« 「恵矢」@神田猿楽町 < ここのトンコツはひと味違う | トップページ | 3軒、行っちゃいました。 »

「藤八」!! < 中目黒の重鎮だ~

 東京シティガイドグルメGrp.の後輩さんが、飲み行こう!と、嬉しいお誘い。
 しかもそのセレクションが「藤八(とうはち)」@中目黒。
 はいはい! しっぽを振って飛びついた。

 少し涼しさが戻った金曜日の19時20分、到着。To8_gk
 しかし、店先で待ち人お二人(写真のカップルね)。うかがうと、ママさんが空席を探しているとのこと。自分も暖簾をくぐり玄関を開け「すいません二人なんですが……」
 満席、Out!
 ママさんに丁寧に断られる。「いつもは閑なんですけれどね~」
 嘘付け! 憎めない冗談に背中を押され、2×2の4人はトボトボとふた手に別れた。

 他店で喉をうるおし、21時15分に再挑戦。ようやく入店。To8_nk_2 あこがれのお店だった。

 いやぁ~、噂どおりのすばらしいお店。
 若者から年配者まで、気持ちよ~く酒を飲んでいる。後ろのテーブルは女子会だ。
 つれの後輩は、もっとおじさん連中が多いのかと思ったのに、と感心していた。このオールレンジな客層が、お店の評価を表している。店内100席あるのに、19時すぎには満席だなんて。

 まずは「本日のお薦め」的メニューボードからMenu1Menu2   端に写っているのはお通し。この日は里芋の煮転がしと鶏の揚げ物を甘辛いタレで絡めたもの、インゲンが乗っていた。

■〆サバSimesaba  軽めの〆、完璧に美味い。

■いかの酒盗和えIkasyuto  烏賊が甘い、そこに酒盗の爽やかな香りと塩み。文句なく美味い。

 この日、冷酒の品揃えは三種。獺祭,天狗舞,花の舞、どれも¥730。日本酒ならば他に日本盛(生酒)¥680,燗酒¥680(小¥210),にごり酒¥420,たる酒¥420がある。
 獺祭、あとから辛口の花の舞を合わせた。

■はんぺんHanpen  蟹の風味をまとった絶品。気持ちまで“ふかふか”になる。

■腸詰めTyodume  なんか複雑な甘み。手がこんでいる。また脂が美味いんだよね。

 ちなみに「藤八名物」と呼ばれている4品があっって、こちら「はんぺん」「腸詰め」、他は「肉じゃがコロッケ」と「いかのかき揚げ」

 後ろふたつは次回の楽しみに取っておいた。
Menu3  他注文したのは、短冊メニューから気になった「イチロー」と「クリームチーズ」。
 「イチロー」は野球選手のイチローからではなく、鳥羽一郎からで、鮭トバを指す市場の符丁なんだって。ママさんが教えてくれた。
 「クリームチーズ」はオカカと醤油、海苔がついて、意外にオツなつまみだった。

 大満足。
 大満足なんだけれど、吉田類さんを真似て「もう一軒」行っちゃいました。

|

« 「恵矢」@神田猿楽町 < ここのトンコツはひと味違う | トップページ | 3軒、行っちゃいました。 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/36063779

この記事へのトラックバック一覧です: 「藤八」!! < 中目黒の重鎮だ~:

« 「恵矢」@神田猿楽町 < ここのトンコツはひと味違う | トップページ | 3軒、行っちゃいました。 »