« 六本木で和定食@「のりの」 | トップページ | 東京の階段(やっぱりその2) »

銀座のはずれのスペインバル

 

 住所は銀座1丁目になる。新富町駅からも近い、昭和通り沿い。銀座の喧噪から離れたところにあるスペインバルEL CERDOElcerdo_outs
 写真は、節電モードであろうか、看板の照明が灯ってない。

 メニューの写真を撮り逃して、お料理の名前が定かでない。ご容赦あれ。
 ずらずらと並べてみる。

■お通しOtoshi  写真は二人前、一口サイズの小さなもの。裏手のオレンジ色はウニ。

■アーモンドと岩塩Almond  少し残してしまって、持ち帰りたいと言ったら、綺麗にアルミホイルに包んでくれた。

■ハチノスのトリッパDish01  ハチノス=牛の第二胃ね。定番メニュー。

■ホワイトアスパラの料理Dish02  何かちゃんとした料理名が付いていたのだけれど……。
 こちらのお店、イベリコ豚がウリの一つ。このハムもイベリコ豚のものと推測。中央の白いものは玉子。温泉玉子と半熟玉子の中間くらいの、トロトロ。

■レバーペーストDish03  これも定番。
 こちらのレバーペーストには干しブドウが合わせられている。初体験の組み合わせだった。

■サラダ的なものを……と注文Dish04  料理名忘れ。中央のものはタラコ(明太子ではなかったと思う)。見目麗しい。けれどタラコのおかげかワインにも合って――

 一本空けちゃってる。
■スペイン産のシラー 『ペルナレス』Wine_btl

■一口コロッケDish05  もう一つ乗っていたのだけれど、撮る前に食べちゃった。

■イベリコ豚Dish06  付け合わせのお野菜たちも良い感じ。
 脂が美味いよね。ワサビでその甘味がいっそう引き立つよ。

■これに合わせたワイン 『ラッチ・デ・ライム』Wine_btl2  自然派(有機栽培)のワイナリー「セリェール・ピニョル」の作。ベリー香が清々しいミディアムボディ。

■イカ墨のパエリアDish07  リゾット風な感じ。コクがあって“やめられない止まらない♪”旨さ。
 パエリアは他に2種用意されていて、どれにしようか迷っての選択だった。

 立地からかほっと落ちつき、そして和んだ雰囲で気取らずにのんびりと、良質のスペイン料理とワインが愉しめるお店だった。Wine

 おまけに『ラッチ・デ・ライム』の裏ラベルにあった商社、株式会社モトックスのページをリンクしておく。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

エル・セルド スペイン料理 / 宝町駅銀座一丁目駅京橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

|

« 六本木で和定食@「のりの」 | トップページ | 東京の階段(やっぱりその2) »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/39503700

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のはずれのスペインバル:

« 六本木で和定食@「のりの」 | トップページ | 東京の階段(やっぱりその2) »