« 米粉パスタ専門店「かくれん穂゛」 | トップページ | R-25 @ 「バリ男」 »

子規麺 @ 「なかや」

 

 正岡子規は、死の間際まで己の職を全うした偉い人。「生涯現役」などとうそぶいている自分が尊敬する人物だ。
 だから、店先の張り紙、『子規麺』が気になった。Nakaya_outs

 こちらのお店、最寄り駅は三ノ輪だが、住所は台東区根岸になる。
 根岸には子規の終の棲家となった「子規庵」があって、その地元という絡みから『子規麺』なる物を提供しているのだと想像する。けれど「子規」の名を借りておきながら、くだらない料理を出されては、子規ファンとしては納得の行かないことになる……。
 ここは、確認せねばなるまい。

 帰宅後ネットであたったが、『食べログ』以外からの情報はつかめない。
Nakaya_ins  店内にあった張り紙から情報をかいつまんで――

 麺、ワンタンの皮、いずれも自家製。(味噌も自家製ブレンドのようだ)
 麺の量は“大盛り”“普通”“半分”と選べて、値段はいっしょ。
 また、辛口かみなり味噌ラーメンの辛さが5段階から選べたり、ラーメンスープに背脂をかけることが別注できたりと、自由度が高い。
 セットメニューもある――。半チャンラーメン¥700、ぎょうざセット(餃子3ヶ、醤油or塩ラーメン、小ライス)¥800、チャーハンとワンタンスープ(小)など。
 サイドメニューもあって、メンマごはん¥170、やきぶたごはん¥170の他、ラーメンおにぎり(ラーメンのタレで味付けしたおにぎり、ちゅーシュー、メンマ、ネギ入り)¥130、なんてものまで。

 さて、
■子規麺(塩)¥690Sikimen_sio  醤油、塩が選べるのだが、塩にした。
 挽かれた白ごまがスープにひろがっている。まず、このルックスにやられた。
 スープの味は、ゆっくり馴染んでゆくような柔らかさ。ごまの風味とコクが控えめながらも良い塩梅で利いている。
 麺は東京支那ソバの王道を行くような細ちぢれ麺。スープに絡んで、ごまを絡めて、持ってくる。
 写真では見えづらいが、具は他にメンマが入っている。すっきりした構成だ。

Table  ホールの方が、昆布の佃煮と下ろしニンニクを持ってきた。テーブルにはらー油やお酢がある。
 実は子規麺の張り紙には『らー油、お酢、にんにく 自分なりにアレンジしてみてください』とあった。ベースが優しく甘い作りなので、これらとの相性は抜群なのだ。
 自分、ニンニクとコショウでいったが、優しさの中にキリッとしたエッジが立って、また美味かった。

 凄い。

 子規とごまのつながりは ? であるが、美味しいからOK。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

なかや ラーメン / 三ノ輪駅入谷駅三ノ輪橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 米粉パスタ専門店「かくれん穂゛」 | トップページ | R-25 @ 「バリ男」 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/40147754

この記事へのトラックバック一覧です: 子規麺 @ 「なかや」:

« 米粉パスタ専門店「かくれん穂゛」 | トップページ | R-25 @ 「バリ男」 »