« ブリトー&タコス 「FRIJOLES」@麻布十番 | トップページ | Valentine's Dinner »

豊洲→門前仲町→日本橋→神田→本郷三町目→[こんにゃくえんま]

 〔15124歩〕

 引っ越し作業に追われて、今年は初詣をし逃した。
 もう2月も半ばだが、引っ越しの挨拶をしなくては。新居も落ち着き、気持ち新たに――自分としては初詣の気持ちで――神社を巡った。

Toyosu100214  11:04、豊洲に降り立つ。
 ゆりかもめの駅を見ると、軌道が晴海通りを左折するような向きで少し伸びている。軌道を勝どきまで延長するとする、運輸政策審議会答申第18号が出ている。

From_unjyaku_br  豊洲運河、汐見運河と眺めつつ、汐浜運河まで来た。
 雲雀橋でカメラを構えると、向こうからちょうどボートが来たので、シャッターを切った。
 ボートは、写真右手の、石浜橋水門をくぐって消えていった。ボートの横に「警視庁」の文字があった。運河のパトロールかな。

 さて、11:37。年明けにいつも行く「晴弘」で昼食。
 去年と同じ、「海老わんたんそば(塩味)」と「中華ちまき」をいただいた。
 やれやれ、これでようやく年を越えた実感がしてきた。Ebiwntnsoba_2

Tmok8m_100214  門前仲町、富岡八幡宮参拝。
 「東京に引っ越して来ました。(もろもろ)宜しくお願いいたします」
 ――そう、念ずる。
 境内、骨董市でにぎわっていた。

 永代通りで日本橋へ。
 COREDOでパスケースとキーケースを物色。気に入った物が見つからず、結局20分弱のウィンドーショッピング。

Nichigin_st  日銀通りで北上。
 そのまま神田駅をくぐり、多町大通りと入る。と、案内板が目に止まった。
 ――『東京都指定史跡「神田下水」』!
 「神田上水」の方は知っていたが、「下水」のことは知らなかった。
 この多町大通りの下に、我が国初の近代下水道が敷かれた。時は、明治17年。鎖国が解かれ、海外からコレラが侵入。人口過密地域であった神田から下水道整備が始まった、とのこと。
Tachoo_dri  今でも、当時のレンガ積み管が約900m、地下でその役目を果たしている。
 何か、凄い。
 ちなみに江戸時代にまで遡ると、この多町界隈は商人や職人が暮らしていた町で、大岡越前の「三方一両損」に登場する大工の吉五郎もこの町の住人だそうだ。

Syouheibr_sc Kandamyjn100214_2  昌平橋を越えて、やって来ました、神田明神。2社目。
 ここでも引っ越しの挨拶で手を合わせる。

 さらに北上し、次は、湯島天神へ向かう。
 先日不覚にも寄ってしまった蕎麦屋「手打ち古式蕎麦」の前を通ったが、昼食が中華そばで「麺」がかぶるからね、さすがにフラッと入ることはなかったぞ。

 来ました、湯島天神。3社目。
 合格祈願の参拝客に梅まつりの行楽客が重なって、凄い人混み。寄るのを止めようかとも思ったが、ここには押さえておきたいポイントがある。
Hude_tuka  泉鏡花の筆塚だ。
 鏡花の筆力にあやかろう、というちょっと情けない動機。
Ysmtjn_ume_2   おまけに梅も撮ってみた。

 春日通りから、またしても菊坂に入り、最後は地元、こんにゃくえんま。
Knnykem100214  地元の閻魔様に挨拶なしでは、この1年が無事では済まないだろう。
 「近所に越して参りました。なにとぞお引き立てのほどを……」
 念じて、手を合わせる。
 14:58。

 初詣ができなかったので、何か胸にわだかまりがあったのだが、これでようやくすっきり。信心深い方じゃないのだけれど、変だね。

|

« ブリトー&タコス 「FRIJOLES」@麻布十番 | トップページ | Valentine's Dinner »

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊洲→門前仲町→日本橋→神田→本郷三町目→[こんにゃくえんま]:

« ブリトー&タコス 「FRIJOLES」@麻布十番 | トップページ | Valentine's Dinner »