« 夜桜 | トップページ | やっぱり "定食" だね@「入谷食堂」 »

“奇跡”@「メルヴェイユ」

 

 店名、正式にはAu gout du jour merveille
 ホームページを開けると『“奇跡”という名の空間へ、ようこそ。』との文字が浮かび上がる。
 日本橋の路地裏、さくら通りの裏筋の――かつて「箔屋町」と呼ばれていた――所にその“奇跡”という名の空間はある。

 節電モードで暗く、綺麗にお店外観が撮れなかった。なので外からの写真はなし。

Menu_s  スペシャルコースでお肉料理を変えて、という無理をお願いしてしまった。
 スタッフさんの説明を聴くうちに、別のコースに組み込まれた肉料理がどうしても食べたくなったのだ。

■アミューズAmuse  クレームブリュレみたいだが、もちろん中身が異なる。何だっけ? 美味しかったことは間違いないけど。

■オードブルⅠO_1  トップのホタルイカは焼いてはいなかったと思う。奥に帆立などが忍ばせてあって、そちらがグリエされていた。ピンクペッパーが見た目にも風味的にも効いていた。

□パンとバターBread  写真を撮る前に相方にバターを少し取られちゃった。

■オードブルⅡO_2  筍も旬だ。ホワイトアスパラがトウモロコシみたいな甘味で驚いた。

■オードブルⅢO_3  もはやアートだね。写真のアングルが悩ましかったひと皿。
 味の方はソース(イチジクだったか?)の甘さと酸味が絶妙で濃厚なフォアグラを引き立てていた。あぁ、月並みなコメントだ。

■お魚料理Sakana  スタッフさんが丁寧に説明してくれたのに、忘れてしまった。確か皮めに海老のソース(スープ?)が薄くぬられて香ばしさをUpさせる技が使われているとか。

 この時点でワイン――「Krin Pinot Blance '08」¥6500――空けちゃっていた。
Wine2  こちらは2本目のワイン。 香りが華やかになったのだけれど、先のものと比べると軽めで……。
 赤ワインは軽いものから重たいものへと飲み進めた方が良いようだ。飲み足りないような気分になっちゃう。って、自分だけ?

Pork  料理途中のお肉が運ばれて来て、お披露目。下に敷かれている藁に注目。
 この肉がさらに加熱されて、切り分けられるそうだ。

 入れ替わりにサーブされたのが、お口直しの一品。Kutinaosi  シャーベット。

 ここで言い添えたいことがある。写真奥のもの。白ワインでない。
 福島県奥会津地方の天然発泡水だ。Water
 会津の山で漉されたミネラルウォーター。日本国内で自然発泡しているものは極めて珍しい。

 さて、肉料理。
■その日の銘柄豚のロースト 藁の香り シェリービネガーソースD_pork  銘柄豚、この日はハンガリーの国家遺産、食べられる国宝だ
 心して食べた。

 ワインが残っていたので――
□チーズたちChees  右の茶褐色のものはビールで洗ったものだとか。
 ……チーズについては本当に勉強不足で、満足のいくコメントができない。
 もちろん、これ全部食べたわけではないよ

■デザートⅠ,ⅡDessert1 Dessert2
 美味しさを写真の加工で表現した(↑クリックで拡大)。……って、伝わらないか。

■食後の小菓子Okashi  見た目普通なので写真は撮っていないのだが、実はコーヒーの品揃えがユニークで。
C_menu_rC_menu_l   これも嬉しい驚きだった。

 最後にプリフィックスコースのメニュー表を。Menu_b

 いやぁ、素晴らしい味とサービスだった。
 奥の個室に案内されたのが、またラッキーだった。
 “merveille”は“不思議”とも訳せる。
 不思議の国に迷い込んだアリスのように、驚異の冒険をした気分だ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

オーグードゥジュール メルヴェイユ フレンチ / 日本橋駅京橋駅宝町駅
夜総合点★★★★ 4.0

|

« 夜桜 | トップページ | やっぱり "定食" だね@「入谷食堂」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/39646443

この記事へのトラックバック一覧です: “奇跡”@「メルヴェイユ」:

« 夜桜 | トップページ | やっぱり "定食" だね@「入谷食堂」 »