« 本格フレンチを箸でいく――ichiRyu | トップページ | 蔦のからまる 「ふるはうす」 »

「珉珉」再訪

Jaja_m  案の定、また行ってしまった。赤坂の路地にある「珉珉」である(前回記事はこちら)。
 今回いただいたのは、看板メニューの「餃子」¥526。それと、ちょっとは夏らしくと思って「冷やしジャージャー麺」¥788。

 ジャージャー麺はいたってシンプル。なんといっても肉味噌――甘み辛みの加減と深いコクのバランスがばっちり。この肉味噌が、きゅうりともやしのシャキシャキ感を“爽やかさ”にまで押し上げる。夏だね。
Bngpp  餃子は最初、普通に醤油(+お酢+ラー油)で行っていたのだけれど、女将さんが特性のタレを作ってくれた。お酢に黒胡椒をたっぷり入れただけのものだけれど、これが珉珉餃子にぴったり。

 写真には入っていないけれど、ジャージャー麺には炒飯と同様のラーメンスープが付いてくるよ。

M2_kame  夏らしい風情がもう一つあった。「珉珉」の玄関先にあったプラスチックの桶。その中で行水している亀さんたち。首を伸ばして熱い日差しに眼を細めているようであった。

|

« 本格フレンチを箸でいく――ichiRyu | トップページ | 蔦のからまる 「ふるはうす」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

おいしいギョーザ、食べたいな。

投稿: mina | 2009/08/11 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/30910875

この記事へのトラックバック一覧です: 「珉珉」再訪:

« 本格フレンチを箸でいく――ichiRyu | トップページ | 蔦のからまる 「ふるはうす」 »