« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

「下総屋」@ 本所吾妻橋

 

 台東区「入谷食堂」の回で記した資料『東京・横浜 百年食堂』には、両国の「下総屋」が載っているのだが、こちらはさらに浅草側に寄って、本所吾妻橋駅にほど近い下総屋
 某ブログでは、昭和30年代創業とのことだが、自分がお店の従業員から聞き出したのは“昭和5年創業”だとか。
 ……まぁ、要は古いってことで。

 こちら店前から、東京スカイツリーがばっちり見える(写真は5月時点の景観だけど)。
 その写真をラストに、ずら~っと――パノラマ風に?――画を並べてみる。

Simosa_outs Kanban_2 Kondateh Motunit Motuni Simosa_ins Simosa_outs2_3 Skytree

 

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「88 Caffe」@ 神田

 

88cafe_outs 店名から気がつく方がいらっしゃるかな?
 「88」⇒「八十八」⇒「米」、ということでお米、さらには日本の食文化自体に目を向けた、こだわり志向のカフェバーである。
 ガラス張りのオサレな外観からはちょっと想像できないかも知れないが、88 Cafeはそんな実直なお店。
 店名からお店のホームページをリンクしておく。その真摯なこだわりが読み取れると思う。

■豆乳冷麺(Set)¥880Tnrm

 麺は、新潟県産米粉専用米「越のかおり」の“ライスヌードル”にて注文した。他に一般的な“「Pho(フォー)”が選べる。

 ―― 最近、米粉が注目されている。
 店のホームページからの受入だが、小麦粉の麺と比べて「低脂質」「低タンパク」「低カロリー」。それでいて腹持ちが良い。

Lunchm_up Lunchm_dw


 冷製豆乳スープは夏場の限定メニューだが、デフォルトで5種類のスープが選べ、ハーフサイズもオーダーできたりと自由度高し。
 他に米粉のお好み焼きとか、魅力的なメニューもいっぱいある。もちろんBarメニューも。
 女性にもウケるにちがいない。(実際、女性のお一人様がいらしていた)。
 土日営業も助かるし、通し営業もありがたいし、平日は7:30オープンだし。

 良い店見つけた。Coffee

 

にほんブログ村 グルメブログへ

エイティーエイト カフェアンドバー カフェ / 神田駅淡路町駅小川町駅
昼総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「元喜」 @ 千石

 

 千石にある人気のうどん屋さん元喜に行ってきた。
Genki_outs


 讃岐仕様のまっとうなうどんを提供する優良店。店名からAllaboutの解説記事をリンクしておいた。

 メニュー豊富で迷うが、冷たいぶっかけうどんが欲しくなった。
 食いしん坊な自分が注文したのがこちら。

■元喜盛りぶっかけ(冷)Udon

 かしわ天、ちくわ天、エビ天まで付いた豪華版だ。
 うどんは、評判違わずツルツルシコシコ。美味しかった。

 カウンタ横手に串に刺さったおでん(讃岐式らしい)が常備されている。こちらのおでんはセルフサービス。何本食べたかは、会計時自己申告する習わしだ。
 値段チェックし忘れたが、Allabou記事によると一串100円。お手頃価格なので、うどんが茹で上がって出てくるまで、一串二串、つまんで待つのが宜しかろう。

Menu00

 

にほんブログ村 グルメブログへ

讃岐饂飩 元喜 うどん / 千石駅巣鴨駅本駒込駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Roma or Napoli ?

 

 ピザが食べたくなった。
 生地の違いで、もっちりとしたナポリ風、かりっとしたローマ風、好みの別れるところかも知れないが、自分はどちらも好きだ。

Gianicolo_os


 麻布十番、パティオの赤い靴の女の子から見ると右手筋向かいの地階に、Gianicolo(ジャニコロ)がある。
 店内、白い焼き窯が目をひく。ナポリのマリオ・アクントという老舗のものらしい。Kama



 窯はナポリ製だが、店主さんはローマに本店を構えるあの『サバティーニ』を経て来られていて、こちらでは、クリスピーなローマ風のピザを食べることができる。

 この日はアラカルトで舌の向くまま、胃の欲するまま、注文した。

 まずはイタリアのビールMorettiMoretti


 “とうもろこし”が入っていて、コクと甘みが強い。

 この後、白ワインに変わった。
 レギュラーワインは店名からリンクを貼ったホームページを参照してもらいたい。店主さんがソムリエということで、ツボを押さえた品揃えだ。
 この日いただいたのは、メニューにのっていないもの。イタリア産のプラネタ・シャルドネ 2008。

 では、いただいたメニューをずらずらと――。

■イタリア産オリーブとドライトマトの香草マリネOlv

■水牛のモッツァレラチーズをエキストラヴァージンオイルで(1/2個)Mzrc_tm

■千葉県産コレナイ豚の窯焼きサルシッチャButass


 「サルシッチャ」というのは生ソーセージの事、熟成させることはあるみたいだけれど、薫製にはしない。イタリアではこのタイプが一般的らしい。

 ピザばかりでなく、窯焼き料理も人気が高い。
 この日は新鮮なヤングコーンが入っていたので焼いてもらった。Yc_ky01


 ソースはバーニャカウダ風。

Yc_ky02


 中身も美味いが、ひげ状の部分、薄皮状の部分が独特の食感と香ばしさで驚いた。

■ビアンケッティ(シラス・トマト・アンチョビ・ニンニク)Bianketti

■サルモーネ(サーモン・生クリーム・チェリートマト・モッツァレラ)Salmone

■ピエモンテ風ボネBone

■ゴルゴンゾーラのベイクドチーズケーキCheezc

■本日のアイスクリーム(何だったけ? 忘却御免)Icecream

 他に、スパゲティなどもある。
 豊富なメニュー、お店のホームページを見ていただきたい(お値段確認にも)。

 ローマの下町を意識したという内装も良い感じ。
 梁(はり)に掘られたレリーフが美しかった。Relief

 

にほんブログ村 グルメブログへ

ジャニコロ ピザ / 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初体験 < CIRQUE DU SOLEIL

 

 「忙しい忙しい」と言っている隙間をぬって、CIRQUE DU SOLEIL「KOOZA」を観てきた。
 サーカスをきちんと観たことがなかった。故に、念願のことであった。Kanban

 追加公演のアナウンスを聞き、速攻でWeb予約。それでも中央付近の席は既に埋まっており、やや横手方向の席になってしまったのだが、前から4列目のシートだったので、ピエロさんらの表情もはっきり見える、好ポジションだった。

 いやいや、そのピエロさんらにやられてしまった。
 好ポジションであった所為か、ステージに引きずり出されてしまったのだ。
 ズボンの裾をまくられて、手をつないでスキップし、キスをされて(もうこの辺から記憶が曖昧だ)……と散々いじくられて、最後は魔法の杖で電撃ショックを受け気絶してしまった。
 おい、出演料くれよ!

 それにしてもすごい迫力だった。手に汗握る、ハラハラドキドキのステージ。しかしこれが連続していたら、げんなりしてしまうのだろうな。合間に入る、ピエロが繰りひろげる滑稽な寸劇があってサーカスが成り立っているのだ。
 何事もそうだけれども、緩急のバランス、大切だね。

 ストーリー性ある展開も、ちょっと驚きだった。サーカスってストーリーある“劇”だったの?
 休憩30分を含み、トータル2時間半におよぶ物語。前半が人間の善性を表現し、後半は人間の悪性からスタートして、最後は統合昇華される、と云う骨太なストーリーだ。
 衣装デザインも良かったし、音楽も良かったし、舞台装置も愉しかった。

 コスチュームの下にサポーターやテーピングを施した演者らが何人にもいた。ツアーが長引いて満身創痍なのかな。そんな躰であっても、最高のパフォーマンスを提供するプロ根性。素晴らしい。
 超一級のエンターテイメントであった。

Kooza

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CYABUYA Zutto Branch」@四谷三丁目

 

 『ちゃぶ屋』の新ブランドZutto Branch初号店。Zuttobr_outs
 『ちゃぶ屋』と言えば系列店「MIST」@香港がミシュランの★を獲ったことで有名。
 しかし今、プロデューサー森住氏の力点はスピルリナ麺に向かっているよう。こちら、油そばの専門店「Zutto Branch」でも、そのスピルリナ麺がいただける。Kaisetsu

■ 特 スピルリナ麺のうまみそば ¥950Supiruna

 うむ、変なクセはない。喉ごしスムースな美味しい麺である。
 健康食品として優れているとのことだけれども、味・食感で言えば、他の麺と比べてのアドバンテージはない。

Table  それにしても、さすが『ちゃぶ屋』系列。店舗デザインが良い感じだ。
 テーブルの上のアイテムも、必要充分にして、小洒落ている。

 麺を待つあいだ、鶏出汁スープが提供されるサービスも良い(白いカップの中にスープが入っている)。Toridashi  カップのデザイン含め、サービスが演出と一体となっている。

 夏場は“冷やし”も提供されている。また寄ってみよう。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

ちゃぶ屋 ズット ブランチ 四ツ谷店ラーメン / 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生駒」@錦糸町

 

Ikoma_outs  @錦糸町としたけれど、R14京葉道路と三ッ目通りの交差点に位置するこちらのお店、菊川からも近いし、大江戸線両国駅からもさほど遠くない。
 ランチで幾度かおじゃましている。

 両国らしく、店内には相撲関連の飾りが多い。番付表も貼られている。Ikoma_ins1

■生駒特製 スタミナラーメン定食Sutaminart  ニンニクが効いた甘辛あんがあとをひく。
 水餃子がまた美味い。これ故に、サービスセットを注文したくなる。
 果物も付くし、栄養バランス的にも良さそう。

 ランチサービスメニューは他に色々ある。Menu02

 何しろ、メニューは豊富。Menu01 Ikoma_ins2_2

 先日、夏場の麺メニューが登場。Menu03

■冷やし坦々麺Rstantanm  好みによるが、卓上のお酢を入れるとまた美味。

 暑い夏の到来。
 冷製麺が欲しくなる~。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

生駒 台湾料理 / 菊川駅錦糸町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーセージ&ビール@COREDO日本橋

 

 COREDO日本橋には以前から平田牧場のトンカツ主体のレストランが入っていた。今年5月16日、それとはまた別にカフェスタイルの平牧店舗「ヒラボクカフェ」がオープンした。Sb_outs
 散歩の休憩がてら、ぶらりと寄るのにちょうど良い感じだ。

 この日いただいたのは穴あきドッグとラフランスジュースのセット¥900Anaakidg
 このしっかりしたパン生地、意外に好みだ。

 ――ラフランス以外のソフトドリンクでなら¥650と、ぐっとお安くなったのだけれど、何故かラフランスジュースが飲みたくなって。Lafrance

Menu_1uMenu_1d_2  ビールやワインもある。それに合わせる平田牧場ならではメニューもあるし、ちょいと一杯、って感じでも使える。Menu_2u Menu_2d

 健康志向のカフェで、保存料や化学調味料は使用せず、食材も国内産にこだわっているのだそうだ。
 全席禁煙だし。

 え? 窓の景色が気になる?
 COREDO日本橋の御前、日本橋2丁目7番地が大がかりな再開発に入っているのだ。今はさらし地になってしまっているけれど、これからどう変貌していくのか。それを ‘ぼぅ’っと観察するにも、この「ヒラボクカフェ」は打って付けだ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

ソーセージ&ビール 平田牧場 ビアバー / 日本橋駅三越前駅茅場町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「不知火」@西早稲田

 

Siranui_os_2  事前情報なし。例により徘徊中に吸い込まれてしまったお店。不知火と書いて「しらぬい」と読む。あしからず。
 メニューのバリエーションは、豚骨魚粉投入系‘中華そば’と‘つけ麺’の他、マー油を効かした‘黒’、桜エビ(?)粉末を効かした‘白’、牛脂を効かした‘赤’とあるらしい。
Menu  基本は九州風の豚骨スープで、麺もつけ麺を除き、あの極細麺。

 注文したのは‘白 全部入り’¥1000Raumen

 無料サービスで中盛り1.5玉が選べるが、自分は普通盛りにした。
 極細麺と知らなかったのだ。1.5玉でも軽くいけたと思う。ちょっと後悔。

 全部入り、よもやすると、とっちらかった印象になるが、いろいろな味が愉しめて良かった。
 九州豚骨系のラーメンでありながら――あの極細ストレートで――“塩”ラーメンとして成立している印象。海老粉を使うアイディアも良いと思う。

Counter  ここ西早稲田商店会は、古くから一風堂が店を構え、ラーメン激戦区のひとつとして知られる。ここで生き残ってきただけのことはある。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

不知火 ラーメン / 面影橋駅西早稲田駅早稲田駅(都電)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »