« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

「花村」 @ 木場

 

 昔むかしに一度訪ねたことがあった。
 この日、散歩の途中で思い出して、「あぁ、あそこに蕎麦屋があったはず……」なんて感じで再訪。

Hanamura_outs

 店先に『昭和九年 当所』と記された写真がある。Photo_s9
 とすると何か? 花村は昭和9年にはこの永代通り東陽三丁目交差点にあったのか? (創業明治25年だそうだ!)
 昭和9年ならば、この交差点を南下すれば、艶ときめく遊郭“州崎パラダイス”があった頃。
 そして、写真にもそれらしい軌道が写っているが、永代通りに都電28番系,38番系が走っていたはずだ。
 タイムスリップして当時の「花村」に行ってみたい!

 メニューはその当初から変わっていないのか(いやたぶん、変わっているのだろうけどれど)。
Menu_01
Menu_02
Menu_set

■半かつ丼と志のだMinit_snd_set

 蕎麦のUpSoba_up  美しい。

 漬け汁UpSinoda_tk 狸? 狐? 狢か?

 半かつ丼UpKatud  「半」にしては充分すぎるヴォリュームだ。

 店内はこんな感じ。手前は蕎麦湯。Hanamura_ins
 TVもあって大衆的だけれども、ご飯物も蕎麦も極めてまっとうなクオリティ。嬉しいね。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 木場駅東陽町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いせや」 @ 蔵前

 

 1階のコの字カウンターは満席、自分お一人様だが、2階の座敷スペースに案内された。こちらのほうがゆったりしていて、写真を撮るにも好都合だし、助かった。
Iseya_ins

 2階には、お子様連れのご家族が寛いでいらした。

Menu_01
Menu_02
Menu_03

■味噌汁&お新香
Iseya_tbl1
Iseya_tbl2

■天丼 海老×2,イカかき揚げ,キス
10don  江戸前? 濃口だけれどもキリッとしまったタレだ。

 昭和40年代からの老舗らしい。
 ランチで訪問。

 「天サンド」 気になるなぁ~!

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:天丼・天重 | 蔵前駅田原町駅新御徒町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「麦」 @ 松陰神社前

 

Mugi_outs  お店外観 ――、格好良い。
 店の面がまえに、店主の思いが現れている。

 営業は、土日祝日のみ。変わっている。
 某情報誌によると店主さんは教員さんらしく、それ故、うどん屋さんの方は“土日祝”と云うことのようである。

 本当に好きで、うどんを打っているのだ。こだわり/思い入れがお店の面がまえに、そして味にも現れているに違いない。

 内装は和み系。ほっこりしている。
Mugi_ins
Mugi_inst

 メニューはこんな感じ。創作系が充実。
Menu00
Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
Menu05

 いただいたのは……

■塩うどんSioudn_and  うどんのタンメンだ。
 スープ、うまい。辣油も合う。

 それと……

■ミニかきあげ丼Kakiagedn
 なんかみなさん、かきあげ系を注文されているんだよね。人気メニューのようだ。
 ブリッと海老が入っていた。

 丁寧な仕事ぶり。こだわり/思い入れが、味にもやっぱり現れていた。

Udn_up
Thanks

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:うどん | 松陰神社前駅世田谷駅上町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Pont d'Or Inno(ポンドール・イノ)」 @ 三越前

 

Pdoi_door

 フランス「トロワグロ」での修行経験を持つ井上旭氏が2010年にオープンさせたお店。マンダリンオリエンタルホテルの向かい、YUITOビルにある――と言ってもビル内に入っているのではなく、裏に併設された感じで、ちょっと隠れ家っぽい雰囲気もある。

Pdoi_outs

 井上シェフと言えば京橋のほうにある「Chez Inno(シェ・イノ)」を想い浮かべるに違いない。こちらPont d'Or Inno(ポンドール・イノ)はまだ知名度が低い故、穴場ともいえる。

 内装はこんな感じ、天井の高いラグジュアリーな空間。綺麗なステンドグラスもある。

Pdoi_ins
Stained_g
Table

 まずはシャンパン。Glasses
Champagne

 いただいたのはアラカルトからチョイスするタイプのコースだ。

■アミューズNinjinm  にんじんのムース、上にオレンジのジュレ。
 こちらはFix。

 前菜からがチョイスで……

■蟹のゼリー寄せKanizy  蟹はマツバガニ。

■パテ・ド・カンパーニュPatechamp

 魚料理は ――

■アイナメのポアレAinamep  ごめん、ソース失念。

■帆立のソテー、ズッキーニのファルシHotates  ファルシは鶏胸肉をあしらたもの。
 ソースはマッシュルームソース。

 肉料理 ――

■仔羊のローストKohithujil

■仔羊のパイ包み焼き“マリア カラス”Maliac  井上シェフのスペシャリテが、こちら「ポンドール・イノ」でもいただけるのだ。

 追加注文の、
■チーズCheese

 デザートは、
■クリームチーズのパルフェ 青りんご・バジルシャーベット添えDessert

■レイノーで珈琲Coffee

 ゆったりとまったりと、素敵なディナーだった。

 こちらでも井上シェフのスペシャリテがいただけるし、お味だって「シェ・イノ」と遜色ないはず。しかしながらコース設定としては「シェ・イノ」よりは安価なラインをひいてあって、繰り返しになるが、穴場である。
 あと、こちら「ポンドール・イノ」の特色としては、“鉄板焼きのある個室”を有しているところか。

 帰りに空けたワインのエチケットをいただいた。
 こういったサービスも、さすがだ。Wine_e

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:フレンチ | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「masumiya」 @ 原宿

 

 例により、散歩の途中で。Masumiya_outs
 原宿・竹下通りの喧噪から逃れるように路地へと回り込んだら、そこにあったmasumiya。店先のボードにサンドイッチメニューが並んでいた。サンドイッチには弱い。惹かれて入ってしまった。

 店内、ガラス面が広く、明るい。

Masumiya_ins Glass

 リンクしたお店ホームページに詳しいメニュー紹介があるが、ここにも一部載せておく。

Menu_01 Menu_02

Menu_03 Menu_04 Menu_05

 パンが焼ける匂いがしてきた。芳しい、パン好きににはたまらない匂いだ。

■照り焼きチキンサンドTeriyakic_s_f
 コールスローサラダとポテトチップスが付いきた。
 パンはライ麦パンか普通の白いイギリスパンかが選べる。自分のチョイスはライ麦だ。

 別アングルで ――Teriyakic_s  断面が判るかな?
 左の白いペーパーはサンドイッチを包むためのもの。

■ロイヤルミルクティーRm_tea
 大きなマグカップで出てきた。
 なんか、ほっこりと長居してしまいそうだ。

 忙しいのに、スタッフ二人で回していた。デリバリーにも対応。
 きびきびとした所作は見ていて気持ち良かった。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:サンドイッチ | 原宿駅明治神宮前駅北参道駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蔵」 @ 大森町

 

Kura_outs
 とある日の散歩コース、美味そうなお店を探していて、事前に見つけてあったお店。うどん屋さんである。“@大森町”としたけれども、梅屋敷からも同じような距離。

Ocya

Kura_ins
 内は小上がりもあって、家族で利用するにも良さそう。

Menu_01
Menu_02
Menu_ls
Menu_nb
 メニューはバリエーション豊富だし、老若男女、何かしらお気に入りのメニューが見つかるだろう。

 寒い時期には煮込み系に惹かれる。
 ランチサービスから ――
■もつ煮込みうどんMothuni
Nikomiu_up  もちもちとした歯応えの上、味噌出汁が染み込んで独特の風味がある。

 はたまた、セットの小ライスで遊んでみたり。Oasobi

 こんなに食べておきながら、冷たいうどんで、真の実力を確認したくなっちゃった。
 故に追加注文 ――
■きつねうどん(冷)Kitune
Kituneu_up  きゅんっとしまった見事な歯応え。
 “きつね”なのでやや甘みに寄った味わいだが、出汁の風味も良い感じ。

 「三たて」に拘っているそう。
 蕎麦の三たては聞いたことがあるが、うどんの三たてとは如何に?3tate

 そうか、天ぷらも美味そうだ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:うどん | 大森町駅梅屋敷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Coolie's Creek」 @ 白金高輪

 

 古川沿い、明治通りの裏筋にあたる路をいき、もうすぐ古川橋か、という辺りに佇むカフェ「Coolie's Creek (クーリーズクリーク)」。

Cc_outs

 白板塀にコバルトブルーの扉、落ち着き洒落た趣(おもむき)で足が止まった。
 メニューボードをみると、本格的な中華料理が並んでいる。
 そのギャップがまた面白い。

Cc_ins
 内装はこんな感じ(2階席もあるよう)。アート作品が展示/販売されていた。Art
 ホームページによると、時にはライブなどのイベントもセッティングされるらしい。
 B.G.M.はセレクションに凝ったCDだし、雰囲気が良い。

 ではまずメニューから。

Menu_00
Menu_01
Menu_02
Menu_03

Menu_b1 Menu_b2

Menu_sl
Menu_ld

■モヒートMojito

■四川水餃子4sengyz

■ランチセットの前菜Zensai  棒々鶏,蛸とキュウリのカラシ和え

■黒酢の酢豚Subuta
On_gohan

 昼間かっらしっかりいただいてしまった。
 水餃子が四川で酢豚が広東、狙った訳ではないけれど、バランスが取れてる?
 あぁ、モヒートがキューバだ、アンバランスだったか!?
 良いの良いの、満足度“大”だったから。

 飲み物メニューを見れば判るけれど、夜はBarになるんだね。
 B.G.M.も昼/夜でがらりと変えるようだし、覗いて見たい。
Cc_neons

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

関連ランキング:四川料理 | 白金高輪駅泉岳寺駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »