« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

「Sweet Water」@小石川

 Bravo!
 2010年年末に、地元の誇るべきイタリアンを紹介できる幸せ。Sweet Waterだ。Sw_outside_2
 オープンは2010年9月10日。そのとき用意したと思われるチラシを引用してしまえ。

季節のお野菜、旬の食材をふんだんに盛り込んだイタリア料理
日本、イタリア、フランス… 自然派を中心に、選りすぐりのワインをお楽しみいただけます。

カウンター8席、テーブル席10席の小さな食堂。
 食堂をイメージした肩肘張らない、ラフな雰囲気で
 お一人様から、ご家族や友人と…
 様々なシチュエーションでお楽しみ下さい。
 また、ラストオーダーも24時となっておりますので
 「2軒目にもう少し…」という時にも
 是非ご利用下さい!

日本の恵み。
 日本の大地で育ったぶどうから作られる、
 生産者の思いのつまったワイン。
 海外からも注目されつつある日本のワインは、
 自らワイナリーを訪れ、生産者の方々のお話を
 うかがって選んでおります。
 made in Japan の素晴らしさを是非味わってみてください。

リストランテ モンディ(奥村シェフ)、リストランテ アクアパッツァ(日髙シェフ)、アプレスト(延松シェフ)から、イタリア料理を学び、ブルゴーニュワインバー、ル・キャビスト勤務時にソムリエ資格も取得したシェフとホールサービスのソムリエと、夫婦二人で皆様をおもてなしいたします。

(以上引用)

 コースはなし、基本アラカルト。正しい“食堂”の姿。
 この日のメニューはこちら。Menu01  この他、黒板に旬の野菜メニュー、ジャガイモのあったかいスープなど3点。パスタメニューが2点、本日のアクアパッツァ用お魚2点、デザート1点が記されている。
 別の黒板には、食前酒、地ビール、本日のグラスワイン白/赤の紹介がある。
 “食堂”にしては格好良すぎる、かな!?Sw_insid

 ではでは、この日いただいた品々をずらっと――

■エゾジカのたたき カルパッチョ仕立てEzsk_ttk  仕上げも綺麗。

■ムール貝の白ワイン蒸しMussel_wine  おまけのUpMussel_up  蟹がいた!

■美桜鶏の赤ワイン煮込みアニス風味の自家製タリアテッレTagliatelle  芳しい濃厚ソースが平たいパスタにからんで悩ましいほど。

■トリュフ風味のリゾットRisotto  これも悩ましい。もはや色気を感じる旨さ。

■ちょうどなくなった白ワインMonthelie  ブルゴーニュは Domaine Sebastien Deschamps (Monthelie) しっかりとしていて、ブーケはたおやかだった。

 赤に変えようか、ってことで本日のグラス赤ワインから……Red_wine  左から
 '08 キザン ファミリー リザーブ [日本-山梨] ¥730
 '09 トゥーレーヌ ガメイ [フランス-ロワール] ¥820
 '03 モレッローネ レ カンエッテ [イタリア-マルケ] ¥960

 いったのは日本のキザン。
 メルロー40%、カルベネソービニオン15%、プチベルド5%、残りの40%は日本で生まれたワイン専用品種、ブラッククィーン。
 ブラッククィーンは『日本のワインの父』とも云われる川上善兵衛氏が作り出した品種。ちなみに氏が交配・開発した品種は他に、マスカット・ベーリーA、ローズ・シオター、レッド・ミルレンニウムがある。
 果実の香り、スパイシーな香り、きらびやかな風味の辛口ミディアムボディ。山梨県甲州市は磯山洋酒工業株式会社の品である。
 このワインがばっちり合ったのが――

■牛テールのヴァチナラ(ローマ風トマト煮込み)Tail  付け合わせのお野菜たち(ワイルドライス含め)も良い感じ。

 ワインが進む~。
 って、なくなっちゃいました。何か他のグラスワインを……と云うことで、White_wine  左から
 '09 ロゼ ダン ジュール [フランス-ロワール]
 '09 リースリング ファミリー 小布施ワイナリー [日本-長野] ¥760
 '08 ピノ グリージョ イル ヴェイ [イタリア-エミリア・ロマーニャ] ¥730
 '07 ブルゴーニュ シャルドネ [フランス-ブルゴーニュ]

 左右の二本は黒板にあるものと違うようだ。値段をチェックし忘れた。
 この中から、ロゼをチョイス。
 『ある日のロゼ』というこのワイン、気になって調べてみたら、ロワール自然派の巨頭 Mark Angeli が AOC ROSE D'ANJOU の認定を取れなかったことを憂い、規格の綴りをもじって、Rose d'un jour とワインの名前を変えたそうな。しかし、Mark Angeli に賛同する人は少なくなく、様々な生産者が「Rose d'un jour」という名前のワインを造りはじめたという。
 こちらの「Rose d'un jour」は本家 Mark Angeli 氏のもの。

■愛知県産方々のアクアパッツァ ¥2200Houbou  甘めの「Rose d'un jour」が白身の方々を引き立てた。Table

■自家製バニラアイス ハチミツ&黒胡椒がけDessert  ¥500 エスプレッソでいったのだけれど、こちらは写真なし。

 お気に入りのレストランを見つけると、ついつい饒舌になっちゃうけれど、野暮な説明はこの辺で止めておこう。
 自宅から歩いて5分の所にこんな素敵なイタリアンがあるなんて。今年最高のプレゼントだ、たぶん。
 神様、ありがとう。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

スイートウォーター イタリアン / 春日駅白山駅後楽園駅
夜総合点★★★★ 4.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「味噌元」@池袋東武デパート

 会社帰りに何度かお世話になっているお店である。

 株式会社諸国美味が運営する味噌元、そのイートインショップが池袋東武デパートに入っている。
 「味噌元」はお味噌専門店。お味噌汁を主役に据えたメニュー構成でユニーク、かつご飯の方も趣向を凝らしてあって、定食メニューとして完成度が高い。「味噌元」のある地下2Fの食品フロアーには、他に「キッチン・スギモト」「妻家房」といった強豪イートインが軒を並べているのであるが、負けていないのだ。

■レギュラーメニューMenu  味噌は、甘めの白味噌、八丁味噌、麦味噌からチョイスする。濃さも調整可能。出汁は鹿児島産鰹節、利尻天然昆布、瀬戸内産いりこでとったもの。
 五穀米もヘルシーでよろしいが、季節の小丼が愉しみ。社名“諸国美味”に偽り無し。全国の美味しい食材がバンドルされる。
 この他に“今週のお味噌汁”がある。ちなみに、12月ラストの今週は“粕汁”だ。

■式根島産つみれと野菜の味噌汁+季節の小丼(土佐の鰹めし)Tumires  つみれは式根島近海で捕れたトビウオ、青ムロアジを原料に式根島漁業協同組合婦人部がたたいたもの。もちろん無添加。
 土佐の鰹めしは高知県土佐市の老舗のもの。4代目謹製だそうだ。
 9月時点の小丼なので今はない。あしからず。

■季節野菜の豚汁+五穀米と鮭ほぐし身Tonjiru  根菜どっさり。具材は季節によって変わってくるが、おかずになる味噌汁というコンセプトにブレはない。ヴォリューム感は変わらないはず。

■湯葉のとろとろ味噌汁+季節の小丼(伊勢芋のとろろご飯)Yubatoro  肝心の湯葉が沈んじゃって写ってない。ご容赦。
 “とろとろ味噌汁”の意味合いは湯葉の他にナメコやもずくなども入っているから。
 小丼の方は三重県多気郡産の伊勢芋――お店の解説によると、栽培できる農家が限られている。スーパーとかでは流通しなさそうな逸品――のとろろご飯。粘りが強くコクがある。
 この小丼、いつまで続くのか?

Table

 もちろん、店頭販売もしている。
 先の「鰹めし」も“ご飯にまぜるだけ”パックが売られていた。
 自分は気に入ったディップ味噌があったので、購入した。

■柚子とっ辛味噌¥550Yuzumiso_dip
 野菜スティックでも使えるし、豚肉を炒めたときの味付けとかに使っている。

 株式会社諸国美味は、最近、日本酒ビンテージ古酒を取り扱う酒茶論(しゅさろん)の運営をはじめた。現在のところ、Webでの通販サイトが主のようだが、品川のウィング高輪内にBARを開いたそうだ。
 気になるなぁ……。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

味噌元 東武池袋店 (和食(その他) / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲荷蕎麦「萬盛」

Mansei_outside  地元ネタ。稲荷蕎麦萬盛である。
 春日通り沿いの本当に目立たない蕎麦屋であるが、東京シティガイド的には両手を合わせてしまうほど由緒正しいお蕎麦屋さんである。

 「萬盛」を語るとき、善光寺坂の澤蔵司(たくぞうす)稲荷を避けて通れない。Swzsinari01  『江戸名所図絵』に「狐棲の洞穴あり」と記された所である。Swzsinari02 Swzsinari03
 「萬盛」はその日の初茹で(初釜)の蕎麦を、こちら澤蔵司稲荷に奉納している。自転車で、営業日毎日。澤蔵司稲荷のホームページによると“開創依頼380有余年連綿とお蕎麦の奉納が続いている”とある。
 これはもう掌を合わせて拝むしかない。

 善光寺坂には他にもたくさん観どころがあるのだが、ここでは触れないでおこう。

 蕎麦に戻る。

■稲荷箱そば¥650Inrhksoba  奉納する蕎麦を模したものと推測する。

■花まき¥650+かやくごはん¥190Hanamak_kykg  浅草海苔が「磯の花」に例えられていたことから、このネーミング。

Mansei_inside  蕎麦自体はなんの衒いもない普通の蕎麦だけれど、歴史を想うとまた格別。情報がその味を変える。
 あぁ、自分の舌はブレブレだ。Menu01 Menu02

 

にほんブログ村 グルメブログへ

稲荷蕎麦 萬盛 総本店そば(蕎麦) / 後楽園駅春日駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また行かないと>「喜多八」

 板橋、旧中山道界隈には飲み屋が多い。
 その中から、気になっていた喜多八で飲み。Kita8_outside

 店の看板にあるように、ここは“ホルモン道場”。
 ホッピー片手に、ガシガシ喰らった。

■お通しとホッピーOtoshi  ホッピーはもちろん中/外別注OK。

■特製煮込鍋Nikomin  唐辛子でなくて芥子でいくスタイル。このヴォリュームで¥380は安い。

■タンとハツTan_hatu  奥の小鉢はポテトサラダ。

■レバ刺しLiversasi  緑色したのは大蒜下ろし。

■(たぶん!?)ガツとコブクロGatu_kobukuro  奥の金串は豚バラ焼きのもの。←撮り忘れた!

■カシラとシロKasira_siro

 ホルモンの他にもメニューは色々ある。
 どれもヴォリュームがあって安い。Menu01 Menu02

 ああ、タレもいってみるべきだったな。吉田類さんの案内にある逸品、随分と落としているし、これはまた行かないと……。

 板橋はJR埼京線、都営三田線、東武東上線と三線の駅が近傍に固まっている。わりと行きやすい。

 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村

喜多八 居酒屋 / 板橋駅新板橋駅下板橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「遊然」@水道橋

Yuzen_outside  散歩していて見つけたお店。地元ネタ。
 へぎそばと地酒のお店遊然

 居酒屋さんなのだが、夜は行けていない。居酒屋ランチの紹介になる。壁に掛かった手書きの肴メニューを見れば、鮮魚系にも強そう。地酒と合わせてさぞかし旨かろうと思うが、カウンターが見あたらないので、ひとりではちょっと入りづらいかな。

Menu00 Menu01  ランチだと、お一人様のハードルはグンと下がる。

■タレカツ丼と小へぎそばのセット¥750Tarekatud
 新潟市発祥というタレカツ丼。カツはもも肉をサクッと揚げて甘めの醤油ダレにくぐらせた逸品だ。自分はソースカツ丼より、こちらの方がタイプだな。
 それと新潟は魚沼地方発祥のへぎそば合わせる。布海苔をつなぎに使用したお蕎麦。独特なコシと風味がある。

■うなとろろ丼(単品¥650)Unatorod
 スタミナ付きます。

Yuzen_inside  ランチ¥100引きになるサービス券をもらえた。
 経営は株式会社堀本商事。「魚然」――新宿御苑に2店舗の他,池袋,大塚,四谷、や「TORINTO」――新宿御苑,水道橋,東長崎を経営する会社。仕入れ先などパイプがあるからこの価格で行けるのだろう。

 居酒屋ランチはあなどれない。Menu02

 

にほんブログ村 グルメブログへ

へぎそば 遊然 魚介・海鮮料理 / 水道橋駅本郷三丁目駅後楽園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「絶品純豆腐」@渋谷

Zpsndb_singb01Zpsndb_singb03Zpsndb_singb02     渋谷を散歩していたら『純豆腐(スンドゥブ)』のお店を見つけた。
 最初「東京純豆腐」かと思ったが、「東京」が「絶品」になっている。ロゴの感じも異なる。
 冒険心を起こして、入ってみた。

 〝純豆腐(スンドゥブ)〟なる韓国料理を広めたのはブラスアンドカンパニー㈱の「東京純豆腐」ではないだろうか? 女性でも入りやすい精錬された内装と豆腐という健康志向に合致した食材、そして価格設定が受け入れられた要因かと思う。
 ブラスアンドカンパニーは出版事業を母体とし、雑貨輸入やカルチャースクールの運営なども行っているが、ここにきて飲食業の「東京純豆腐」が当たり、どんどん店舗を増やしている。

 そこに切り込んで行こうというのか「絶品純豆腐」?

■牛タン スンドゥブ ¥990Tan_sundub
 こちらは、ガテン系男子が石焼きビビンバを大盛り注文するようなリーズナブルな価格設定としっかりとした味、そして丁寧な接客。
 写真で判るかな? 純豆腐に付いてきたナムルご飯も結構なヴォリュームである。
 自分としては、なかなかの好感触であった。

 帰宅後調べてみたら、こちらは「洋麺屋 五右衛門」などを経営している日本レストランシステム㈱の店舗。飲食業には精通している。そう言えば、メニュー構成とかサービスとか、ファミレスっぽいニュアンスが少し。
 Webでの紹介は――
『純豆腐(スンドゥブ)と石焼ビビンバの専門店。
 国産大豆の最高品種『フクユタカ』を100%使用した濃厚な自家製豆腐と旨味たっぷり自家製スープを味わう純豆腐は、まさに絶品です。』
 とある。

 ふーん。何処まで「東京純豆腐」に肉薄できるのか? 客層が違うから、そんなことは考えていないのか? 
 今後の展開がちょっと気になる。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

絶品純豆腐 韓国料理 / 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「海華月」@乃木坂

Kkg_outside_2  外苑東通り、乃木神社反対側、桂由美ブライダルハウスの先を入ってイタリアン「Da Nino」の路地。
 草木で覆われた門構え、湾曲しつつ半地下に降りていく木製の階段、妖しげな雰囲気に気押されつつ来店。内は妖しさが薄らぎ落ち着きのある和装。床の高低差を活かした趣ある設えだ。海華月
 ライター系仲間の忘年会である。

 こちら、鍋やしゃぶしゃぶが人気のよう。
 宴会コースはバリエーション豊富。今回は飲み放題付きの海コース。
Tokkuri  幹事さんには大助かりだよね、コースが豊富って云うのは。

 写真は複数人分の盛りつけなので、お含み置きを。

■季節の前菜4点盛り合わせOtosi   ふぐ皮煮こごり
  栗渋皮煮
  赤こんにゃく旨煮
  ねぎとろ巻き寿司

■旬のお造り2種盛りSasimi

■焼物 さわらの西京焼きSawarayaki

□サービス!? シナチク-叉焼Serves

■揚物 ふぐの唐揚げFugukaraa

■進肴 寒鰤と大根の煮物Buridk

■食事 鰊(ニシン)の旨煮蕎麦Nisinsoba

■デザート 旬のソルべDessert

 忘年会の季節。
 みなさん、肝臓、いたわりましょう!Kkg_signb

 

にほんブログ村 グルメブログへ

海華月 乃木坂 しゃぶしゃぶ / 乃木坂駅青山一丁目駅六本木駅
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「monopole」@中目黒

Mnpl_outside_2  いけない目黒川クルージング、続き。
 ワインバーmonopoleである。

 料理写真は8月に行ったときのものも混じっていている。お野菜などは基本旬のものになると思っていただきたい。

 

 

 

■自家製ピクルス¥600Pickles

■バーニャカウダ¥1100Bagnacauda

■この日のニョッキ(¥忘れ)Gnocchi

 カウンターがあってお一人様でも入りやすい。
 グラスワインのセレクションが手堅く、お値打ち価格。
 食事のみでも大丈夫。オムライスやスパゲティも人気がある。

Menu_2Menu_1 

Menu_4Menu_3 

 ありゃぁ、自分も食事を堪能して、ワインの写真を撮りそびれてるぞ。Mnpl_inside

 「藤八」と「monopole」、この振れ幅がたまらない。
 中目黒は良い街だね。

 

にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

モノポール ワインバー / 中目黒駅代官山駅恵比寿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「藤八」再訪

 寒くなってきた。鍋に燗酒だ。Pirikaranb01
 Otosi_3 中目黒の名店「藤八」へ。(これ→はお通しね)

 

 

 

 

 前回注文しそびれた、肉じゃがコロッケとイカのかき揚げを注文。NkjgkrKakiage 
 もちろん、はんぺんも腸詰めもいったけど。

 鍋はピリ辛鍋¥1000。Pirikaranb02
 安いね~。

 〆はうどんか? いや、もう一軒行こうと云うことで、やめておいた。
 いけない目黒川クルージング (;^◇^)ノ~ オイオイ

 

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村

大衆割烹 藤八 居酒屋 / 中目黒駅代官山駅恵比寿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殻かき磯辺焼き@「みちのく」

 いただきました。珠玉の一献。

■殻かき磯辺焼き ¥500Krkkisbyk

 焼いてから殻に戻す、その演出!
 見せ方は大切。
 仕事のプレゼンでも、小説でも、恋人へのアピールでも。

 以前レポートしたみちのくでのこと。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都の木・イチョウ

 先日の日曜日、天気が良かったから、散歩に出かけた。
 小石川柳町の部屋からぷら~と。
 例により、いっぱい写真を撮ったのだけれど、今回は「イチョウ」という括りで。

 まずはニコライ堂。
Nkrd_icyo  ジョサイア・コンドル設計の重要文化財。

 次はジョサイア・コンドルつながりで、三菱一号館Mitubisib
 こちら資料館にて「ジョサイア・コンドルの岩崎邸建築展」を開催中。
 彼の没後90年を記念してのもの。会期は2011年2月6日まで。入場無料。

 国際フォーラム裏。逆光で撮ってみた。Mrnuc_icyo

 最後は霞ヶ関坂のイチョウ。Ksmgsk_icyo

 この日の散歩(というかウォーキングか)は、二代目つじ田で昼食(前回記事)とか、銀座で買い物とかあったのだけれど、結局ぐるっと皇居を回るルートになって、最後は麹町・市ヶ谷・神楽坂を抜けて帰宅。

 19831歩。

 

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌の章<二代目 つじ田

2tujitam_outside  小川町、めん徳二代目つじ田の味噌ラーメンブランド。
 寒くなると、味噌ラーメンが食べたくなる。

 いただいたのは辛味噌らーめん¥900。Karamiso
 中央の辛子玉――“だるま”と云うらしい――を溶くまえに、デフォルトのスープを味わおう。ラードのコッテリ感と野菜の甘味、味噌のこく。あぁ“味噌らーめん”ってこうだった。再確認。
 しばし味わい、その後“だるま”を溶いていく。
 どんどん刺激的になってくる。
 そんどん旨くなる。
 そして、どんどん発汗する。

 すだち飯も気になったけれど、白ごはん¥150を注文してあった。
 レンゲでスープに浸してこんなこと。Ex1
 チャーシューをのっけてスープをかけてこんなこと。Ex2

 味噌ラーメンにご飯、合うよ~。
 もちろん、美味いラーメンがあっての事なんだけれどね。Menu

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

二代目つじ田 味噌の章 ラーメン / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「釜飯 玄」@三ノ輪橋

 「三ノ輪」って台東区なのだけれども、都電荒川線三ノ輪橋電停は荒川区南千住にある。
Gen_outside  そこからすぐの「釜飯 玄」で昼食。

 釜飯目当てだったのだが、外のメニューに目をやるとどれも美味そうで困った。Menu1
 と、入り口に『女子栄養大学短期大学部プロデュース「あらかわ満点メニュー」』の案内があった。すごい気になる。
 店に入って、それを注文した。

Tomatoorange  まず、トマトとオレンジが出てきた。入り口にあったメニュー構成の通り。

 待つこと約20分。炊きあがって出てきた。
 ヘルシー森の釜飯Morinokmms  しめじがプリプリしてる。味付けが柔らかい。
 入り口の案内には“澄まし汁”となっていたが、味噌汁になっていた。まぁ、良い。全部で¥940。
 「あらかわ満点メニュー」、美味しいぞ。リンクを貼っておく。

 こちらのお店、鮮魚系も強い。
 となりのおじさんはアジ刺身定食を旨そうに頬張っていた。

Sisofrkk  テーブルにはシソの実を伽羅蕗的に煮染めたものがあった。ソフトふりかけ? ちょっと味見した。白飯に乗せたら効果絶大であろう味だった。
 他に、ごま塩も置いてあった。
 こういうサービスって嬉しいね。

 夜がまた、良さそうだ。Gen_inside_2

にほんブログ村 グルメブログへ

釜飯玄 釜飯 / 三ノ輪橋駅三ノ輪駅荒川一中前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漢方油そば>「帝旺」

Teiou_outside  最寄り駅は丸ノ内線新大塚。住所は南大塚3丁目。
 “辛油そば”の暖簾に惹かれて入店。

 入ったら“漢方”だって。よけい惹かれてしまう。Sal_point
 ならばとさらに健康に良さそうなネバネバ辛し油そばを注文。トロロ芋、オクラ、納豆がトッピングされたものだ。Nebaneba
 混ぜると重い。しっかり押さえていないと、かき回す際、丼が回ってしまうほど。
 適度な甘さとコクのタレ。もっちりと柔らかめに茹でられた太麺とからまって食べ応えあり。けれど、くどくない。トッピングの妙もあるに違いない。糸を引くのにスムース。そしてまろやか。
 途中で、自家製辣油やお酢を加えて、変化を愉しむ。

 味付き焼餃子がテイクアウト可能とのことで、晩酌のアテに求めるかマジに悩んだが止めた。ちょっと後悔。

 Web情報によると、ラーメン系も美味しそう。再訪あるな、これは。

Menu2 Menu

麺屋 帝旺 ラーメン / 新大塚駅大塚駅前駅向原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木の丘

 六本木の丘、そのてっぺんに登ったんだ。Rhills
 そこは“SKY DECK”と呼ばれていた。Sd_kanban
 緑地にオレンジラインの“H”、ヘリポートだ。Herip
 東京タワー。Tkytw
 その右手に一ノ橋ジャンクション。Ichinohashijct  レインボー・ブリッジのさらに向こうに見える建設中の橋は何だろう?

 泉ガーデンの深緑。Skytree  左にSky-Tree。

 新宿副都心。Tocyo  手前は青山霊園。左が明治神宮・代々木公園。右の緑は新宿御苑。

 富士山も見えた。Mtfuji  色々なランドマークタワーも。

 ベンチでくつろぐカップル。Skydeck  東京中を見わたしたこの後、彼らは何処に行くのだろう?

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「尾崎幸隆」@麻布十番

Ozaki_outside1  この店名は尾崎畜産さんの「尾崎」と築地鮪仲卸「やま幸」さんの下の名前「幸隆」を合わせたものだとか。

 『食べログ』で“尾崎牛”をキーワードに検索してみて!
 どう? 「キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ 」とか、錚々たるお店が出てくるはず……。
 「やま幸」もメディアで紹介されたりする有名な鮪専門仲卸。

 宮崎の尾崎牛と築地仲卸「やま幸」から仕入れる本鮪、それぞれに職人を立て、コースで勝負するお店、それがこの「尾崎幸隆」。
 尾崎牛、口蹄疫騒ぎで手に入らなかった事もあったらしいが、この日はありましたよ~。

 カウンターに案内されると、そこに「おしながき」が置かれている。
Menu  期待高まっちゃうよね。

 ではでは野暮な説明はぬきにして――

■先付け5種Sakiduke

■お凌ぎ・鉄火丼Osinogi  背側の首筋辺りの部位“突先”を使用。脂の加減が良い感じ。

■お椀・牡蠣真薯Owan

■お造り・平目と雲丹Otukuri  海苔は雲丹に合わせる。下の四角ものは海草の煮こごり状に固めたもの。

■中皿・尾崎牛の叩きCyuzara

■お口直し・林檎のソルベKuchinaoshi

■寿司・鮪二貫Sushi  この日は北海道松前産。大間と漁場がかぶる。

■蒸し物・鮟鱇のかぶら蒸しMushimono

 無農薬でかつ、食べる直前に摘むのでみずみずしい、根付き水耕栽培――活菜――のサラダをはさんで、

■焼き物・尾崎牛ロースの鉄板焼きYakimono  たまたま鉄板の正面の席だった。もう、音が美味しいから。

■お食事Syokuji  羽釜で炊いたご飯が2種。佐渡の棚田米と茨城のミルキークイーン。どちらも甘い。美味い。

■トリュフと温泉玉子ご飯Trfost_gohan  凄い贅沢な玉子ご飯だ~。トリュフって玉子に合うよね。

■甘味・杏仁豆腐とドライフルーツの焼き菓子Kanmi

 アルコールの類もセレクションにこだわりがあるようだ。
 この日はニュージーランド、マールボロのソーヴィニヨン・ブラン「CLOUDY BAY」2008を通して飲んでいて、ちょうどロース鉄板焼きの時になくなって、グラスの赤をもらった。この赤は長野県松本市小岩井十二原のメルロー。

Ozaki_outside2  ちょっとWebで調べたら、ラーメン王石上氏のブログにもこちらのお店が載っていた。
 麻布十番の奥まった露地にある当店、探してでも行く価値あり。

にほんブログ村 グルメブログへ

尾崎幸隆 魚介・海鮮料理 / 麻布十番駅六本木駅赤羽橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

聖蹟桜ヶ丘→分倍河原→府中の森公園→武蔵小金井

 12021歩

 前回前々回と麺食いはしごランチを記した。今回はその前後の風景を掻い摘んで紹介しようかと。

 スタートは京王線聖蹟桜ヶ丘駅。そこから北へ。
 多摩川縁を歩いて、関戸橋へ。Tmgw_sekido

 分梅道に入って中央自動車道をくぐった。Tyojdsdo_sita

 「よし木」で蕎麦を食べて、分倍河原駅東の踏切を渡り、旧甲州街道を東へ。
 大国魂神社。銀杏の黄が目に飛び込んできた。Okunitamaj

 「八海」でラーメンを食べて、北上。
 府中の森公園。こちらは楓の紅が目に刺さる。Hutyuf_1

 府中の森公園からもう一枚。Hutyuf_2

 あとは小金井街道をまっすぐ。東八道路を渡ってずっと行く。
 野川。草々に惹かれてこんな感じで撮ってみた。Nogawa

 坂も紹介しておこう。妙貫坂。Myoukan_sl

 ゴールは武蔵小金井駅。その直前、連雀通りからちょっと入ったところ、1707(宝永4)年からある六地蔵。
 こちらから美味しい水が湧き上がっていて「黄金の水」と言われている。Rokujizo

 狙ったわけではないのだけれど、河に吹く風、あざやかに彩付いた木々、季節を感じる散歩になった。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八海」@府中競馬正門前

Hakkai_outside  旧甲州街道沿い。美味い塩ラーメンがあるというので寄らせてもらった。前回「よし木」からのはしごランチ。ほんとう、この日のランチは充実した麺食いだった。

Menu_1  定食の類もある。今週の定食は「韮菜肉絲(豚肉とニラ・野菜の炒め)」ライス,スープ,壺漬け付き¥840。
 隣のおじさんは、チャーハンに上湯スープの水餃子。そちらも美味そう!

 いやいや、狙いぶれることなく塩ラーメン¥520を注文Sio_ramen
 絹さやの緑が映える、透明度抜群のスープ。動物系、メインは鶏ガラかな。モンゴル岩塩が効いているのか、インパクトがしっかりあって、それでいて優しい後味。
 写真では判りにくいが、チャーシューが分厚い。1cmくらいあった。トッピングのバランスがまた良い。Menu_2

 自分が入った時が来客の谷間だったようだ。すぐに満席となり、店外に待ち人が発生。
 ご家族グループもあった。
 オールマイティに使える中華屋さんで、これだけとんがった塩ラーメンを出すとは……。他のメニューもHigh-gradeに違いない。
 次回は、水餃子とマレーシア風の八海ヤキソバだ!

にほんブログ村 グルメブログへ

八海ラーメン ラーメン / 府中競馬正門前駅東府中駅府中駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »