« 鰻の串焼き<「カブト」@新宿 | トップページ | ちゃんぽん@「来来来」 »

「豊ちゃん」@築地 再訪

 始まりは、飲み屋。
 カウンター。素麺をいただいたご婦人の隣に男性客。席が空いていたのでその男性の隣に座る。男性は、単身赴任が終わって明後日関西に帰るという。男性は京都の酒蔵のご子息で、自分よりは一つ年上だった。
 話が弾んで、東京最後の明日、男性を築地に案内することになった。

 待ち合わせは、朝8時。
 二日酔いのダレた躰にシャワーを打って、行きました、築地。
 東銀座で降りて、平たくなった歌舞伎座を見せて……。
 一応東京シティガイドなので……、それなりにポイントを押さえたつもり。詳細略。

 さすがに競り場には入らなかったけれど、場内を青果から入り魚市場を半周ほど。
 10時を過ぎて、そろそろ小腹が空いたか?――朝食を食べていない自分は臨戦態勢だが――。男性は魚の臭いに当てられて、寿司なぞよりはむしろ、洋食「豊ちゃん」が気になるという。

 と云うことで豊ちゃん再訪である。
 新しい季節メニューが出ていた。

■カキのハーフ&ハーフ¥1400Kaki1212  カキの卵とじ(豊ちゃん的には“生カキのあたま”と言う)とカキフライのセット。
 ちなみに男性は定番のオムハヤシをいっていた。

 場外をぐるりと廻って、先日再開したNHK『ブラタモリ』で登場の包丁やさんなどを眺め、帰りは定石の築地本願寺。Tkj_hgj

 つたない案内だったけれど、う~、喜んでもらえたか……?
 前回の「豊ちゃん」記事はこちら。

 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

|

« 鰻の串焼き<「カブト」@新宿 | トップページ | ちゃんぽん@「来来来」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/37238615

この記事へのトラックバック一覧です: 「豊ちゃん」@築地 再訪:

« 鰻の串焼き<「カブト」@新宿 | トップページ | ちゃんぽん@「来来来」 »