« 若手職人の心意気 ―― 鮨一《後編》 | トップページ | チャーシュートッピングですけど、何か? »

三州屋銀座店<路地裏の名店

Sansyuya_gk さまざまなグルメ本に掲載され、TVにも露出する「三州屋銀座店」に行ってきた。
銀座2丁目、最寄り駅は銀座1丁目だが、JR有楽町からも近い。
三州屋にはこちら銀座店の他に、“銀座1丁目店”とか神田にも数店舗あるらしい。
情報によると、“銀座1丁目店”は中休みがあるが、こちら“銀座店”は中休みなしの通し営業とのこと。

ランチでの利用である。

「The大衆割烹」的にぎやかなお店。一品ごとメニューが書かれた短冊が壁にずら~っとぶら下がる、あの光景である。混雑時は合席必至。

Buri 注文したのは路地前看板に出ていた「ぶりてり焼定食」とグルメ本で紹介されていた名物といわれる「とり豆腐」。こちらセットで頼むと定食の味噌汁が「とり豆腐」に代わる。「ぶりてり焼定食」¥900、「とり豆腐」(確か)¥450だが、セット価格で若干安くなる(金額忘れ、ご容赦)。

ぶりは――時期的にまだ寒ぶりの残りかな――あぶらがのって思わず笑みがこぼれる旨さ。煮汁を白飯にちょんちょんと付けてパクリと行った後に、煮汁が染みたご飯を、また笑みをこぼしながら頂くという、定食のお作法。

Toritofu 「とり豆腐」は別小皿に紅葉おろしにポン酢をあしらえたような浸けダレが付いてくる。この浸けダレがなくとも充分に旨い。鶏肉からいい塩梅でうま味と脂が広がっていて、豆腐にもそのうま味が入っている。豆腐を浸けダレに浸すと湯豆腐のような感じになって、これはこれでオツだ。
味付けはちょっと濃いかもしれないが、ご飯のあてなのでちょうど良し。

「The大衆割烹」のニュアンスはおばちゃんたちの接客にもある。
ぶっきらぼうだが、温かで人の良さが伝わる。きびきびとした捌きで的確なオペレーション。気持ちが良い。

|

« 若手職人の心意気 ―― 鮨一《後編》 | トップページ | チャーシュートッピングですけど、何か? »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/28019837

この記事へのトラックバック一覧です: 三州屋銀座店<路地裏の名店:

« 若手職人の心意気 ―― 鮨一《後編》 | トップページ | チャーシュートッピングですけど、何か? »