の心意気 ―― 鮨一《前編》 »