« 「ととや」 @ 荒木町 | トップページ | 「楽水軒」 @ 天王洲アイル »

「Petit Bar Chiara」 @ 荒木町

 

Chiara_outs

 Petit Bar Chiara ――プティ・バール・キアラと読む。
 荒木町、車力門通りの袋小路。前回記事からのハシゴである。

 店のチョイスは先輩。
 先の店が粋な和食処だったので、一転して洒落たワインバーである。
 ハシゴの醍醐味は、斯様にギャップのあるお店を廻るところも、ある。

 当方らは一見さん、そうっと入った。
 カウンタのみの小体な店。カウンタの内に美人ママさん。先輩は鼻が利く。

 グラスワインを尋ねると、異なる葡萄品種のワインが赤白3種ずつほど用意されていた。
 ¥600~と良心的な価格設定だ。
 自分がいったのはオーストラリアのソーヴィニヨン・ブランだったかな? 忘却。

 つまみに、おすすめプレート(¥700)をオーダー。
 ママ ―― 名前で呼んで欲しいそうだが ―― が、電化の進んだコンパクトなキッチンで器用に作業を始めた。
 覗き見ると、香味野菜が浮いた自家製のブイヨンが優しい湯気をたゆたわせている。

 琥珀色のブイヨンだ。
 ほのかに香りも流れてきた。
 絶対美味いに違いない、そう確信した。

■この日この時のおすすめプレート3pinmori
 右手前の器に入っているのはポトフ。
 中央はサバだったかな? トマトの味付け、隠し味に柚子胡椒。
 左奥が冷製豚しゃぶ。お味噌が美味。ピーマンの様に見えるのは甘唐。
 (お箸も素敵な気配り)

 ごらんの様に、お野菜が効いたメニュー。常連さんはこの野菜料理がお目当てなんだとか。
 昔から有機野菜関係のお店にたずさわってきたママさん、野菜のあしらいはお手の物なのだ。

 ふと見ると、カウンタ中央にセロリとグリーンアスパラが。Chiara_ins

 「それで何か一品」っと、先輩がむちゃブリだ。

 ママはしばし熟考。
 自信がある野菜たちなのだろう、変に手を加えずシンプルな形になった。

■むちゃブリの一品Mucyaburi01
 レタスはコブ出汁を加えて浅漬けに、漬けてる間にグリンアスパラを茹でて、バジルとアンチョビのソースをこしらえた。色味に甘いトマトを添える。
 何かイタリア国旗みたいな配色だ。

 野菜の味が活きている。先輩も自分も満悦至極。

 先輩はビールに変えていた。Bass
 イギリスの上面発酵ビール、バス ペールエール。
 こう云うのも置いてある。

 そうそう、先ほどの野菜の一品には生の蕪、それとよそのお客さんが注文し、こちらも欲しくなったポテトサラダが追加されたのだった。Mucyaburi02
 ポテトサラダには枝豆が忍んでいる。
 後ろに見えるグラスは、ボトルに残ていた(一杯には満たない)ワイン。

 いやいやいや、野菜堪能。

 ―― 持つべきものは、鼻が利いて、むちゃブリできる先輩かもね。

(ご参考)
 店名からリンクのページは荒木町車力門会のページ。車力門通り中心に荒木町の魅力が満載だ。
 おまけに荒木町のもうひとつのメインストリート「杉大門通り商店街」のページも添えておく。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

プティバール キアラワインバー / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

|

« 「ととや」 @ 荒木町 | トップページ | 「楽水軒」 @ 天王洲アイル »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

茨城在住ですが、来月 南青山へ行きます。
(用事は根津美術館近くです)

グリーンカレー大好きなので、近くにいいお店ないかな? 
と思い 探していたら、こちらの5月ブログにたどり着きました☆

タヒチのランチ(2種盛り)を食べてきますね(*^_^*)

場所わかるかなー。楽しみです☆

投稿: ニット☆ | 2012/06/11 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/45603381

この記事へのトラックバック一覧です: 「Petit Bar Chiara」 @ 荒木町:

« 「ととや」 @ 荒木町 | トップページ | 「楽水軒」 @ 天王洲アイル »