« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

「ジャンプ」!? @ 代々木上原

 

 代々木上原、はしご3軒目。

 日本酒が美味しく呑める和食居酒屋筆頭「笹吟」から、カジュアルさと実力が同居する串焼き「酉吉」。つづいて、代々木上原1000ベロ系にして手抜きのない「ジャンプ」へと乗り込んだ。
 良くもまぁ、これだけベクトルの違う――ベクトルの方向は違うけれど、その力量絶対値は甲乙付けがたい――お店を一夜でまわったものだ。贅沢なことをしたと思う。
 もっと、じっくり腰を据えて呑むべきだったなぁ。

 さぁ、ジャンプである。
 マンガ雑誌ではないよ、変な店名だけれど。

 見よ、この目くるめく短冊たちを。Jump_ins

 見よ、なみなみと継がれたお湯割りを。Toshi
 (手前、枝豆はこの日の通し)

 マカロニサラダ。Macaronis

 モツ煮込みMotuni

 鯵フライAjif

 馬刺しBasahi

 いずれも定番の居酒屋メニューだが、お店によっては無かったりする。
 馬刺しが、ルイベ状でなく、柔らかい状態で提供されたことは、書き残しておくべきだろう。

 ボンゴレうどん ¥600Vongoleu
 こんな創作系まである。
 これ、あさり出汁の利き方から、うどんの歯応えまで、なかなかの完成度である。

 いや~、Deepだぁ、代々木上原!Jump_outs2

 失敗談を付け加えておこう。
 3軒もはしごした報いである。
 自分、帰りは新宿で乗り換える予定だったのに、気がついたら新百合ヶ丘だった。
 ……おいおい。
 代々木上原から新宿って、すぐのハズなのに、その間で気絶してしまったらしい。折り返して、東京を突き抜け、神奈川まで行ってしまったのだ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

ジャンプ居酒屋 / 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「酉吉」 @ 代々木上原

 

 カウンターが空いていて、滑り込んだ。
 代々木上原で評判の串焼き処酉吉。自分らが入って満員だった。

Cabbage  キャベツはサービスらしい。座ったら出てきた。

 こちらはお通し。前菜盛り合わせ的に並んでいる。Toshi
 左は明太子アレンジの海老マヨ。右のフライは山芋だったかと。

 メニューの一部を――
Menu01 Menu02
 一行解説が面白い。ありそうで、見かけないパターンだ。
 食材の効用を確認しながら食べていこう。

 砂肝。Sunagimo
 先のメニューによると『タンパク質や脂肪が少なく、亜鉛が多く含まれている』とのこと。

 奥が豚バラ、前がぼんじり。いづれも塩。Bb_bgr
 ―― どちらも、脂が美味い部位。
 メニューを見れば判るが、豚バラには「生姜」の選択肢もある。また、ネギバラという魅力的な変化球も。
 それにしても、大胆なカット。こんな大振りなぼんじり、初めて見た。

 箸休めに山芋の千切りをオーダー。Yamaimosk

 気になって、自家製厚揚げ豆腐も。Atuage

 奥が関節なんこつ、前がせせり。いずれも塩。Nnkt_ssr

 なんこつつくね。Nnkttukune
 他に、紫蘇入りのタネなどもある。
 オプションで“チーズ”と“月見”が付加できるサービスもあって、気が利いている。

 左がふりそで、右がハツ。いずれもたれ。Hrsd_ht
 うむ、「たれ」も良い感じだ。山椒が添えられているのもうれしい。
 ふりそで ―― 手羽元と云う名称で提供しているお店もあるかも知れない ――、自分、初体験だった。

 これらに合わせたのは黒霧島のお湯割り。
 酒がすすんだ。
 人気の理由(わけ)を体感した。

Torikichi_outs
 実は、食事系メニューも魅力的なんだよね。
 リピートしそうだ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

串焼処 酉吉居酒屋 / 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「笹吟」 @ 代々木上原

 

 ―― 代々木上原を攻めた ――。
 ここぞと狙ったお店をはしごしたのだ。

 1軒目は、昔からあこがれていた笹吟だ。Sasagin_outs
 日本酒を美味しく呑めるお店として、自分の記憶資料にある。おそらく雑誌か何かで記事を目にしたのだろう。ずっと、気になっていたお店である。

 綴られたお品書きもあるのだが、A4ボードにおすすめの地酒メニューがあった。
 すばらしい品揃えだ。Menu01

 この中から行ったのが「伯楽星 純米大吟醸」。Hkrkstar

 こちらはお通し。Toshi

 肴メニュー。Menu02
Menu03

 まずは、お造り三種盛り。3tenmori
 〆鯖の締まり具合がちょうど良い。

 “〆鯖”は居酒屋の実力を計る指標のひとつだ。
 鯖の脂加減は、時期や仕入れの状況に左右されるだろうが、良い仲卸さんが付いていれば、脂の乗った良い鯖が手に入るだろし、自分の目利きが良ければ、またそうなる。
 開店のその時に、ベストの浸かり加減に持っていくのは(普通の腕かも知れないけれど)プロの仕事であろう。
 二日目の〆鯖はしまり過ぎてるもの。〆鯖がはけるお店ほど好循環で、良い状態のものが出てくる。
 まぁ、そんなかんだで、寿司屋に違わず居酒屋でもこの品が侮れないわけだ。

 美味しく日本酒が呑める「笹吟」、その理由のひとつは、日本酒に合うように最適化された数かずのメニューある。
 なかでも、“和え物”の充実ぶりはすばらしい。

 その中から、鴨と花山葵の和え物。Kamohwsb
 鴨肉の赤身と脂身の旨味がさらりとした辛味で引き立つ。甘めの日本酒でも、辛めの日本酒でも、どちらにも寄り添う肴だ。

 聖護院かぶの田楽。Kabudengaku
 味噌の表面が焦げている? 
 その味噌のこくと柚子の香り、そして聖護院かぶの甘み。複雑なグラデーションが愉しめる。

 鰆の西京焼き。Sawaraskyk
 お値段高め。そこだけしか、ケチのつけようがない。
 焼き加減、すばらしい。

 やばいな~。
 気になる肴メニューがいっぱいだ。

 肴を頼んで、酒を頼んで……。際限もなくつづいてしまいそう。
 酩酊必至。Kuroushi

 振り切って二軒目へと腰を上げるのが、しんどかったぁ。
 いやいや、それでも……。
 ―― さぁ、いくぞ、もう一軒。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

笹吟居酒屋 / 代々木上原駅東北沢駅代々木八幡駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「にしあしゃぶ 菜」 @

 

 “にしあしゃぶ”って……。
 しゃぶしゃぶのお店だからって――。
 まぁ、良いか。にしあしゃぶ 菜 @ 西麻布。
 牛坂下。かつての龍川沿いだ。
 戦後昭和では、少年探偵団が活躍した界隈でもあったと聞く。

 そんな小ネタはどうでも良いか。

Sai_outs
 どうだろう、このおもむきある店構え。
 内は小体。それもまた、おもむきで。

 先付けが角煮。Kakuni
 「超」柔らかい。

 お造り盛り合わせ。Sashimi
 ツマがカラフルだ。こんなところにも、店名に“菜”を掲げる気概を感じてしまう。

 前菜盛り合わせ。Moriawase00
 奥が、見づらい?Moriawase01
 奥の一品は筍のにぎり寿司。しゃりに細工がしてあった。
 どこで、修行されたのだろう?

 この日いただいたワイン。Misaka
 日本有数の醸造所、勝沼醸造のもの。フレンチオーク樽で醸されたエレガントな風味。

 さていよいよメインのしゃぶしゃぶ……。
 まずはつけダレ。Tukedare

 スタッフさんがあらかた準備しくれる。Syabu2_00

 まだ野菜はこんなにある。Yasai

 ご本尊の牛肉。Beef
 鹿児島産。1人前でこの分量。
 ちなみに、おかわり可能。

 つけダレと薬味の組み合わせを色いろ試したりしていただく。
 ゴマダレも捨てがたいが、出汁の利いたポン酢ダレが秀逸だ。Beef_a

Yasai_a  にんじんの切り方が、気に入ったりして。

 〆のうどん。Simeudon
 こちらもスタッフさんが調理してくれた。
 胡椒でぴりっとしまった味わい。

 最後の果物。Sweets

 蒸し野菜も注文すれば良かったな。

 西麻布には名店が多いね。
 この中で勝ち抜いて、しゃぶしゃぶの名店になる日も近いか??

 

にほんブログ村 グルメブログへ

にしあしゃぶ菜しゃぶしゃぶ / 広尾駅六本木駅乃木坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ARON'S DINING」 @ 幡ヶ谷

 

 ランチ時、例により散歩の途中で。
 幡ヶ谷、頭上には首都高4号新宿線が走る甲州街道の南側。かつての玉川上水のほぼ真上かな。
 鼻をヒクヒクさせながらARON'S DININGに迷い込んだ。Arons_outs

 カウンターのみの小体なイタリアン。女性店主さんがひとりで切り盛りされていた。Arons_ins
 入り口には猫のお面。照明には猫の笑顔がぶら下がる――『不思議の国のアリス』、チャシャ猫か。
 尋ねたら店名の「ARON」は、逆から読んで「NORA」――“のら猫キッチン”の意、とのこと。
 さしずめ自分は、美味そうな気配につられて迷い込んだ“オスのら”と云ったところ。

 ランチで準備されているのは、パスタ or リゾット、の2種。オプションのデザートも2種。

 まず、サラダ。Salada
 ゴボウ(たぶん)、オリーブという食材にチリパウダー。シンプルだけれどもエッジを感じる。
 写真右上のスープは、玉葱、ニンジン、さつまいも、コーンのポタージュ。単種の野菜をメインにポタージュに仕上げるのが定石かと思うが、複数種の食材を使用してあるのに、くっきりとした輪郭がある。絶妙なバランスだ。

 次に注文したパスタ。Pasta
 メニューの名前を聞かなかった。
 細いパスタにたっぷりの葱。ぽろぽろの挽肉とカイワレと、もやしが少々。この香辛料は何かな? がっついて頬張ったら、むせちゃった。意外と刺激的な辛味でね。
 食べ終わった後に、胃の腑がぽかぽかと暖かくなった。心地よい辛味でもあった。

 デザートはチョコレートムースにした。Dessert
 リンゴのスライスが付いてきた。こういう小技がニクイ。
 写っている飲み物はグレープフルーツジュース。

 夜のメニューが気になった。
 写真OKということで、ダイナーメニューを……。Menu_02 Menu_01
 しかし店主さん曰く、『「メニュー」を撮ってもあまり意味がないかも』とのこと。
 最下行に注目。
 ――その他、我がままメニューお作り致します――。
 客のリクエストに合わせて、提供することが多いそうだ。
 うわー。夜に来ないと。

 グラスワインは¥600~。

 あれ? 最近、女性店主のお店が続いている……。
 狙って行ってないよ。
 “オスのら”として、鼻が利いているだけさ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

アロンズダイニング無国籍料理 / 幡ケ谷駅初台駅代々木上原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

‘メジロ’といっしょにランチ @ 花屋さん

 フラワーショップにしてカフェ、花よろずでのこと。Hanayrz
 普段はご婦人らでにぎわっているらしいこちらの一軒家。オヤジの自分としては、勇気をふるって入ったワケであるが、先客には常連さんらしい男性客がお一人。
 ほっとして、寛いでしまった。

Menu

 お昼時。ガレットランチを注文した。
 まずは、なめらかなジャガイモのポタージュと蕎麦の実を散らしたサラダ。Sldsup

 つづいてチョイスしたガレット、きのこのイタリアン風味。Galette
 数種のきのこがメインの具材だが、そこにトマトとバジルが効いている。

 あとはコーヒーをゆっくりと。Coffee

 マダムお二人で切り盛りされていた。
 随所に、女性らしい気配りが見える。
 たとえば、コーヒーカップに添えられた、蕾をたたえた細木。Hana

 そして、テラス席のみかん。
 そこにはみかんをついばむ‘メジロ’がいた。
 花を愛で、鳥を、自然を慈しむ気持ちがあふれている。
 ――こころが洗われるようだ。

 自分、野鳥なぞを撮るのは得意ではないのだが、挑戦してみたぞ(げっ、逆光だし)。Mejiro
 むむ、確かに目の周りが白い。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

花よろず喫茶店 / 目白駅池袋駅雑司が谷駅(東京メトロ)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

半世紀超 > 「玉屋」

 

Tamaya_outs01  十条駅からパワフルな十条銀座商店街を抜け、道なりに十条富士見銀座に入ってちょっと行った右手、そこに昭和32年より創業の玉屋がある。

Tamaya_outs02  入り口の『最高の味 担々麺』が気になった。そのくせ、半チャンセットも超気になって……
 お店に入ったら、並ぶ短冊に目が泳ぎ……Tamaya_ins01
 ダメだこりゃ。迷いっぱなしだ。

 オーダーし、しばし花を愛でながら待つ。Tamaya_ins03

■坦々麺Tan2m
 辛味や香辛料より胡麻の風味を大切にした仕様。おそらくスープのベースはラーメンにも使うであろう清湯。
 挽肉ではなくバラ肉というのも、親しみを覚える。
 たっぷりスープに沈んで見えないが、麺は中細縮れ。スープとのバランスは間違いない。
 タンメンに胡麻の風味と辛味をプラスしたような逸品だ。

■半チャンハンCyanhan
 短冊にもあったように“チャンハン”と呼ぶ。
 ぱらぱらと米粒がほどける“炒飯”ではない。
 空気を含んでふかふかとした柔らかい“チャンハン”である。
 ――初めての味と食感で驚いた。

 わがまま言って、坦々麺と半チャンハンをセットで頼んだのだった。(計¥960)

 自分の定石では、坦々麺には白飯を当てるのだが、結果、これで良かった。
 優しい坦々麺であるからだろうか、チャンハンのスープとしてピリッとした坦々麺スープが、おかずとして坦々麺の具が、成立してしまう。
 『孤独のグルメ』の井之頭五郎風に独白すれば、「これ、正解だ」とか「うん、ありだな」となる。

 じっくり愉しんでいたら、ご年配のおばあさまがお一人様で訪問。
 このご婦人、昔から「玉屋」を愛用しているのだろうな……、そんな感じだった。

 お会計時、昭和32年創業等の話をうかがった。
 その時、女将さんが言ったのだ。「二代目がいないのよ」って。
 切ないな……、泣けてくる。Tamaya_ins02

 

にほんブログ村 グルメブログへ

玉屋中華料理 / 東十条駅十条駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「亞州厨房 上々」 @ 瑞恵

 

 ほんものの魯肉飯(ルーローファン)が食べたくなって……。Jyojyo_outs

 お店の位置は、親水緑道となった鎌田川が旧江戸川に流れ込むちょっと前、篠崎街道沿いにある。最寄り駅は都営新宿線瑞恵に違いないけれど、ちょっと距離がある。一之江からもさほど変わらない距離。バスならば、京成バスの鎌田宿停留所が近い。

 店主さんは各国の料理に精通していて、恐ろしくマニアックなブログを持っている。
 『ashmamaの多国籍食堂』というものであるが、自分が文京区の一室でしこしことこの記事を書いているさなかにも、彼女は台湾に飛んで精力的に動き回っている。
 いやぁ、尊敬にあたいする。

 さて亞州厨房 上々である。Jyojyo_ins
 明るい店内。清潔かつアジアンチックな内装に和む。

 注文したのは魯肉飯のランチセット。
 点心は、焼き餃子/水餃子/春巻から選ぶ。
 自分は水餃子にした。

 まずサーブされたのはサラダ。Salada
 きゅうりの盛りつけ方が面白い。

 次に点心。チョイスした水餃子。Suigyoza
 実は2種類の水餃子が2個づつ盛られている。
 普通のニラと黄ニラのもの、2種である。
 がっついて食べていたら、味わいそこねた。反省。
 奥のツボは辣油。他に、お酢、醤油がテーブルにそろっている。

 点心は仕入れ状況でアレンジが変わるらしい。ちなみに、焼き餃子ならばこの日、具材を分けた3種類が用意されていた。

 ご本尊の魯肉飯。Lulofan
 自分、恥ずかしながら本場指向の魯肉飯を食べたことがなかった。
 魯肉飯といえば、ゆで玉子とたくあんの合い盛りが定番だそうだ。
 挽肉には八角とシナモンで香り付けされており、美味。

 写真左。和定食のお新香的に台湾のシナチクがサービス。
 奥は玉子のスープ。こちらは、ほっと安心するお味。

 最後にデザート。Sweet
 台湾風白玉団子。
 内にピーナツ餡が入っているところが、台湾風。珍しい。
 カップは普通のコーヒー。

 こんなにいっぱい出てきて¥800!
 魯肉飯の丼はやや小ぶりだが、甘味まで食べたら結構ハラがふくれた。

 mamaさんのお話をうかがうに、夜はさらに素敵なようす。
 ストップがかかるまで、様ざまなお料理が小皿で出てくる“おまかせコース”が実に魅力的だ。
 「ひとりのお客様に同じ料理は出したことがない」――と、mamaさんは豪語した。

Menu_01
Menu_02

 

にほんブログ村 グルメブログへ

亞州厨房 上々台湾料理 / 瑞江駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「九」 @ 秋葉原

 

 ランチ。狙って行った。
 お目当てはこちら、せせり丼。Ssd_up
 いわゆる焼き鳥丼はよく見かけるが、首の肉“せせり”で丼にしてしまうなんて――。

 秋葉原は昭和通り沿いの焼き鳥屋さんである。9_outs
 「九」と書いて“いちじく”と読ませる。シャレた店名だ。
 店先には『お昼ごはん できました』の旗が。入店前から演出が始まっているようだ。

 焼き鳥屋さんらしくカウンターもあって、お一人様でも全然OKだが、お昼時はすぐに満席になってしまう。
 女性客も多い。
 その理由のひとつは、―― 少なくともランチ時見た限りでは ――女性スタッフのみで店が切り盛りされているところだろうか。
 接客が柔和だし、もてなしに目端が利いている。

 たとえば、オーダーしてまずサーブされる小鉢のセット。Kobachi
 お新香の他、2種もの小鉢が付いて、栄養バランスも良さそうだ。
 メインが仕上がるまで、つまんでお待ち下さいということであろうが、見方によってはお通しでもあり、前菜盛り合わせでもある。
 こんなところに、女性らしい細やかなもてなしの気持ちが感ぜられる。

 後に、丼と味噌汁がサーブされて、定食メニューとして完成。Ssd_bon

 炭で焼いたせせりだよ。
 タレは濃厚すぎず、ほのかな甘さでご飯がすすむ。

 あぁ、夜はどんなに素敵なのだろう……?
L_menu

 

にほんブログ村 グルメブログへ

焼き鳥 / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Carne Vino」 @ 四谷三丁目

 

 旧店名「エノテカノリーオ」で覚えていた。
 以前お邪魔した銀座の「Vinorio」がこちらから派生したお店であると記憶してあった。「Vinorio」が良い印象だったので、親筋にあたる「エノテカノリーオ」が気になったのだ。Carnevino_outs

 今回はジビエで探していたら「カルネヴィーノ」がひっかかって、後からあの「エノテカノリーオ」がこちらカルネヴィーノであると知った次第である。不覚。Cv_kanban

 ジビエのコースを予約してあった。仕入れの状況や、当方のわがまま(苦手食材)もあって、少々アレンジが発生したようである。その辺のリカバリーを感じさせないコース構成、感謝である。

■ビールBeer
 イタリアのビール。手前がシチリアの“メッシーナ”。奥の黒が“モレッティ”のロッソ(黒というよりは赤だな)。
 いずれもレアかと。

■アミューズPickles
 自家製ピクルス

■蝦夷鹿のマリネとタンポポの葉Ezisika
 フレッシュなイチゴのジューシー感と甘みがナチュラルマッチ。

■パンBread

■白子とタラの芽Sirako
 焦げ目が香ばしい白子が、コク深~いコンソメに浸っている。旬のタラの芽が清々しい薫りを添えて……。茶い破片はトリュフ。
 このシンフォニックはそうそう体験できない。

■白ワインW_wine
 オーダーしたワインが切れていて、風味の近いラインで勧められたワイン。
 イタリアの白といえば、ヴェルディッキオ。

■キッタラ 鴨のラグーPasta
 手打ち生。濃厚なラグー。王道だ。

 グラス赤を頼んだら、特にグラスワインは用意していないと言う。
 料理に合わせてチョイスしてくれた赤ワイン。
■グラス赤 2種R_wine

■山鳩のローストYamabato
 スコットランド産の山鳩。
 ソースは何だったのか? ソースの苦みとまろみ、鳩の旨味と香り。複雑だけれども食べ終わってみると鮮烈な輪郭がのこった。

 追加オーダー
■チーズの盛り合わせChees

 チーズに合わせてのサービス
■ポートワインP_wine
 こちらもレアなのでは――?

■ジャンドウィヤの濃厚なテリーヌ エスプレッソのジェラート乗せ(たぶん)Jyanduiya

■カルネヴィーノのティラミスTiramisu

■コーヒーCoffee

 ジビエって――、何か攻めの思考がない? そこから一転して、包まれるような甘~いスイーツへ。
 めくるめく展開が面白い。

 「エノテカノリーオ」改め「カルネヴィーノ」。
 若い料理人がここから独り立ちしていくのだろうな、これからも。
 ホールのさばき、接客の柔らかさもここちよかった。
 コストパフォーマンスもすばらしい。仲間に、後輩に教えたいお店。

■最後にお土産、いただきました。Omiyage

 

にほんブログ村 グルメブログへ

カルネヴィーノイタリアン / 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »