« 「Com Pho」丸の内オアゾ<旅の終わりに | トップページ | LOVE@新宿警察署裏 »

「Glutton」! @阿佐ヶ谷

 旅から戻り、朝晩涼しくなった頃合い。増えた体重を落とすべく散歩/ウォーキングに出かけた。って、いつも通り食べ歩きが目的なのだけれども。

 ランチに向かった先は中央線阿佐ヶ谷駅。この地も、北に南に美味しい処を湛えている。
 祭りで賑わう阿佐谷、この日は南に降りた。Asagaya
 阿佐谷パールセンター。この奥にも色々グルメ処はあるのだが、そのパールセンターには深入りせず、ゲートをくぐって左折、高円寺方向に。

 「Glutton」――素晴らしい店名だ。
 ラテン語で(意地汚い)大食漢、暴食家の意であり、英語では熱中する人、じっと耐えられる人、という意味になる。Glutton_gk
 大食漢――これはまさに自分のことか。

Menu  Aコースでボルシチ、3番の盛り合わせを注文。

 来ましたボルシチスープ。Borusiti
 じんわり落ちつく。
 テーブル席のみ、しかしながらお一人様も歓迎のアットホームな雰囲気が良い。子連れもOK。

 どうだ!Hambarg  一皿に盛りつけられたこの贅沢感。洋食の王道たちのそろい踏みだ。
 海老フライ。タルタルでいくのも良し、後ろのレモンを搾るの良し。
 半身をソースにひたした蟹クリームコロッケ。柔らかいドミグラスソースだからクリームを殺してしまうような事はない。崩してしまっても大丈夫。
 そして、むっちりとした密度をもったハンバーグ。
 写真では今ひとつ伝わらないのだが、カボチャの盛りつけまで素晴らしい。

 なるべくならばライスでなく、パンで。
 デミソース、コロッケのクリーム、さらにはタルタルまでをパンでさらう幸せが味わえる。

Sio_2  あぁ、こんな洋食屋さんがある阿佐谷って、良い街だなぁ。

|

« 「Com Pho」丸の内オアゾ<旅の終わりに | トップページ | LOVE@新宿警察署裏 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/36813834

この記事へのトラックバック一覧です: 「Glutton」! @阿佐ヶ谷:

« 「Com Pho」丸の内オアゾ<旅の終わりに | トップページ | LOVE@新宿警察署裏 »