« 2013年 初詣 門前仲町→小石川柳町 | トップページ | 「松島」 @ 池之端 »

六本木の夜、黒猫の夜

 

 グルメ本でチェックすると赤坂1号店のほうがが引っかかるが、この日訪ねたのは六本木の黒猫夜

 ビルの4階にある。目印はこの看板。Kanban01
 4階に上がったら、次ぎにこの案内。Kanban02
 矢印が示すドア。Door  とっても入りづらい。
 勇気をもって開けようではないか!

 カウンターに通された。カウンタの窓から、艶のある六本木の路地がみえた。Counter

 バーのような、雰囲気満点の中華料理店だ。
 内装も素晴らしい。一例としてグループ席を。Table

 最初の一杯はこちら。液面がチラとしかみえないね、淡い褐色をした炭酸系
■黄(ファン)ボールFanball  少し甘めの味付けが施されている。

■お通しToshi  右が焼き葱にモツ(どこだろう、ハチノス?)を合わせたもの。左が高野豆腐のようなものを八角を効かせて煮込んだもの。中央が青海苔を合わせて煎った落花生。

 料理に突入する前に、ちょっと長くなるけれどメニューを紹介しておこう。これでも一部なんだけれど。

Menu01 Menu02
Menu03 Menu04

 中国地酒の揃えが素晴らしい。コストも。

Jz_menu00_2 Jz_menu01
Jz_menu02 Jz_menu03
D_menu01 D_menu02

 さて、この日にいった料理の数々を ――

■前菜の盛り合わせZensaim

■クレープギョーザCrepegyoza  正確には‘陳さんの村の中国クレープギョウザ’。
 出てきたときの写真を撮らないうちに、スタッフさんに混ぜ込まれてしまった。最初は2ヶの巨大な餃子だったのだ。
 おそらく、焦げないうちに調理しなければ、という配慮からだろう。あっという間にこうなった。そう、これが完成形。写真左のもんじゃで使う‘へら’で食べる。
 米粉で作られた皮が、もちもちした食感だ。

■山羊鍋Yaginabe  写真右は薬味。ちなみに、パクチーはお代わりして、このあとの麻婆豆腐などにも使った。

◆山羊肉のUpYagi_up  臭みなし。‘牛’と言われても疑わないくらい。

■麻婆豆腐Mabotofu  見た目普通かも知れないけれど、チリとかコリアンダーとかが使われてるのか、微かにカレーっぽいスパイシーさがある。

■南香豚カツTonkatu  豚肉自体に甘辛い味付けがされている。マヨネーズがあう。

■広東白菜と自家製ハムの炒めHakusaiitm  オイスター炒めだね。
 広東白菜は初体験。見た目は青梗菜を小ぶりした感じ。味も似ているけれど、苦みが少ない。

 この日いった酒 ―― (上の酒メニューを照らしてみて)

■黄中皇(ファンジョンファン)Fanjyonfan
 『紹興酒を知りたいならばまずこの一本』とメニューに記された江南派西路のもの。
 燗にしても美味そうだ。

■ジーモー(←ジーに当たる漢字がJISにない)老酒・深焦型Shenjyao
 北方派のお酒だ。甘みと苦みが特出していて薬膳酒のよう。
 猛烈にクセがあるので、温めたら一層飲みにくくなりそうだ。

 自分、正直に言って、中国の酒を「紹興酒」「老酒」と大くくりでしか考えていなかった。地方や蔵によってバリエーションがあって、こんなにも奥深いものだったとは……!
 この「黒猫夜」ならば、中国酒の勉強ができそうだ。現地買い付けだから財布にも優しいし。

 お会計をお願いしたら、サービスにお茶が出てきた。
 普通のお茶じゃないよ。
■八宝茶8houcya  底に砂糖が沈んでいる。
 身体に良い八つの珍味がブレンドされたお茶だ。これで二日酔いは免れる。ほんとか?

 ヌーベル・シノワに傾倒した中国料理も悪くないけれど、中国の郷土料理をガツンと愉しむのも素敵だね。
 気に入った「黒猫夜」!!!

 ―― 六本木の夜、「黒猫夜」、宿酔覚悟。6treen

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:中華料理 | 六本木駅六本木一丁目駅乃木坂駅

|

« 2013年 初詣 門前仲町→小石川柳町 | トップページ | 「松島」 @ 池之端 »

宿酔注意」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/48573615

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木の夜、黒猫の夜:

« 2013年 初詣 門前仲町→小石川柳町 | トップページ | 「松島」 @ 池之端 »