« 8割が女性客のラーメン屋「Due Italian」 | トップページ | 時代はゲゲゲか!? »

「BELG×AUBE」目くるめくベルギービールの世界

 こうも暑いと、ビールが欲しくなるよね。でもね正直言って自分、ビールはさほど好きではない。ベルギーの物を除いてね。

Belga_gk  ベルギー郷土料理と直輸入ビールのお店BELG×AUBE」六本木店へ!!!

 BGMは70年代頃に流行った洋楽。壁にはベルギーの風景だったり、ビール醸造の様子だったり、何かしら動画が映し出されている。カジュアルな酒場っぽい雰囲気だ。
 異性を連れてきも、仲間同士でワイワイやるのも、はたまた独りカウンターでまったり飲むのも、いける。
 ふふん、良いところ見つけたぞ。

 ベルギーのビールに詳しくなくとも、メニューの解説がとっても判りやすいので大丈夫。アルコール度数もちゃんと書かれている。Menu
 ベルギービールの特徴のひとつが、ラベルの可愛さ格好良さ。メニューを見ているだけで飽きないよ。ストック約60種はあるボトルが総て写真付きで解説されているから。

 さらに驚きは、樽で輸入してくるものがあること。
 醸造元に直接交渉して買い付けるらしい。すばらしい。
■この日の樽生、3種Tarunama

■自分が選んだのは「St.Bernardus Tripel」Stbernardus  まずはホワイト系のすっきりした物から飲み、徐々に味の濃いものに、アルコール度数の高いものにシフトアップしていくのがセオリーらしい。
 しかし自分、いきなり度数8%。

■樽生1杯とセットで¥1500Zensai  ツナと夏野菜のビネガーマリネ&ジャガイモのアンチョビマヨネーズ。セットの取り合わせは、日ごとに異なるかも。

■粗挽きイベリコメンチカツ¥550Mentikatu  塩で行く!
 六本木店では“肉を挽くところからお客様までの手元まで”というコンセプトで特別に管理された「肉屋横田シリーズ」なるメニューがある。
 塩で充分美味いメンチカツだった。

■専用のグラスで供されるボトルビールたちDelirium_treXxbitterCaracoleDelirium_noel   
 最後の1杯は「Delirium Noel」。
 熟成に十年以上もの歳月をかけたビールだ。超濃厚。チョコレートのような甘みを含んでいる。度数10%。Noel_ks
 日本のビールの常識から、遠くかけ離れた所にある一品だろう。

 最後に苦言をひとつ。
 惜しむらくは、このお店の暗さだ。ムードある店内? 落ち着けるライティング? 確かに。
 だけどね。
 これら↑の写真、とっても苦労して撮ったのだよ。
 本当は、ホタテのカルパッチョとか、自家製ソーセージとか、白海老のフリットとかもいただいたのに、それら写真は総てNG。残念ながらお見せできるレベルにない。

 はぁ~。ブロガー泣かせなお店だな。

Kokuban

|

« 8割が女性客のラーメン屋「Due Italian」 | トップページ | 時代はゲゲゲか!? »

宿酔注意」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

うは~。
カラフルなビールっすね~。
僕は麒麟とかアサヒとか、最近ではトップバリューのばかり飲んでるから、確かに常識とは遥か彼方にあるビールですね。

いつか機会があれば飲んでみたいかも。

投稿: 健太 | 2010/08/15 21:58

>健太さん

コメントありがとうございます。
東京に遊びに来られるような事がありましたら、是非声かけて下さい。
ご案内しますよ~

投稿: マル*サトシ | 2010/08/16 08:32

ベルギーに行って、ベルギービールの解説をすると、とっても飲みたくなってくるんですが、
このブログを見ても、とってもこの店行ってみたくなりました。
六本木ですか...
ちょっと会社から遠いけど、行ってみるかな。

投稿: まいど! | 2010/08/16 21:48

>まいど! さん

フードアナリストSNSではお世話になっております。
わざわざこちらに書き込んでいただき、感謝です。

日本で樽生ベルギービールを飲めるお店を他に知りません。
今回、料理の方、あまり紹介していませんがそちらも決して悪くありません。
お勧めですよ。

投稿: マル*サトシ | 2010/08/17 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/36177158

この記事へのトラックバック一覧です: 「BELG×AUBE」目くるめくベルギービールの世界:

« 8割が女性客のラーメン屋「Due Italian」 | トップページ | 時代はゲゲゲか!? »