« ならば行きにも帰りにも @ 麻布十番2丁目1 | トップページ | 「ecurer」 @ 笄町 »

「三六 (ミロク)」 @ 八重洲地下街

 

 都内にオイスターバーを展開する株式会社バル.ジャパンのお店三六。――“ミロク”と読む。オイスター(牡蠣)からがらっと変わって、豚モツのお店だ。
 赤坂に同ブランドの姉妹店がある。この分だと、3号店、4号店と店舗数を伸ばすかも。

36_outs  こちらは八重洲地下街にあって、東京駅・大手町駅から地上に出ずに来られる。雨の日や、会社帰りに寄り道するのに打って付けの立地。テナント料が如何ほどか気になるところであるが、それを考慮して、そこそこリーズナブルな価格設定で、確かに人気がある。
 自分ら、野郎ら二人連れで夜にお邪魔した。

 カウンターがあってお一人様でも寄りやすいし、もつ焼き特有の脂っぽいイメージ極小の店内/外なので、女性でも使いやすい。

Menu_u Menu_d  メニューを見て迷っていると、店長さんとおぼしき人から、エスコートを受ける。
 『「タン刺し」が人気メニュー』とのこと。

 焼き物の他に、焼き物ができあがるまでのつなぎのポテトサラダと、そのタン刺しも注文した。

■ポテトサラダPotatos

■タン刺しTansashi
 確かに抜群に美味い。
 胡麻油? ちょっと違うようだ。

 以下ずらずらと――

■(手前から)ガツ、シロ、はらみHrmsrgt

■のどぶえNodobue
 1串分取るのに豚2頭が必要だそうだ。希少部位だ。
 軟骨に似た歯応えだが、またちょっとニュアンスが異なる。美味。

■アスパラと上州豚バラAsuprabara
 豚バラは胡椒を利かした仕上げ。
 気づかれたかと思うが、部位によって、タレ/塩のあしらいが決まっている。

 (焼き物は他にもいったのだけれど、この辺で……)

 アルコールは、最初の一杯が生ビール。あとは黒ホッピー。Counter
 ホッピーは中と外、別注できるので、呑み助としてはありがたい。
 外のホッピーを温存して、中のみを連続注文する技が使える。
 中は、焼酎にクラッシュアイスが投入されてくる。

 クラッシュアイス、と云うところがミソ。好みの分かれるところかも知れないけれど、一緒に行った者にも好評価だった。
 どこがどう好評価なのか、上手く表現できない。……そうだな、クラッシュアイスが唇に当たる感じを想像してもらえば、良いかな。
 デメリットとしては、すぐに溶けちゃうこと。薄まっちゃう。自分のように中を連続注文する輩にはちょうど良いのかもしれないけれど。

 焼き物以外にも色いろと注文した。

■赤だしどて煮込みMotuni
 こちらハープポーション。
 二人で行ったので、取り分けてサーブしてくれたのだ。気が利いているね。

■ねぎもつ和えNegimotu
 ハツを使用した一品。サックと歯応えが良い。

■白せんまい刺しSenmaiss
 土佐酢を使用、酸味まろやか。

 先のタン刺しもそうだが、これら一品物もなかなかの完成度。
 たぶん、もつ鍋なども美味いのだろうな。グループで利用の場合は、鍋を囲んでワイワイやるのも良いかも知れない。

 あゝ、つけそば注文するの忘れた! 三六のつけそば、気になるな~。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

もつ焼き 煮こみ 三六 八重洲店もつ料理 / 京橋駅東京駅日本橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

|

« ならば行きにも帰りにも @ 麻布十番2丁目1 | トップページ | 「ecurer」 @ 笄町 »

宿酔注意」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/44596432

この記事へのトラックバック一覧です: 「三六 (ミロク)」 @ 八重洲地下街:

« ならば行きにも帰りにも @ 麻布十番2丁目1 | トップページ | 「ecurer」 @ 笄町 »