« シリコン蒸し器 < 野菜を食べよう! | トップページ | Cafe Beans@江戸川橋でヘルシーランチ »

明治20年創業「伊せ喜」でランチ

Takabashi  清澄白河駅で降りて清澄通りを北上。小名木川を高橋(たかばし)で渡る。
 間もなく明治20年からこの地に店を構える“どぜう屋”が見えてくる。「高橋のどじょう屋」といえばここ、「伊せ喜(←七が三つ)」。
 この店構えは、昭和20年3月の「東京大空襲」の後、その翌年に再建したものだ。Iseki_gk Iseki_nk1_2 Iseki_nk2

Sirayaki_2  「うなぎ白焼き定食(並)」¥1600をいただいた。
 (並)はうなぎが半身 (上)¥2700は一本分となりお重での提供となる。
 汁物はどぜう汁または玉子汁もしくは豆腐汁から選べる。もちろんどぜう汁で。
 他にもメニューはいろいろある。ホームページをチェックしてみてほしい。

 小皿の汁は塩ダレだ。鰻をこれに浸していただくのが作法のようだが、下品な自分は鰻にワサビを軽く載せた後、箸を伝えに使ってサッとタレを掛けた。
 鰻は白焼きということもあってあっさりしているが、脂がのっていてワサビの効かないこと! 本ワサビなのに!

 少し食べ進んだところで“どぜう屋”なのに“どじょう”を撮っていないことに気がついた。
 どぜう汁からご登場願い、パシャッ。Dozeu
 味噌汁のどじょうは骨ごと丸ね。

 後から思ったのだが、うなぎが半身ではご飯が余るという御仁には、本ワサビと塩ダレで飯がいけるのではなかろうか。

 最後に、TV「ぶらり途中下車の旅」で紹介の当店の記事をおまけに。

|

« シリコン蒸し器 < 野菜を食べよう! | トップページ | Cafe Beans@江戸川橋でヘルシーランチ »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/34386692

この記事へのトラックバック一覧です: 明治20年創業「伊せ喜」でランチ:

« シリコン蒸し器 < 野菜を食べよう! | トップページ | Cafe Beans@江戸川橋でヘルシーランチ »