« 東京・ふれあい橋 | トップページ | 「じゅ泉」 @ 与野本町 »

「フェリカ」 @ 国会図書館

 東京シティガイドの研修で国会図書館に行った。国会図書館、初体験であった。

Plate
 館内には売店もあるし、食事処も複数ある。で、こちらは新館1階のカフェレストラン。Ferca_gk
 テーブル間隔が広めで、食堂というよりはラウンジ的雰囲気もある。館内資料を利用しながらの飲食はNGだが、調べものの途中で頭をCool-Downするにはもってこいのスペースと言える。Ferca_nk

 トップの写真が、この日いただいた日替わりランチ、チキンソテーバジル風味(¥500)。ワンプレートランチだ。
 ご飯は普通の白米か、健康米(この日は麦飯)が選べる(写真は健康米)。
 平日は、丼もののランチメニューもあって、いずれもワンコイン¥500。ヴォリュームは決して多くはないが、素晴らしいコストパフォーマンスである。

 ランチセット以外のメニューを載せておく。Menu_f Menu_d
 この他に限定メニューだろうか「懐かしの和風チーズトースト」(海苔が香るバター醤油味!)など、変わったものもある。

 写真がしょぼいかと思う。
 国会図書館は館内への持ち込みが制限が色々あって、カメラもNG。
 これら写真は、慣れないスマホで撮ったもの(資料の写真を撮った訳でないからさ、赦して~)。これでもフォトショで頑張って加工したのだ。

 話を戻そう。
 週の初めにランチセットの“ウィークリーメニュー”が掲示される。

 これが素晴らしい。Menu_w

 よく見ると、チキンソテーバジル風味は「E:820kcal」「N:2.3g」とある。
 エネルギーとしてカロリーが820kcal、ナトリウムが食塩相当量2.3g、という意味であろう。
 カロリー表示ならば、いつも自分が利用する社員食堂やコンビニのお総菜でも見られるが、ナトリウム含有量表示は、さすがに行われていない。
 利用者の健康をフォローした素晴らしいサービスである。

 「旨味」を感じるにはある程度の塩分濃度が必要、と云う話を聞いたことがあるが、塩分(ナトリウム)の過剰摂取は高血圧他、生活習慣病の大敵である。
 成人男性の摂取量は1日あたり9g未満が目標だとか。
 グリコ『栄養成分百科』から「食塩相当量・ナトリウム」のページをリンクしておく。ご参考まで。

 国営の施設ともなれば、利用者の健康を配慮したサービスがあって当然、とも言えるが……いやぁ、正直感心した。Place

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:喫茶店 | 永田町駅国会議事堂前駅赤坂見附駅

|

« 東京・ふれあい橋 | トップページ | 「じゅ泉」 @ 与野本町 »

戯言淡々」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/46615594

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェリカ」 @ 国会図書館:

« 東京・ふれあい橋 | トップページ | 「じゅ泉」 @ 与野本町 »