« バーボンライス @ 「Bourbon」 | トップページ | 東京軍鶏 @ 「鶏はな」 »

「Le Bouchon」 @ 浜町

 

Leb_outs

 人形町駅や水天宮駅からも行けるけれど、ちょっと判りづらいかな。浜町の路地裏にLe Bouchon(ル・ブション)はある。

 シェフはフランス「ラ・コート・ドール」などで修行経験を持つ方。

■グラスシャンパンGlschmpg
 昼/夜でテーブルクロスを変えるそうだ。昼は白、夜は青。
 その上に、葡萄の置物とおはじきが飾られていた。

 コースでお願いした。
 ではでは、(パンとサラミは割愛して)この日サーブされた品々を ――

■じゃがいもとチーズのスフレSouffle
 アミューズ。
 丁寧な仕事をされているようだ。スムースな舌触りと焦げたチーズ香ばしさがいい。

■ホワイトアスパラと手長海老 フランボワーズソースWa_tnge
 旬の組み合わせ。フランボワーズソースが適度な酸味でまとめ役だ。
 アスパラの右に並んでいる円いものは仔牛の胸腺。
 自分、これ、初体験だった。
 フレンチでは「Ris de Veau」と呼ばれ、珍味として認識されている特別な部位。
 子供の頃だけにあるお乳を吸うための器官とのことである。
 弾力があるけれど、味は淡泊。色々な料理/具材に合いそう。

 この日は、シャンパンで行った。特に意味はないけれど。
■ Chrition BusinBtl_chmpg
 ピノ・ノワール - 80%、シャルドネ - 20%。
 輸入元は横浜君嶋屋

■甘鯛のグリル 西洋わさびソースAmdai
 皮目がバリッと焦げていて美味。後ろでぼけている白いムースはじゃがいもだったかな?
 わさびソースと合わせてちょうど良い感じになった。

■和牛フィレ肉 トリュフソースGyufil
 右手、付け合わせのじゃがいもの食感もあって、文句なし。
 フィレがもの足りない方も、じゃがいもの後ろがフォアグラムースと聞けば、お皿としてのバランスに納得では。

■デザートDessert
 メモし忘れた。確か、ゼリー状のコーヒーが下に隠れていたかと……。

■お菓子とコーヒーOkashi
 カップはエスプレッソ - ダブル。

 以上が、この日の“La Cigale”コース。
 お魚、お肉と盛りだくさんのようだけれど、ヴォリューム感はちょうど良く、コースの流れも含め大満足。素敵な時間を過ごせた。

 後日、“La Cigale”を辞書で引いたら“蝉(セミ)”とでた。
 ?? Webで調べたらオペラ座の反対側に「La Cigale」という115年も続く老舗レストランが見つかったけれど、シェフの修行先に「La Cigale」という店名は見られない……。
 当店のホームページアドレスも“lebouchon-cigale.com”なんだけれど。
 “蝉/Cigale”はフレンチでは特別な意味を持つのかな……?
 今度行ったら、尋ねてみよう。

Plate

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

ル・ブション
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:フレンチ | 浜町駅水天宮前駅人形町駅

|

« バーボンライス @ 「Bourbon」 | トップページ | 東京軍鶏 @ 「鶏はな」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/51503807

この記事へのトラックバック一覧です: 「Le Bouchon」 @ 浜町:

« バーボンライス @ 「Bourbon」 | トップページ | 東京軍鶏 @ 「鶏はな」 »