« 「ジャンプ」!? @ 代々木上原 | トップページ | コードネームは「MIXOLOGY」 »

「いやま」 @ 赤坂

 

Iyama_outs  いやま―― 焼き鳥屋さんであるが、場所柄“赤坂”に合わせて、しっぽりとお洒落な感じ。

Toshi  カウンターの前の火除けボードに有名人のサインがあった。
 これもまた、赤坂っぽい感じ。
 小さな椀は赤出汁、この日のお通し。

 店のウリは、鶏の鮮度。なので、刺し盛りをまず注文した。Sashimori  手前が「ムネ肉」、中央が「ささみ」、左が「ハツ」、右が「砂肝」、奥が「モツ」。
 こちらの店はレバーを「モツ」と呼んでいる。通常より白っぽい。いわゆる白レバー。
 「ハツ」は心臓を開いた形、ちょっとグロかった。
 南無、(-人-)合掌。

 串焼きも様々な部位が用意されている。詳しくは店名からリンクしたページをご参照のこと。
 いただいた串のなかから一部を ――

 モツ、Liver  こちらのお店では、串毎に塩/タレが基本決まっていて、こちらはタレでの提供となる。

 砂肝とムネ肉、Sunagimo_and  こちらは塩。

 はらみ、Harami  こちらも塩。
 希少部位なので、売り切れ前にいただくべし。

 ハツもと、Hatumoto  こちらは塩/タレが選べる。写真は塩。
 こちらも希少部位だ。

 単品メニューも色いろある。
 いただいたのは ――

 野菜スティック、Yasaistc  アボガドディップと豆腐ディップが付いてくる。タバスコはお好みで。

 銀皮すなポン、Ginkawasunapon  揚げ/茹で が選べる。茹でにした。
 コリコリの食感だ。

 〆にいただいたのが、こちら、にゃんこ飯 鳥スープ付き、Nekomeshi  写真がヘタで判りづらいけれど、中央に玉子の黄身が落とされている。
 少し食べてから、鳥スープをぶっかける。―― 一度で二度美味しい、ってやつ。

 雰囲気ある店内ゆえ、照明はやや暗め。
 写真は、マゼンタ寄りの照明カラーをほぼそのままに、明るさを補正してある。

 場所が判りづらいのが逆に良いかも。隠れ家っぽい。
 デートにも使えるお店だが、大振りで提供される手羽先など、ボリュームもあるので、野郎同志、わいわいやるのも良いだろう。(テーブル席も、もちろん有る)
 あぁ、野郎抜きで、がっつりいきたい女子会にも。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

焼鳥屋 いやま焼き鳥 / 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 「ジャンプ」!? @ 代々木上原 | トップページ | コードネームは「MIXOLOGY」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/44327429

この記事へのトラックバック一覧です: 「いやま」 @ 赤坂:

« 「ジャンプ」!? @ 代々木上原 | トップページ | コードネームは「MIXOLOGY」 »