« TIDA KAJI CAFE @小石川 < いや、@沖縄ということで…… | トップページ | 新日本料理の正本「橘花樓」 »

感動的な不味さ

 友人から英国イギリスのお土産をいただいた。

「TESCO」というメーカーのカップヌードル。チキン&マッシュルーム味だ。Noodle01

 ラベルをむくとこう。Noodle02  具らしい具は見えない。

 お湯を入れて待ち、かき交ぜたらトウモロコシが見えた。Noodle03  嗅いだことのない不思議な臭いがする。

 チキン&マッシュルーム、と言うよりは胡桃かカシューナッツのような味だ。
 チキンらしき肉片は見えないし。マッシュルームも定かでない。
 麺はぼろぼろ。ホークですらからめとれない。
 いや、恐ろしく不味かった。感動的ですらあた。
 パルメザンチーズをぶっかけたがダメ。救出不可能。

 こんな衝撃的不味さの土産をくれた友人に感謝である。
 ヽ(▼ヘ▼;) ありがとー!

|

« TIDA KAJI CAFE @小石川 < いや、@沖縄ということで…… | トップページ | 新日本料理の正本「橘花樓」 »

感動食材」カテゴリの記事

コメント

昨日、食べました。
グルタミンの概念がないイギリスらしい味です。
日本には絶対輸入されない貴重な不味さ。
でも、慣れるとうまいかも。
別に慣れる必要はまったくないけど。

投稿: 猫丸 | 2010/08/13 00:29

> でも、慣れるとうまいかも

 味覚は文化? 地方によって時代によって、美味さは変わるものですものね。

 別件、
 島@飯田橋の回で登場の先輩M氏から、「TESCO」ってスーパーの名前だろう、とのご指摘が。そう云えば、猫丸さんからいただいたときに、そのようにちゃんと聞いていましたね。
 スーパーのプライベートブランドのような物でしょうかね。

投稿: マル*サトシ | 2010/08/13 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動的な不味さ:

« TIDA KAJI CAFE @小石川 < いや、@沖縄ということで…… | トップページ | 新日本料理の正本「橘花樓」 »