« 「L'EMBELLIR (ランベリー)」 Part1 | トップページ | 「Label cafe」@麻布十番 »

「L'EMBELLIR (ランベリー)」 Part2

Lem_ins “Passion”コースづづき。メインに入るぞ――

■真冬の高級魚“マナガツオ”のロティ,ホオズキのコンフィと牛蒡のヴィネグレットManakatuo  赤ワインで煮込まれてた牛蒡、との解説あり。(スタッフさんによる解説はどれも親切&簡潔)
 自分、ホオズキ食べたのは初めてかも。
 焼き方絶妙“マナガツオ”。牛蒡、ホオズキとの相性も良い。

■真鴨の炭火焼き ソース・サルミMagamo  日本産の真鴨。鉄砲を使用しない網取り。血が固まらない所為か肉質が良い。今まで経験してきた鴨肉の中で最高の香りと食感だった。
 鴨の肝をつかったソースがまた絶品で……。パンで拭って食べた。

 ワインが残っていたので、コースとは別にチーズをオーダーした。

■チーズ盛り合わせCheese  チーズは牛/羊、ハード/カビ、10種類ほどが準備されていた。
 そこから、好きなだけ選べる。

 チーズを囓りつつ、ワインをなめつつ、のんびりするも、“Passion”の“熱”はそうそう冷めそうにない。
 コースに戻って――

■デザート前の一品Avant_d  美しい。しばし見とれる。

■柑橘のサヴァラン アールグレイのグラスSabaran  サバランは大人のケーキの印象がある。これって自分だけ?

■エスプレッソと小菓子Caffee  綺麗に並んでいるのは角砂糖。
 この後、小菓子が追加でサーブされたのだが、写真は省略。棒状のマシュマロが変わっていた。提携店さんのものらしい。

■最後の口直しSu_drink  写真だと大きさが判らないかも知れない。ショットグラスより若干大きいグラスだ。中身はお酢のジュース(何果物のお酢だったか忘れた)。

■おみやげOmiya  会計時に手渡された。中はナイショ。

 以上が、「ランベリー」での一夜。

 玄関先で見送られ、お店をあとに。
 冷たい雪に体をすぼませて、けれど“情熱(Passion)”にあたって足取りはふわふわと、表参道駅までの道のりを歩いた。(えっ? 単に酔っていただけだろうってか? コラ!)

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

 

|

« 「L'EMBELLIR (ランベリー)」 Part1 | トップページ | 「Label cafe」@麻布十番 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/38885380

この記事へのトラックバック一覧です: 「L'EMBELLIR (ランベリー)」 Part2:

« 「L'EMBELLIR (ランベリー)」 Part1 | トップページ | 「Label cafe」@麻布十番 »