« 箱崎の老舗>「栄楽」 | トップページ | 竹打ち麺「十八番」 @ 環7・野方 »

「すぺいん亭」 @ バルセロナ(うそ)

 埼玉県は川越に暮らしていた当時、何度かお邪魔したことのある「西班牙市場」。久々にうかがったらすぺいん亭と名前を変えていた。

Spaintei_outs
 表の看板と目印の大型パエリア鍋はそのままだったけれど。

 オーナーシェフは、スペインのパエヤコンテスト国際部門で3年連続優勝の実力派。本格的なスペイン料理が、ファンタジックな内装の下でいただける。子どもを連れてきてもうけるし、デートでもOK。お一人様での利用はどうかと思うが、意外と(失礼!)使える。

1f_inside_1
1f_inside_2

 ディナー、4人で訪問した。オーダーは¥5000のコース。
 写真は、ほとんどが4人分のポーションなのでご含みおきを。

 駐車場完備。でも車で来たらアルコールはNGなので……

■ソフトドリンクいろいろSoft_drink
 左からフレッシュライムソーダ、生オレンジソーダ、フルーツソーダ。いずれも¥600。
 オレンジはスペイン・バレンシアのものを使用しているらしい。

 コースの始まり。
■ハモン・セラーノJamn_serrano
 いわゆる生ハム。

■タパス その1Tapas_01

■タパス その2Tapas_02
 4人分だから、見た目、ゴージャスかな?
 あぁ、見た目だけじゃなくて、本当に豪華。
 色々な味が愉しめる。

■マッシュルームのワイン煮Mushroom
 4人分でもう一つ包みパンが付いている(フレームアウト)。アルミホイルでくるんで焼くとしっとり感が損なわれないようだ。
 個人的には、このワイン煮、どストライクだった。

■バスク風 カニのグラタンKanigura
 こちらの写真は1人前。
 和風会席料理で似たフォルムの料理を見たことがあるが、それとは明らかに異なる逸品。
 カニ身がたっぷり、風味も味も濃厚。

■仔羊の鉄板焼きLamb
 骨の部分を持って、かぶりつく。
 タパスからエレガントな料理がつづいて、ここでワイルドな料理となる。
 考えられたコース構成。自然と会話がはずむ。

■葡萄入りのガスパチョGazpacho
 こちらの写真もひとり分。
 酸っぱいスープのガスパチョに甘い葡萄が添えられている。
 葡萄、何かお洋酒に漬けられていたか? 美味。

■魚介のパエヤPaella
 大鍋で供されて、みんなでシェアする。
 こういうのもスペイン料理の醍醐味かと。

 デザート・タイムで2階席へ移動。
 1階からの吹き抜けを取り囲むカフェテラス的仕様に2階席が設えてある。2f_inside_1
 1階席でのきらびやかな内装に取り囲まれた非日常的感覚がクールダウンして、ゆっくりと落ちついた感じが出てくる。
 こちらから内装を見ても圧巻なのだけれど。2f_inside_2

■デザートSweets
 コース設定では写真右の、上にアイスクリームが乗ったものなのだが、無理を言って他のコースのクレームブリュレに(2名分を)チェンジした。

■コーヒーCoffee

 今回は、ちょっとアルコールを控えたが(いや、そこそこ呑んだけれど)、地下にワイン蔵を有し、スペインワインの品揃えが豊富。
 ワイン好きの方は、そちらの愉しみもある。

 お酒を呑まなくとも、このファンタジックな雰囲気に酔っちゃうけどね。

 

Restaurante すぺいん亭スペイン料理 / 西川越駅川越市駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 箱崎の老舗>「栄楽」 | トップページ | 竹打ち麺「十八番」 @ 環7・野方 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/43882423

この記事へのトラックバック一覧です: 「すぺいん亭」 @ バルセロナ(うそ):

« 箱崎の老舗>「栄楽」 | トップページ | 竹打ち麺「十八番」 @ 環7・野方 »