« 中華そば「マルナカ」@新宿区新小川町 | トップページ | 冷やしとりそば@「大喜」 »

「大勝軒」はややっこしい?

 「大勝軒」と言われて真っ先に思い浮かぶのが、山岸一雄さんを頂点にいだく“東池袋系”大勝軒ではないだろうか。今のつけ麺のスタイルを確立したのがこちらだし、暖簾分けが進み店舗数も多いし、TV等の露出も多い。
 しかし「大勝軒」は“東池袋系”だけでなく、東池袋系と源流が同じ“丸長系”の他、“永福町系”“人形町系”のざっと4系統の「大勝軒」があるのだ。

参考;ラーメン自由区

Taisyoken_gk  今回訪ねたのは、大勝軒の中では最古の創業である“人形町系”は日本橋の「大勝軒である。上のラーメン自由区によれば、昭和8年創業だ。

 流石に創業当初のままの店舗ではなかろうが、それにしても渋い外観、内装。
 歴史的建造物として区や国の指定をうけていないのだろうか?
Taisyoken_nk  天井の意匠といい、首振り扇風機といい、守り継ぐべき物だと思う。

 いただいたのは「A定食」、ラーメンと半炒飯のセット¥900
A_tei  鶏ガラあっさり醤油のスープ&細縮れ麺はこれぞ東京ラーメン。しかし、トッピングが少々凝っていて、メンマは穂先シナチクで甘めのしっかり味、叉焼の他にハムが入っているのも面白い。Menu01 Menu02

 こちらエリア、江戸の昔で言えばTV放送が終了してしまったまっつぐ」(NHK)でフィーチャーの金座裏にあたる。お江戸ど真ん中。
 老舗が軒をならべてるぞ~。
 大勝軒の真ん前がはんぺん・おでん種の神茂だ。
 「神茂」は江戸の昔からこの場所にある(古地図で確認!)。
 ここのはんぺんは大好き。お土産に是非。

|

« 中華そば「マルナカ」@新宿区新小川町 | トップページ | 冷やしとりそば@「大喜」 »

感動食材」カテゴリの記事

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

街中徘徊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/36234427

この記事へのトラックバック一覧です: 「大勝軒」はややっこしい?:

« 中華そば「マルナカ」@新宿区新小川町 | トップページ | 冷やしとりそば@「大喜」 »