« 「PIRABKAO」再訪 | トップページ | 四川麺条「香気」 »

「一富士」 @ 千駄木

 これなんだ?Achilles

 答え――
■牛アキレス腱の刺身
 コースの始まりが、これだった。

 千駄木駅に一富士の案内が出ていた。Metoro_guide
 カウンター7席のみ、小体で粋な店だ。
 予約の電話の時、ゴールデンウィークのため仕入れに制限があり、刺身系が少なくなるとのこと、丁寧な案内を聞いていた。

 コースは2種類、釜飯が付くか否かが大きな違い。
 釜飯が付いた¥5250のコースをお願いした。

 まずは生ビール(確かプレミアムモルツ)。Namabeer
 超薄いグラスで飲み口が一段とよろしい。
 後ろに写った、唐辛子一味と祗園原了郭の黒七味にも注目、ピンがあってないけれど。

 そして、まず登場したのがトップ写真の牛アキレス腱。続いて、
■ギアラの醤油炒め(煮だったか?)Giara
 第4胃――“赤センマイ”とも――だが、胃というよりは腸の一部らしく“偽腹 (ギハラ)”が転じて“ギアラ”となったとか。←出典『食肉用語大事典』。
 黒七味があう。

■すじ肉の煮込みSuji_nikomi
 味噌ベースのまろやかな味わい。
 好みで一味 or 黒七味。

 確かこのあと、テール焼きが出たのだが、写真を撮り忘れた。
 慙愧懺悔噬臍。後悔しきり、痛恨の失態だ。
 だって、凄く美味かったから。
 獅子唐を2片のテール肉で挟み、串焼きした物に、別小鉢で鬼おろしが添えられいた。
 鬼おろしの上で串を外し、和えるようにしていただく。
 テール肉がトロトロ。4時間以上煮込んだものを串に刺すのだそうだ。
 薬味として柚子胡椒が付いていた(←記憶)。

■利き酒セットとスプラウトKikizakes
 利き酒セットはメニューにある日本酒から好きなものを3種自由に選べる仕組み。こちらも薄口グラス仕様。
 箸休めにと出されたスプラウトもくせ者で、レッドキャベツ、マスタード、クレス、3種のスプラウトがブレンドされている。こちら、おかわり可能だ。

 つづいて↓これ。Hatsu
 鴨ネギ ―― ウソだよ~!
■ハツ
 わざと脂身を残してさばいてあるので、一見すると鴨胸肉のように見えてしまう。けれど、確かにハツ。歯応えがある。
 また、残した脂がうま味をプラスしているようだ。
 芥子と塩で。塩はロシア産岩塩。

■牛すじ大根Soupe
 テールスープで煮込まれている。
 テールだけでなく、玉葱などの香味野菜を炊き合わせてあるそうで、とてもまろやか。 黒七味があう。

■大信州Yan_harami_sake
 利き酒セットで飲んだ大信州が気に入って、単品注文。
 手前の焼き物も、写真を撮り忘れた口で、食べかけ故、こんな感じでフレームアウトさせた。
 こちらはヤンとハラミ。玉葱は新玉葱かな?
 “ヤン”―― 前出の『食肉用語大事典』にも載っていない、第2胃(ハチノス)と第3胃(センマイ)の間の部分とのこと。希少部位だ。
 コリコリしているが硬くはなく独特の歯応え。

 このあと、箸休め的に、すばらしく甘いトマトが丸1ヶサーブされた。
 写真撮ったのだが、画的には極々普通のトマトなので割愛。

 ラス前。一転して、洋風のしつらえ。嬉しい驚きだ。
■ビーフシチューとレバーペーストBeef_stew
 こういうスキを突くような変化がコース料理にはありがたい。
 後ろの変わったクラッカーに乗っているのがレバーペースト。新玉葱が合わせられているそうで、そのおかげか、レバー特有の臭みは全くない。
 手前、牛ほほ肉がホロホロに煮込まれている。(あらびきの黒胡椒がばっちりあっていた)デミソースがまたまた良い感じで……。
 連れが「パンが欲しい」とこぼすと、店主さんが、パンは無いのですが、と代わりにクラッカーを出してくれた。
 デミソースをクラッカーですくったさ!

 そして、いよいよ〆の ――
■もつ釜めしKamameshi01
 お焦げも出来ている。Kamameshi02
 モツの臭みとかベタつく脂っぽさは皆無。食べやすい。
 スープをかけるとまたひと味美味くなる。Kamameshi03

 いやぁ、創作牛料理、堪能した。
 で、最後に別注の
■自家製杏仁豆腐Annintf
 「こちらも牛が使われています」って店主さんのさりげないジョーク。
 確かに、牛乳が使われているのだけれど。

 店の奥の棚。Photo
 撮りたかったのは、可愛い招き猫でも可憐な花でもない。
 左の写真だ。(目敏い連れが見つけたもの)
 こちらのお店の施工前の写真だそうだ。
 コンクリートむき出しの壁、その向こう、逆光に佇む二人が2年前の店主と女将。
 ―― すてきな写真だ。

 初心を忘れないために飾ってあるのだそう。
 真摯な姿勢が、格好いー。

Ichifuji_gk

 

にほんブログ村 グルメブログへ

一富士割烹・小料理 / 千駄木駅日暮里駅西日暮里駅
夜総合点★★★★ 4.0

|

« 「PIRABKAO」再訪 | トップページ | 四川麺条「香気」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/45155378

この記事へのトラックバック一覧です: 「一富士」 @ 千駄木:

« 「PIRABKAO」再訪 | トップページ | 四川麺条「香気」 »