« 「匠」 @ 秋葉原 | トップページ | “エスカロップ”って? > 「ふうれん」 »

久々の > 「どん底」

 

 仲間内の新年会。
 昔よく行っていた新宿三丁目に集まって呑んで、の2軒目。

 蔦のからまるどん底へ久しぶりに行った。Kanban
 このメンツで行くのは初めてだけれど、複数名が行ったことがあるとのこと。自分は24,5歳の時分に訪れたことがあった。
 要は、新宿の老舗であり、有名店で、酒が飲めるようになった頃にはその噂――三島由紀夫が通ったとか、石原慎太郎が出没したとか――を聞き、一度は行ってみたいと焦がれた店なのである。

 あぁ、なんか青春時代だな~。

■ドンカクDonkak

■お通しToushi

■ロシア漬け(←と「どん底」では言う、自家製のピクルス)Pickles

■手前は何だったか? 奥はソーセージの盛り合わせSausages

■たぶん、唐揚げKaraage

■ミックスピザ (M)Pizza

 「どん底」はスペインにも支店があるんだって。ちょっと驚く。
 けれど、新宿の「どん底」は変わらない。
 こういう、青春時代に戻れる酒場って貴重だ。Lamp
 ―― いつまでも変わらずに、ここにあって欲しい。

 

 東京文学散歩のホームページ『東京紅團』の「五木寛之の新宿を歩く」の回に「どん底」が紹介されていた。おまけにリンクしておく。
 「どん底」がオープンした昭和26年当時の新宿が垣間見れらる。

 

どん底ダイニングバー / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 「匠」 @ 秋葉原 | トップページ | “エスカロップ”って? > 「ふうれん」 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/43913982

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の > 「どん底」:

« 「匠」 @ 秋葉原 | トップページ | “エスカロップ”って? > 「ふうれん」 »