« 銀座夜景をいくつか | トップページ | ピエモンテの薫風に快くむせる »

銘酒の生原種を呑んだ (◎´∀`)ノ

Skm135 貴重な日本酒を頂いてしまった。
「仕込一三五號」
“一三五號”とは“No.135”という意味で、云わばロット番号みたいなものである。
新潟県長岡市は朝日酒造さんのもの。あえて記していないのだが、誰もが知る銘酒『久保田萬寿』の無濾過生原酒である。

数に限りがあって、特定のお店にしか出していないとのこと。
これを嘗めることができるとは、なんと幸運なことか!

味は、まろみある萬寿を想わせるふくよかなもの。香りも複雑で重厚な旨み。生源酒のせいか、度数が17~18度と若干強めだが、鋭くキレるイメージはない。どこまでも豊潤な舌残り。
さすがに少々値がはったが、呑めて良かった。

|

« 銀座夜景をいくつか | トップページ | ピエモンテの薫風に快くむせる »

宿酔注意」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銘酒の生原種を呑んだ (◎´∀`)ノ:

« 銀座夜景をいくつか | トップページ | ピエモンテの薫風に快くむせる »