« 三州屋銀座店<路地裏の名店 | トップページ | 羽田第一ターミナルから歩く »

チャーシュートッピングですけど、何か?

関東圏で『頑者』と言えば、結構知られたラーメン店であろう。濃厚な動物系出汁+魚粉のハシリだ(たぶん)。
『頑者』兄弟店の「ひかり」に久し振り行った。太麺平打ちのつけ麺が食べたくなったのだ。

Hikari_gkで写真1st、左手側は工業団地なのだが、まぁこんな感じで青空が見渡せるような、正直、車でないと行くのが大変な場所に「ひかり」はある。オープン時間に遅れること数分だけなのに、駐車場はもういっぱいだ。

みそ野菜つけ麺にチャーシュートッピングで注文。
出てきたつけ麺が写真2nd。トッピングのチャーシューが昔と変わっていた。ちょっと判りにくいかもしれないが、女性の拳大のチャーシュー玉がボコンっと入れられている。
これがチャーシュートッピング?
Msystkホール担当のおばさんに確認しようものなら「チャーシュートッピングですけど、何か?」と逆に問いただされそうだ。――えっ? という驚きを呑みこみ、しばし絶句。

普通でさえ麺を浸けるスペースがないほど野菜たっぷりのつけ汁椀が、さらにぎゅうぎゅう詰めになっている。チャーシュー玉を崩そうものならつけ汁があふれる。
しかも、この玉、そう簡単には崩れない。解けたそばからホロホロの柔らかチャーシューに変わってはいくのだが、ギュッとおにぎりごとく固められている。手ごわい。
いやぁ、凄い迫力だ。

玉を崩しつつ、野菜を合わせつつ、麺とつけ汁とズルズルワシワシと喰らったのだった。
『頑者』系は製麺所がルーツなだけあって、さすがに麺がうまい。結局、スープ割りまで行く完食ではあったが……。
腹いっぱいで爆死。アーメン。

|

« 三州屋銀座店<路地裏の名店 | トップページ | 羽田第一ターミナルから歩く »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

イッツ メタボ

投稿: mina | 2009/02/17 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/28142610

この記事へのトラックバック一覧です: チャーシュートッピングですけど、何か?:

« 三州屋銀座店<路地裏の名店 | トップページ | 羽田第一ターミナルから歩く »