« 松濤の完全予約制レストラン 「MA-VIE」 | トップページ | シチリアの陽光あふれる 「da Nino」 »

東京シティガイドクラブのこと、どこまで話す?

過日6月13日の話。
東京シティガイドクラブ・グルメグループの研修会があって、麻布十番を訪れた。

1nob_jct_2 写真1St】は工事中の一ノ橋Jct.。ジャンクションの下は一之橋公園。古川が直角に曲がるポイントだ。で、こちらも工事中。“水の都=東京”を夢想する自分としては、上の高速道路より、下の古川の工事の方が気になる。
で、基本的なところだが、自分もはっきり認識していなかったので、河川名のおさらい。JR渋谷駅下から明治通り沿いに流れているのが「渋谷川」。明治通りと外苑西通りが交差する天現寺橋から名前を「古川」と変える。それは「渋谷区から港区に入ったところで」と言い換えることができる。
渋谷川・古川の河川工事については、こちら『渋谷川・古川河川整備計画概要』(by東京都建設局)が判りやすい。
ちょっとマニアックな向きにはこちら、2008年5月に東京都建設局が発表した「渋谷川・古川河川整備基本方針」を。
要は一之橋から上流3.3Kmに渡って川の下に太いパイプが走ってバッファー(調整池)となり、その排水施設が一之橋公園下にできあがる、とそう云うことらしい。
上記基本方針にあるが、『都市のにぎわいと人々にうるおいとやすらぎをもたらす渋谷川・古川の再生』の基本理念のもと、暗渠化ぜずに景観を残しつつ治水事業を進めているのだ。
ぼくはこの基本理念を断然支持する。

さて、東京シティガイドクラブ。
活動の内容をこのブログにどこまで公開して良いものか?
フードアナリストの方では、中には覆面調査的活動もあって、当然ながら守秘義務も発生する。東京シティガイドの方はそれと比べるとずいぶんとオープンな感じではある。が、やはりここ「はらへり*てんき」は個人ブログ、さらっと流す程度にして、詳細を語るのは止めておく。

Edoya この日は、「麻布十番」のもつ多面的な要素を押さえつつ、主要スポットを巡った後、テーマ事に分散してランチをいただき、その後再度集まってそれぞれのランチの報告会……。
自分は老舗洋食屋「Edoya」さん【写真2nd】でランチ。品格を感じるデミグラスソース。洋食の王道を行くレストランであった。

解散が15時過ぎ。この日は、JURA(プロフィールにある創作集団)の集まりが新宿3丁目にて18時からセッティングされていた。
歩くことにする。
実は、はなから研修の後に歩くつもりでいて、準備万全であった。

Nezumi_s 15:25、狸穴公園の南で、万歩計をセット。
狸穴坂ではなく、狸穴公園のま北にある鼠坂【写真3rd】を上る。
江戸の昔、細長く狭い坂を、ねずみ坂と呼んでいたそうだ(そう言えば、市ヶ谷大日本印刷の東側にある細い坂も同じ名だ)。写真奥、坂を登り切って左手側は植木坂。さらに上には鼬坂(?らしい)。
鼠・鼬と上がって外苑東通りに出、六本木へ。

Hills 【写真4th】は六本木ヒルズ。
以前にもこのアングルで写真を撮ったことがある。暖色系の階段越しにクロムに聳えるヒルズを見上げる構図、結構気に入っている。
後に、松本潤・北村一輝・香里奈らが出演した日本テレビ系TVドラマ『バンビ~ノ!』の舞台――写真の階段下が主人公が勤めていたレストランの裏口とうい設定――になって、ちょっと驚いた。

Toei_danchi 外苑西通りの裏道、長者丸通りなどを縫って北西に移動。
青山通りを渡って、都営青山北町アパートに分け入った。【写真5th】
配管類が露出したこのフォルムはどうだ。調べてみたら、1957~1968年に建てられた住宅団地。昭和30年代築、ぼくと同期。港区に現存する都営住宅としては最古参だ。
都営住宅は東京都都市整備局の都営住宅団地一覧で調べられる。

Turunoyu 昭和にタイムスリップしたような都営団地を突っ切っり、裏道を行く。神宮前3丁目、千駄ヶ谷4丁目と北上。
で、ゴールが千駄ヶ谷能楽堂そばの「鶴の湯」、16:43。【写真6th】
一風呂浴びたら、新宿3丁目まで歩く気が失せてしまったのだ。ここから副都心線の北参道駅は近いし、新宿3丁目までは一駅。ってことで脱力。

6409歩。
麻布十番散策の分を加算すると、おそらく12000歩。

歴史深い麻布十番からスタートし、六本木ヒルズや青山北町アパートを眺め、銭湯ゴールのショート(?)ウォーク。
あとから資料をひっくり返すと、見逃したポイントもあったりして少々悔しい。が、それはあとでまたCheckすることにしよう。
JURAで飲んだ最初の生ビールが格別に美味かったことを付け加えておく。

参考Web;

東京都建設局

東京都都市整備局

|

« 松濤の完全予約制レストラン 「MA-VIE」 | トップページ | シチリアの陽光あふれる 「da Nino」 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

古川って知らんかった。

しかも渋谷川の続きとは。

あの近辺の橋につながっていたのね。

今回は勉強になりました。

投稿: mina | 2009/06/17 20:13

でも古川橋っていうのは知っていた。

投稿: mina | 2009/06/18 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/30142128

この記事へのトラックバック一覧です: 東京シティガイドクラブのこと、どこまで話す?:

« 松濤の完全予約制レストラン 「MA-VIE」 | トップページ | シチリアの陽光あふれる 「da Nino」 »