« 豆腐 room Dy's @千駄木 | トップページ | 「花でん」@赤坂でランチ »

“冷やし”かつ丼って、どうよ??

Bdyj_gk  三島や川端が通ったと云うことで有名なとんかつの名店「とん吉」。その姉妹店にあたる「菩提樹(ぼだいじゅ)」に行った。
 気になるメニューがあったのだ。
「特性冷やしかつ丼」
 夏季限定のメニューで、ロースが¥1500、ひれが¥1600。

 オーダーを決めてあったのに、メニューを見ると迷った。
 本日のランチが――
「A5和牛ハンバーグ定食」¥1300
「特選牛ステーキ定食」¥1600
 その他、デフォルトのメニューの中には、スタンダードなステーキやとんかつの他に――、
「銘柄豚 ねぎ塩ロースかつ定食」¥2000
「天然大海老フライと銘柄豚ひれかつ盛合せ定食」¥2800
 ――など、一工夫加えたメニューが並ぶ。

 いやいや、ここは決めたおいた“冷やし”かつ丼だ!
 “ひれ”でお願いした。

 まず来たのが木製ボールに盛られたサラダ。Szrada
 えっ? 写真だと伝わりにくいが、山盛り。凄い分量だ。これがひとり分ですか? 
 ――だそうです。
 ドレッシングは机にセットされている、にんにく醤油であっさり行くのも良し、望めば「ごま味噌」「おろし野菜」「梅じそマヨネーズ」などのドレッシングが選べる。
 また、漬け物三種もサービス品。Tukemono
 このサラダと漬け物はどのメニューにも付くサービス品のようだ。

 これらをつまみつつ待つことしばし。
 来ました「特性冷やしかつ丼」。Hys_katud

 和風出汁(コンブとカツオ?)がはられた丼だ。出汁の中には細かくクラッシュされた氷が紛れている。白いものはとろろ芋、その上の茶褐色のものは梅肉。オクラの下には茗荷のスライスが隠れていた。

 お出汁が美味しい。
 こうなるととんかつ衣のサクサク感は望みようもないが、この出汁が染みた衣がまた良い味である。
 とんかつの芯はまだ熱を含んでいた。柔らかくジューシーなひれだ。
 良い豚なのだろう。
 スプーンで出汁ごとごはんを掬いあげ、頬張る。たまにとんかつをかじり、オクラをかじり、とろろを絡める。食べ進めるうちにとろろが散っていきそれがまた味の変化となって飽きが来ない。

 自分自身、チャレンジャーだな、と思ったが、これはこれで「あり」だな。
 卵で閉じていない分、油分やコルステロールは激減だし、野菜が豊富。ヘルシーなかつ丼だ。

|

« 豆腐 room Dy's @千駄木 | トップページ | 「花でん」@赤坂でランチ »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/35237402

この記事へのトラックバック一覧です: “冷やし”かつ丼って、どうよ??:

« 豆腐 room Dy's @千駄木 | トップページ | 「花でん」@赤坂でランチ »