« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

「キッチン ひより」@つきのわ

 

Donyubu

 ‘つきのわ’ってどこ? って感じだろうか。
 池袋から東武東上線の急行で1時間ちょっと行ったところの駅である。
 レストランの住所は‘埼玉県比企郡滑川町月輪1634-5’。駅から歩けば20分くらいか。R254沿いにある。Hiyori_outs

 国道沿いということもあり、駐車場完備。
 周囲は緑が茂り、テラス席は気持ち良さそうだ。Hiyori_ins

 ランチでお邪魔した。
 店入り口のプレートには“家庭風洋食”とあったが、メニューは本格的だ。Lunch_menu
 ちなみに、この日の‘日替わり’は生姜焼きとキスのフライ。

 いただいたのは……

■焼きカレーバーグHambarg  (↑もちろん、別にライスがある)
 夏の特別メニュー。しかも1日6食のみ。
 牛100%のようだ。肉ぎっしり満足感たっぷりのメニュー。

■焼きカレーバーグのサラダSalada
 サラダまで付いて¥1000。

■焼きメンチカツYakimenchi  こちらはレギュラーメニュー、1日4食限定。
 衣がこんがりと焼かれている。衣のサクサク感が良い(揚げていないのでヘルシーだし)。
 デミソースが下に引かれているが、別に褐色のソースも添えられている。
 このソース、甘くて美味。メニューにある‘玉ねぎ、リンゴの特製ひよりソース’であろうか? (未確認、ご容赦)

 断面UpYm_dunmen
 キャベツが適量入っている。悪くない、むしろ美味い。それにヘルシー。

 昼飯に迷って、国道沿いに見つけたレストランであったけれど、‘家庭風’などと謙遜して言っているのだろうか、味も本格的であった。
 ちょっと得した気分 (o^-^o)

 そうそう、テーブルセットに箸が添えられていた。こういうところは確かに家庭的。優しいサービスと思う。Hashietc

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

キッチン ひより洋食 / つきのわ駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「喜楽」 @ 椎名町

 

Rmen_up

 渋谷の「喜楽」は以前レポートした
 今度は椎名町の喜楽Kiraku_outs

 「喜楽」って、何軒あるのかなぁ?

 「喜楽」をWebで検索すると渋谷のお店がまっ先に出てくるけれど、他にもいっぱいあって、東京だけではなく全国に散在している気配が……。
 Webを探っても答えは出てこない。ラーメンの系統をレビューするサイトを複数知っているのだが、いずれも「喜楽」はフォローしていなかった。

 まぁ、そんな悩みはさ置いておいて、食べよう。

 店先に美味しそうなメニューが並んでいる。 Borde_1 Borde_2 Borde_3

 店内はテーブル主体の構成。TVがある。Kiraku_ins

 注文したのはAセット、半チャンラーメン、それとシュウマイ。A_teis
 手前の小皿はそのシュウマイ用。キュウリのQちゃん的漬け物がチラッと見えている。

 トップの画はラーメンのUp。
 ナルトとチャーシューとメンマ、王道の東京ラーメン。麺の縮れ具合にときめく自分がいる。
 ワカメがまた予想以上に美味かった。醤油ラーメンにワカメが合うことを再認識。

 ミニ炒飯もUpにしておこう。Chan_up

 あとから登場のシュウマイ。Syumai
 定石ならば餃子だけれど、焼売にしてみた。このふっくらとグラマラスなボディに身もだえする自分がいる。

 ちゃんとしたメニューもupしておこう。Menu

 壁の短冊には「ラムネ¥200」とか「バイスサワー¥330」なんてのもある。

 そして、食後のコーヒー。Coffee
 もてなされてるなぁ、本当に。感動にうちふるえる自分がいる。―― って、言い過ぎか。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:中華料理 | 椎名町駅下落合駅要町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「季織亭・2」 @ 経堂

 

Kioritei_outs

 ラーメン屋もしくは‘小麦蕎麦処’としての認識が一般的な「季織亭」。そこに“呑み”目的でお邪魔した。
 正確に言うと、2階の季織亭・2へ。

 2階はカウンターのみのバー仕様。Syocyu
 並んでいるのは焼酎だ。

 先輩はビール、オゼノユキドケ。Yukidoke
 自分はワイン、Otoshi Menu_w  梅ヶ丘の「リカーランドなかます」からもの。手前はお通し。
 貝殻みたいな箸置きがかわいい。Hashioki

 メニューをずらずらと。 Menu_s1 Menu_f1 Menu_f2_2 Menu_f3

■鶏皮の塩焼きTorikawa

■ホンビノス貝のエスカルゴ風Escarugot

 アルコールは、無農薬の「自然麦」(by藤居醸造)、「兼八」(by四ッ谷酒造)と麦焼酎を皮切りに、次いで変わった麹のものというリクエストで芋の「侍士の門」(by太久保酒造)――白玉米という米麹、Samurai
9roebe 米の「十五代九郎右衛門」(by湯川酒造)――きょうかい9号酵母、を行った。(先輩と二人でね)

 こちらは「変わったのあるよ」と見せてくれたもの。(呑まなかったのだけれど)Kojo_moon
 裏には「桜田門警視庁」とある。Sakuradamon
 警視庁が造らせた焼酎のようだ。

 肴にもどる。
■〆サバSimesaba

■ツルムラサキのおひたし ¥500Turumurasaki
 何かあっさりしたお野菜を、という注文でサーブしてくれたもの。メニューにはない。
 自家製の辣油がバッチリあっている。

 そろそろ〆の手打ち小麦蕎麦へ。

■つけ(確か‘醤油’)Tukemen

■イベリコタンメンTanmen
 こちらに先ほどの自家製辣油をのっけてみた。Ry_men
 全粒粉7割の手打ち麺は、辣油を受け止めてもなお、甘みと香りが芳醇だ。
 タンメンの最高峰と言えるかも。

 口福至福のひと時であった。

 最後に、店主さんが締めていた刑務所の前掛け。Maekake

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:ラーメン | 経堂駅松原駅宮の坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「赤ちょうちん 太郎」 @ 経堂

 

Taro_outs

 赤ちょうちん 太郎―― 何ともストレートなネーミング。飾り気ない店主の人がらが反映されいてるようだ。
 吉田類さんのTV番組にも取り上げられ、お店の雰囲気やパフォーマンスを知っての来店であったが、期待が裏切られることはなかった。

 ふと見ると吉田類さんの色紙がちゃんとある(壁、左下)。隣には安住紳一郎さん。Taro_ins

 並ぶ短冊も見事。風情がある。Menu_1 Menu_2

■お通しの漬け物Beer
 ビールは、写真を撮る前にひと口飲んじゃった。
 奥に見えるTVも、大衆居酒屋では歓迎されるアイテム。
 自分、ひとり呑みが多いので、TVがあると嬉しい。

■ポテトサラダPotatos
 ジャガイモがゴロッと形をのこしている。好み。

■オクラのタタキOkurattk
 野菜不足のひとり者は、こう云う肴がまた良い。
 醤油とソースは壺に入っている。

■炙りイワシの刺身Iwashi
 これ、美味だった~。

■あじの酢じめAjisu
 軽く酢でしめてある。
 イワシもそうだが、単なる刺身でなく一仕事加えてあるところが素晴らしい。

■谷中生姜Ynk_syoga
 茎部分は長くてフレームアウト。

■つくね揚げTukuneag
 断面画像撮り忘れ。適度にニラが効いていた。
 壺のソースはウスター系。ソースも合っている。

 これらの他にも、枝豆とか注文したのだが、写真は割愛。

 最後になみなみ注いでくれた日本酒の画像を。Naminami

 店名からのリンクは「経堂系ドットコム」、なかなか使えるよ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:居酒屋 | 経堂駅宮の坂駅山下駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビクトリアカツ @ 「リヴィエール」

 

Victoriak_c

 二子玉川 ――。生活至便な上に美しい自然に恵まれて、人気のエリアである。
 世田谷区も下北沢、三軒茶屋と並ぶ「広域生活拠点」と位置づけ、文化や情報の拠点とすべく、商業/住宅街の整備を進めている。
 故に、おしゃれで美味しそうなお店が沢山ある。競争も厳しそうだけれど……。

Riviera  リヴィエールはその二子玉川でオープンし、35年を数える洋食屋さん。
 カウンターもあって、お一人様も入りやすい。明るくて、木目と白を基調とした内装は清潔感にあふれている。Riviera_ins

 ランチメニューはこちら。Menu_k
 ライスの大盛り¥50(カレー類は¥100)。ソフトドリンクは¥200。

 いただいたのは ――
■ビクトリアカツVictoriak
 35年前から変わらぬ味の逸品である。
 店主がかつての修業先で習得したメニューとのこと。
 かかっているソースが軽く、その分肉の旨味が伝わってくる。
 スープはシンプルなコンソメスープ。お代わり¥100。

 で“ビクトリアカツ”って何だ ―― ?
 “メンチカツ”って言ってしまえばその部類に入るであろうが、そう片付けてはいけなさそうで……。マダムの説明では“ハンバーグを揚げたような、豪華なカツ”であるそうな。
 Webをあたったら、niftyの「Daily Portal Z」に小野法師丸さんの『洋食店のレアメニュー「ビクトリアカツ」とは何か』という記事を見つけた。こちら「リヴィエール」も登場する内容だ。リンクを付けておく。

 トップの写真は、ビクトリアカツの断面画像だ。
 実は動画で見せたかった。ナイフで切ったそばから肉汁がしたたるその動画を。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:洋食 | 二子玉川駅二子新地駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「石原」 @ 青山一丁目

 

Ishihara_ous

 石原、明治神宮外苑の銀杏並木入り口からすぐの所にある天ぷら屋さん。
 創業昭和44年。代替わりしていて今は二代目が守っている。
 ランチでしか利用していないのだが、Upしておく。
 ……本領は夜の部だと思うのだが、なかなか利用する機会がない。

 ランチ時の看板。下部にこだわりについての解説あり。(クリック、拡大して読んで)Kanban1 Kanban2 Kanban3

■江戸前天丼Edomae
 はみ出た穴子をフレームに収めようとカメラを引いたら、なんか丼が小さいように見える??
 丼が小さいのではない、穴子が大きいのだよ。
 先の看板にあったが、季節で後ろの魚ネタが変わる。

■よくばり天丼(しいたけ・ししとう版)Yokubari
 しいたけ・ししとう、ではなく茄子を選ぶことも可能。
 やっぱり、天ぷらの花形は海老だな。
 ‘えびやさい天丼’なども人気がある。

 看板解説にあるように、創業時から40年超注ぎ足し続けている丼つゆ、まろやかだ。

 天ぷらの後ろにまわって存在うすいみそ椀をUpで――
■みそ椀Misosiru

 こちらにもこだわりがあるのだ。Misosiru_ks

 いついってもご年配の方と遭遇する。
 歳を重ねると油っこいものが苦手になるとよく聞くけれど、「石原」の天ぷらは別のようだ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:天ぷら | 青山一丁目駅外苑前駅乃木坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「味一」 @ 目黒

 

 山手通りのこの辺って、ここ最近、ずーと工事してないかい? 気のせいか?
 お店は、柳通りがその工事してばっかりの山手通りに出る直前にある。山手通りを探していたら見逃しちゃうので、ちょっと注意。

Aji1_outs  あぁでも味一、メディアに結構露出しているから、大丈夫か。

 内装はこんな感じ。Aji1_ins
 写真、中央やや左手のミニ掛け軸には「当店のごはんは お米マイスターが プロデュースしたお米を使用しています。」とある。
 なお、精米してから3日以内での使用しているとのこと。
 そう言えば、チャーハンも評判高いのだ。未食だ~ぁ、次回には是非。

■タンメンTanmen
 大山地鶏と美桜鶏、2種類のガラを使用したスープ。乳化はあまりしておらず、さらりとしたタイプ。あとを引くコクでゴクゴクと飲めてしまう美味さ。
 麺は浅草開花楼。

■餃子Gyoza
 皮が厚めで存在感がある。
 あぁ、チャーハンと合わせても絶対イケルだろうな。

Tan_gyo

 次は、ある日のランチセットメニューから ――Lunch_set
■冷しタンメン+ミニ豚バラ丼Cold_tanm

Mn_buta_d_2
 冷製タンメン、初体験! スープは塩濃い目。

 値段等詳細は、店名からリンクのお店ホームページで。
 きれいにまとまったホームページだ。
 「ご来店いただいた芸能人」なんてページもある。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:中華料理 | 不動前駅目黒駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「salon de gout」 @ 西麻布

 

■キャビアのジュレCaviar_2

 ‘@西麻布’としたけれども、USAG(United States Army Grarrison)星条旗新聞社前に佇むsalon de gout。地階のレストラン、目印の看板を見過ごすと通りすぎてしまいそうだ。Sdgout_outs

 しっとりと落ちついた照明と内装は品格あるレストランのそれなのに、箸までがセットされたテーブルで、良い意味、緊張がほぐれる不思議な空間だ。Table
 店名からのリンクは、雑誌『GOETHE』の記事。店舗詳細はそちらをご参考に。

 グラスシャンパンとサービス(?)のクラッカーに続いて、本日の食材の紹介だ。
Syokuzai  島根産天然鮎、中国産マツタケ、牡蠣は長崎産の“小夏”、青森の毛ガニと大分の車海老(まだ生きてるよ~)。食材ごとにどのような調理法でどういったイメージの一品になるのか、そこまでフォローする解説である。
 この他、定番のメニューは表になっていて、先の食材らと合わせてのアレンジも可能という。―― 要は、食材に合わせて如何様にもお好みで、ということだ。
Menu_1
Menu_2

 地元の居酒屋で、大将にわがままを言って作ってもらうことはたまにあるが、ロウソクの灯ったレストランでそんなことが可能とは、思ってもみなかった。

 ではでは以下、画像を並べていく。二人前なのであしからず。

 まずは、オーダー外の、
■アミューズAmuse  ぎんなんとアワビ。アワビには軽く香辛料がふられている。

■毛ガニのサラダSalada  って、ほとんどが毛ガニの身。シェリービネガーの風味が爽やか。
 二人が共通でオーダーしたものだが、他のオーダーに合わせてサーブされる順番が異なった。

■牡蠣Kaki  そのまんまの姿で登場。トマトベースのカクテルが添えられた。
 トマトの酸味がまた合うんだよね。

◆白ワインWine_b  2009 Crossbarn by Paul Hobbs Chardonnay Sonoma Coast。カリフォルニアワイン。
 MLF ―― マロラクティック発酵の一品。酸味穏やかで飲みやすい。
 輸入元は「ワイン・イン・スタイル」。

 パンも撮ったんだ。Bread

■キャビアのジュレCaviar_1  こちらも二人がオーダーしたもの。この一品は同時にサーブされた。
 「コンソメが溶けやすいのでお早めに……」とのアドバイスがあった。
 白い部分がコンソメ。スプーンですくえばキャビアが現れる(トップ写真ね)。
 付け合わせのパンケーキ(?)はソフトな歯応え、フカフカだ。

■カニクリームコロッケCroquette  ソースなし。中はこれまたカニ身がぎっしり。クリームはほんのつなぎ程度。断面の画を撮ろうとしたのだが、うま汚い感じになったので止めておいた。
 断面画像、想像するだけでワインがすすむでしょ。

■鮎のムニエルAyu  天然ものは身の付き方が違う。
 香りも良くて、バターに負けていない。

■車海老のソテーEbi
 こちら、後に続く鶏料理とソースがかぶりそうであったので、注文を付けていた一品だ。
 なるほど、トマトを絡めてきたか。加熱したトマトと海老って絶対合う。
 さっきまで生きていた奴だからなー。恐ろしくブリッとした身で、こっちが死にそうになった、美味くてね。

◆赤ワインWine_r  2009 BOURGOGNE PINOT NOIR Patrice Rion
 白が無くなって、ピノ・ノアールに。Patrice Rionって割と入手しやすい作り手さんかも。
 輸入元は「ヴァンパッシオン」。

■白金豚のカツレツ マツタケin(←勝手に命名)Katu
▼カツレツ断面Katu_a
 こちらも‘ソースなし’。
 デミソースなんか充てたならば、素材の味を壊してしまうのだろう。
 軽い下味だけで充分ってこと。好みで酢橘を搾る。

■鶏もも肉のソテー withマツタケTori
▼ばらした画Tori_a
 既に、食べやすい大きさに切られていた。
 また、デフォルトメニューでは‘レモングラスソース’であるのだが、マツタケの香りを活かすために、バター主体のシンプルなソテーになっている。

 さてさて、ご飯ものだ……。(たしか)4種ある中からチョイスする。

■カツカレーKatucarry  パンチある辛さだ、なめてかかるとやばい。

■ジャコご飯Jk_gohan  なんで? って感じでしょ。茄子の漬物まで付いてるし。
 チェンジアップ的なハズシメニューだけれど、バターなどでこってりきていると、こういう一品が嬉しいのだ。

 ここで終わらない。デザート・タイムの始まり~。
 スタンバイしているスイーツのお披露目だ。
Sweets  「好きなだけどうぞ」って―― ヽ(○´3`)ノ

■スイーツ
Dessert_2  自分はメロンのショートケーキを中心に3品。

 向こうの皿が気になる?? 女子はこういうの好きだよね。Dessert_1

 いやぁ、目くるめくディナーだった。
 既成の(フレンチや懐石の)枠にはまらないメニュー構成。どの物差しで測れば良いのか判らない。
 フレンチか?
 いや、あの‘ソースなし’の潔さはどうだ……??
 街の洋食屋さんの延長線上にあるような感じもするけれど……。
 ―― やめだやめだ。そんなラベリングは「salon de gout」には意味がない。
 食材を選んで、それを最高に美味しくいただく。そういう事実があるだけだ。

Coffee

 あれ、ピノ・ノアール、残っていた。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:フレンチ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かめや」 @ 根津

 

Kameya_outs_2

 根津をぶらついて見つけた定食屋さんかめや
 店先のホワイトボードに、惹きつけられてしまった。Board

 テーブルに付くとすぐ、かわいい湯飲みが出てきた。Yunomi_3

 注文に迷ったが、ボードにあった“おすすめ”で。Osusumet_3

 栄養バランスが良い。豆は食物繊維が豊富なんだ。
 味のバランスも――。太刀魚に春巻き、お新香まで。

 太刀魚は凄く脂がのっていた。大根おろし、ナイス!Tachiuo_up_2

 春巻きはサクッと軽く、みずみずしいもやしも良い。Harumaki_2

 そして何より――、このコストパフォーマンス。^-^)v

 店名からリンクは「根津銀座通り商睦会」。ご参考に。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:定食・食堂 | 根津駅東大前駅千駄木駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バッカス」 @ 池袋

 

■くさやと酒Kusaya

 最近、創作系仲間とちょくちょく利用している居酒屋。Bacchus_outs
 創業が1951年。……って、おいおい、サンフランシスコ平和条約の年だぞ。吉田茂の時代、連合国による占領が解かれた年だ。
 そんな、老舗な感じ/格調や気負いは皆無なんだけど。
 野球ファンが集い、老若男女がにぎわう、ざっかけない雰囲気の居酒屋さんだ。

Bacchus_ins  TVの野球が気になる? 呑みだしたらどんどん、行くくせに……。
 みんなで‘バッカス’か注文するから、写真多めだ。

 メニューを並べておく。Menu_d1 Menu_d2 Menu_d3
 サワーの類は、タイムサービスでさらに安くなる。すばらしいコストパフォーマンスだ。

Menu_f1 Menu_f2 Menu_f3  この他にも、旬のメニューが短冊で示されている。

■この日のお通しToday_ots

■タコキムチ和え(¥500)Takokmc

■赤鶏のタタキTorittk

■もつ煮込みMotuni

■串焼き8本セットKushiyaki Yasaiyk

■カリー・ヴルスト(¥580)Curryvst  短冊メニューから。ドイツの国民食だとか。

■チキンカツ(¥480)Chickenkt  こちらも短冊メニューから。安い。

■〆さばSimesaba  いつも抜群の〆加減だ。

■串かつKushikt

■明太子はんぺんMntihnpn

■きびなご唐揚Kibinago

■エイヒレEihire

■白石う~めんSiraishi_nm

■いちょう酎Icyoc  ISO取得、明利酒類株式会社の品だ。
 イチョウの葉エキス入り。イチョウの葉エキスに含まれるフラボノイドには血管を柔らかくする作用があるそうな。

 それにしても大胆な店名だよね。バッカス ―― Bacchus ―― 豊穣と酒と酩酊の神、Dionysos(ディオニュソス)の別名だ。

 ―― 僕らは酒神バッカスのふところで酩酊する、血管がふにゃふにゃになるまで!
 文句ある?

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:居酒屋 | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MBT 履いてます

 

 これだけ、歩くことが好きだと、靴選びには気を遣う。
 昔はもっぱらスニーカーで、スーツに合わせる場合でもウォーキング機能がフォローされた革靴を使用してきた。

 足に合った、歩きやすいものを選んできたのだが、思い立って今はこいつだ。Mbt
 判るかな、円弧を描いた靴底で、歩きにくいことこの上ない代物だ。

 Maasai Barefoot Technology と云う理論から開発されたシューズ、と云うかトレーニング・ギアである(素足で歩くマサイ族のスリムなこと! あのバネに満ちた身体!)。
 “歩きやすい”って云うことは、身体にゆるい、と云うこと。―― これだけ歩くのが好きなのだから、フィットネスに有効利用したい、そういう発想で選んだ物だ。

 6月16日に購入して、以降散歩でも通勤でももっぱらこれを履いている。
 最初、いきなり1万歩を散歩して、お尻が筋肉痛になったのだが(短距離・短時間から使い始めるのがセオリー、いきなりの長距離は逆効果だそう)、2ヶ月たって、随分慣れてきた。

 先日の平間→目黒もこいつで踏破した。

 これで、少しはお腹が締まってくれば良いのだけれど、摂取カロリーが多いからな……。
 \(;;;´Д`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い! 平間→目黒

 平間→下丸子→(学研通り)→長原→(中原街道)→(山手通り)→目黒
 15438歩。

 8月13日。好天。散歩日和を越えて、熱中症指数MAXの危険日。
 なんで、こんな日に歩くのか?
 スタートを早めにして(8:52)、昼食休憩約25分を挿んで、ゴールが12:10。
 午前中に終わるように、熱中症対策をしたつもりだったけれど、やっぱり暑かった。爽やかな風が救いだった。

 では、散歩のダイジェストを坂を中心に……。

 南武線平間駅を上記のように8:52にスタートし、東へ。
 多摩川をガス橋で渡った。Gas_brig
 神奈川県鶴見で製造されたガスを東京側に送るために架けられたのが初めという。
 橋の向こうにはCanon本社。

 東急多摩川線下丸子駅を横目に環状八号線を過ぎ、ぬめり坂へ。Numeri_sl
 『大森区史』によると、豪家の美しい娘が自ら望んでこの坂に生き埋めになったらしい。―― 怖っ!
 

 さらに東急池上線を渡り、北上。
 すると、季節外れの雪だるまが居た。Snowman
 フェンスの中は「南久が原圃場」。菜園の守り神か?
 なんか、ちょっと涼し気持ちになった。

 呑川を渡り、東海道新幹線・横須賀線高架をくぐり、学研通り。
 学研通りを左折して、蝉坂Semi_sl
 傾斜角12°。結構長い坂で……。この時点で息が上がってた。ぜぃぜぃ。

 坂を上がりきって左折。小池公園でトイレ休憩。Kamo
 &池を散策。鴨さんたちは暑くないの? 水に浸かってた方が楽じゃない?

 東急池上線長原駅を過ぎ、中原街道に出、北上。品川区に入った。
 三光教会前の歩道橋から中原街道を撮った。Saikachi_sl  ここは「さいかち坂」とも呼ばれている。

Palm
 一応パルムのアーケードを撮って、けれど、アーケードは行かず、旧中原街道で北上。
 星薬科大学を回り込むと、「國藏五柱稲荷大明神」という小さいけれど威厳のあるお社が。
 失礼して並んだお狐様を撮った。Kithune

 大崎局前交差点で山手通りに入った。
 東急目黒線をくぐったところに、‘しながわお休み石’が並んでいた。
 画的にどうかな、と東急目黒線高架と合わせて撮ってみた。
 トラックが無かったら、もう少しましな画になっていかな??
 ちなみに‘しながわお休み石’、区内に268基あるそうだ。

Oyasumi_ishi

 昼食後、目黒川に出てゴール目黒駅を目指した。
 目黒と言えばこの坂。行人坂だ。Gyounin_sl
 行人坂火事は3日間も燃え続けたらしい。江戸時代の話だけれど。

 書いていて東急の軌道が充実していることを改めて認識した。
 この辺は東急電鉄が強いね。

 あと、坂はそれぞれの区が区ホームページでフォローしてくれてあり、助かった。
 どうもです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さん亭」 @ 平井

 

Roasta_up

 犬も歩けば棒に当たると言うか、良いお店を見つけた。
 1965年の創業。質実剛健なとんかつ屋さんだ。Santei_outs

 メニュー豊富だ。Menu_1 Menu_2
 夜は居酒屋仕様になるよう。Menu_3 Menu_4

 テーブル席の他に、L字のカウンターもあって、おひとり様でも利用しやすい。Santei_ins
 ‘呑み’でも使える。

■さん亭定食Santei_tsk
 キスフライが付いてくるのが嬉しい。
 エビフライは尻尾の付け根まで殻が取られていて、食べやすかった。
 ヒレカツはウリの「焼き」 ―― 脂で揚げるのではなく、一度フライパンで焼いたあと粉チーズをまぶし、その後じっくりとオーブンで焼き上げる。中は蒸し焼き状態。 ―― コロモは香ばしく、内は柔らかくジューシー。
 いやいや、どのフライをとっても文句はない。

 ご飯とお味噌汁とお新香が付いてくる。
 奥、左はカラシ。中央がマヨネーズ(自家製っぽい、黒胡椒が利いている)。

■焼きとんかつロースA定食Roasta
 あぁ、画はメインの皿のみだ。
 (トップの画はこちらの切り口Up)
 週末、金・土・日は+¥150で北海道産三元豚に切り替え可能だ。

 最後に店先にあった記事を。Santei_kiji


にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:とんかつ | 平井駅亀戸水神駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「嘉賓」 @ 四谷

 

Kakisae

 自分、中華屋さんのUp率が高い。ラーメン屋さんを含めなくともだ。中華料理が好きなんだな。
 で、実は嘉賓(カヒン)、狙っていた。四谷の名店だ。Kahin_pl

 有名なのは“牡蠣ソース和えソバ”。(トップ写真)
 雑誌等で紹介されるときって、大概がこちらメニューでだ。

 でもでも、他のメニューも完成度が高いんだよ。
 特に、自分のようなひとり者には、月~土のランチセットがおすすめ。W_menu Hiru_menu

 この日いただいたのは――
■半五目チャーハンと半五目タン麺セット12_set

 後ろでぼやけているのは、
■水餃子Suigyoza
 別注文ね。

 そうだ、Up写真も載っけておこう。Cyhn_up 5tanm_up

 まぁ、おひとり様だとこういうパターンだけれど、グループで来店して色いろ注文して、シェアしてワイワイ……って云うのが本来の「嘉賓」のあり方なのかな?

Kahin_ins  大きなテーブル席ばっか。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:広東料理 | 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「じゅ泉」 @ 与野本町

 

Soba
  店名、「じゅ」の字が難しい。「樹」のさんずい版(Unicodeは‘U+6F8D’)。ここではひらがなの「じゅ」で通すことにする。

 たまたま近所に用があり、2度昼食でおじゃました。Jyusen_outs
 首都高速埼玉大宮線が頭上を走る、R17から脇に入った処、住宅街に「じゅ泉」はある。商店街でもなく“こんな処に!?”というロケーションであるが、予想以上に利用客がいる(失礼!)。
 駐車場を有することが集客につながっているかとは思う。
 しかし、突き詰めれば「味」が伴わないとダメなわけで、美味さ故、認知された蕎麦処のようだ。

 明るい店内。蕎麦屋の雰囲気全開でなかなか良い。Jyusen_ins1
 個室にもなる小上がりの入り口に、軒(のき)が設えてある。Jyusen_ins2
 清楚かつ粋な内装である。

 肝心の蕎麦は ――

■冷したぬきCld_tnk
 蕎麦が、せいろ(細打ち、二八)か田舎(太打ち)か選べる。写真は田舎。
 盛りつけに品がある。

■すすしろSuzusiro
 大根の山を崩さないと細打ちせいろが拝めない。
 こんな風に蕎麦と大根を合わせたのは初めての体験だったが、大根のザクとした歯応えが良いコントラストになっていて美味。

■鴨せいろTukekamo
 山形県産蔵王地鴨を使用している。
 Webで当たってみたら、しゃぶしゃぶなどでも美味しくいただける鴨のよう。
 食べ比べれば明らかなのだろうが、自分の馬鹿舌では、肉質の柔らかさとさらりとした脂にアドバンテージがあるかな、とそんな感じ。Kamo_up

 この鴨せいろの食べ方だが ――
 七味を浸けダレに落とさずに、蕎麦に落とす。(トップ写真)
 こうすると七味の香りがすごく効く。

 他にもメニューはいっぱいある。Menu1 Menu2 Menu3

 “肉汁せいろ”もいただいたが、豚の脂も蕎麦に結構合って、美味である。
 蕎麦の風味がしっかり出ているからに違いない。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 与野本町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フェリカ」 @ 国会図書館

 東京シティガイドの研修で国会図書館に行った。国会図書館、初体験であった。

Plate
 館内には売店もあるし、食事処も複数ある。で、こちらは新館1階のカフェレストラン。Ferca_gk
 テーブル間隔が広めで、食堂というよりはラウンジ的雰囲気もある。館内資料を利用しながらの飲食はNGだが、調べものの途中で頭をCool-Downするにはもってこいのスペースと言える。Ferca_nk

 トップの写真が、この日いただいた日替わりランチ、チキンソテーバジル風味(¥500)。ワンプレートランチだ。
 ご飯は普通の白米か、健康米(この日は麦飯)が選べる(写真は健康米)。
 平日は、丼もののランチメニューもあって、いずれもワンコイン¥500。ヴォリュームは決して多くはないが、素晴らしいコストパフォーマンスである。

 ランチセット以外のメニューを載せておく。Menu_f Menu_d
 この他に限定メニューだろうか「懐かしの和風チーズトースト」(海苔が香るバター醤油味!)など、変わったものもある。

 写真がしょぼいかと思う。
 国会図書館は館内への持ち込みが制限が色々あって、カメラもNG。
 これら写真は、慣れないスマホで撮ったもの(資料の写真を撮った訳でないからさ、赦して~)。これでもフォトショで頑張って加工したのだ。

 話を戻そう。
 週の初めにランチセットの“ウィークリーメニュー”が掲示される。

 これが素晴らしい。Menu_w

 よく見ると、チキンソテーバジル風味は「E:820kcal」「N:2.3g」とある。
 エネルギーとしてカロリーが820kcal、ナトリウムが食塩相当量2.3g、という意味であろう。
 カロリー表示ならば、いつも自分が利用する社員食堂やコンビニのお総菜でも見られるが、ナトリウム含有量表示は、さすがに行われていない。
 利用者の健康をフォローした素晴らしいサービスである。

 「旨味」を感じるにはある程度の塩分濃度が必要、と云う話を聞いたことがあるが、塩分(ナトリウム)の過剰摂取は高血圧他、生活習慣病の大敵である。
 成人男性の摂取量は1日あたり9g未満が目標だとか。
 グリコ『栄養成分百科』から「食塩相当量・ナトリウム」のページをリンクしておく。ご参考まで。

 国営の施設ともなれば、利用者の健康を配慮したサービスがあって当然、とも言えるが……いやぁ、正直感心した。Place

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:喫茶店 | 永田町駅国会議事堂前駅赤坂見附駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京・ふれあい橋

 

 お気に入りの散策ネタに“人道橋”がある。
 歩行者と自転車しか通れない橋。
 以前、目黒の人道橋「白金桟道橋」を紹介したことがあったが、実はその後も“人道橋”を漁り歩いていて、今回Upは「ふれあい橋」だ。

 東京に5つの「ふれあい橋」があった。どれも人道橋であるところが心憎い。

 その五橋を一挙公開。

 では(先の人道橋ネタにつづき、またしても)目黒から――

■目黒川 ふれあい橋

 目黒川は区民センターへと続く橋である。Meguro01
 この夏の時期は併設の公園プールがにぎわっている。
 春は桜。Meguro03
 横幅が29mもある立派な橋。車も通れそうだが架かる両端が公園だからね。
 橋の中央には世界各国の「こんにちは」の言葉が埋まっている。Meguro02

■旧中川 ふれあい橋

Hirai01 最寄り駅はJR平井駅。
 青いアーチが空に溶け込むような美しい人道橋だ。Hirai02
 ここはスカイツリーの View-Point でもあって、その所為かこの日、橋の西側ではドラマか何かのロケが行われていた。故に下の写真は東側から。Hirai03
 宣伝をしておこうか。関係者ではないけれど。
 今年8月15日、ここふれあい橋たもとで、江戸川区主催の“灯籠流し”が行われる
 昭和和20年の東京大空襲で、ここ平井地区の罹災者は約40,000人、旧中川での死者は約2,800人。犠牲者の慰霊と恒久平和の願いを込め、灯籠が流される。

■神田川 ふれあい橋

 秋葉原駅の南側。JR高架に沿うように架けられた人道橋である。Akb01
 Web情報だが、東北・上越両新幹線の東京駅乗り入れ工事で架けた工事用の橋が、地元の要望でそのまま一般開放されたのだとか。
 この人道橋がなければ、結構迂回しないと対岸には渡れない。秋葉原駅至近なのが便利で良い。
 風景は、西側はその新幹線高架が面前でNG。東側は神田佐久間河岸が見渡せる。昭和通り和泉橋とその上の首都高。Akb02
 南岸には柳森神社が見える。Akb03

■浅川 ふれあい橋

Tkthd02  日野市、高幡不動駅が最寄り駅である。
 ふれあい橋は愛称で「万願寺歩道橋」が正式名であるらしいが、「ふれあいばし」ってしっかり彫られている。Tkthd01
 自然あふれる浅川と相まって流麗な橋だ。夜景がまた美しいらしい。
 こちらのふれあい橋もその美しさ故か、しばしばロケに使用される
 日野市観光協会のページをリンクしておく。Tkthd03

■天王洲運河 ふれあい橋

 数ある人道橋の中でも特にお気に入りなのがこちらのふれあい橋。
 自分、運河散歩が好きだから。
Tnoz01  もう何枚もここの風景を写真に納めているのに、橋名を刻んだプレートを確認したことがない……。でも、確かに名称は「ふれあい橋」だよ。
 こちらの橋は港区と品川区を結ぶ橋でもある。港区側にある港南公園から品川の天王「洲」へ。
 港南公園の桜も綺麗。春に撮った画を入れておく。Tnoz02
 こちらの橋もロケによく使われている。
 TVで見掛けるたび、「あぁ!」て、つい声がでちゃう。Tnoz03

 

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一代」 @ 葛西

 

Menu02  散歩の途中、看板に記されたメニューが気になった。


 ――‘あんかけめん’。


 食べたことがない。


 ちょうどお昼どき。即決で入店。

1dai_gk

 場所は東葛西、スーパー銭湯『湯処葛西』の交差点だ。
 店内のカウンターはその交差点に面している。
 カウンターの他にはテーブルが3台。小体なラーメン屋さんである。1dai_nk

 メニューを見て驚く。Menu01
 ラーメンがワンコインでおつりがくる値段だ。
 ‘納豆チャーハン’も気になる……。セットメニューも美味そうだ……。

 しかし初心を貫き、Aセットの‘夏のあんかけめん+高菜丼’を注文した。

A_set  写真↑、湯気でコントラストが甘めに見える。

 あんはもやしの歯応え、ニラの香りに加え挽肉のうま味が行きわたり、あとを引く美味さ。Men_up
 内には細麺。
 お好みで、お酢や辣油を加えても美味しくいただけるに違いない。

 高菜丼の方も、高菜が一度炒められているよう、ちゃんと仕事が施された丼であった。
 スープも王道のラーメンスープで和む。

 帰宅し、Webで調べたら激安ラーメン店として評判のラーメン屋さんだった。
 値段だけでなく、腕もあっての人気店とみた。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:ラーメン | 葛西駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでジンギスカン屋さんは ‘ 兜 ’ なの?

 

■特選ラムチャップYaki_up

 新宿大ガード西からすぐ、兜屋でジンギスカンを食した。
Kabutoy_gk
 先輩チョイスのお店。多くの有名人が来店しているらしく、壁には色紙が並んでいた。Shikisi

C_menu
 3品飲み放題コースを行った。

■お通しの枝豆。Table
 注目はテーブルの上のタレ。
 灰皿の左にあるのはベル食品のタレだ。
 自分、不勉強で知らなかったが、有名なタレらしい。確かに甘辛さのバランスが良くて美味い。リンクを張っておく。

■パリパリきゃべつCabege

 続いて鍋。Nabe
 奥に備長炭、火が熾されている。

■黒豆もやし&特選ラムロースMoyashi

 もやしを鍋にセットしてれたのはお店スタッフさんだ。
 スタッフさんに美味しい焼き方を聞いてみよう。

■季節の野菜盛りYsi_mori

■特選ラムしお&特選ラムみそLamb

 ‘しお’と‘みそ’でどうタレを充てるかを考えるのが愉しい。
 しおはベルのタレが合うような気がする。

■特選ラムチャップ 1ヶ¥1350Honetuki
 これはコースにない品。追加注文だ。
 トップの写真は、これを焼いているところ。
 焼き方、骨の切り分け方などはスタッフさんが教えてくれるぞ。

 コースにはライスが付いている。頃合いをみて注文すべし。

 自分らは‘飲み放題’故、ガンガン行って注文するのを忘れた。
 アルコール類の揃えも幅広く、なかなかよろしい。
 飲み物メニューは「ぐるなび」ページの方が詳しい。リンクを張っておく。

 店先にファブリーズが置いてある。Misesaki
 シュシュッとやってもう一軒行く?

※疑問!

 目黒には「カブト」というカタカナ店名のジンギスカン屋さんがある。
 新橋、小平、大宮には「北海道ジンギスカン かぶと」と云うお店がある。(いずれもWebのみでの確認)
 ……何故ジンギスカン屋さんは「兜」絡みの店名なのだろう?
 昔、北海道は札幌に「かぶと」というお店があったらしいが、そこからの派生なのか?
 あぁ、ジンギスカン鍋が‘兜’のような たたずまい だから??
 誰か教えて!

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:ジンギスカン | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »