« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

「か乃おか」 @ 銀座

 

 銀座は西五番街通り。そこにひっそりと和食のか乃おかがあった。
 “ひっそりと”と云うのは、地階にあるからで、よもやすると通りすぎてしまいそうだ。

Genkan

 カウンターに案内された。
Counter01
Counter02
 魚中心で、―― とコースを頼んであった。Obon

 飲み物メニューはこちら。D_menu
 いつぞや代官山でいただいた「白穂乃香」があったので、注文。
Shirohonoka  (少し飲んじゃったけれど、泡の細かさが伝わるかと……)

■付き出しTukidashi
 奥に湯葉と焼き茄子が隠れている。
 その焼き茄子の香ばしさとか、雲丹の濃厚さとか、絶妙なバランスである。

■鮎の揚げ物Ayu
 素揚げ。もちろん骨までいただける。
 島根県高津川の鮎だそうだ。

■椀物Wanmono
 海老しんじょと甘鯛。海老しんじょう、ふわトロ。出汁も美味。

 そうそうに日本酒に変わっている。「黒龍 三十八号純吟」だったか。Sake
 錫の酒器だね。これは気が利いている。

■お造りOtukuri
 オレンジ色のものはマスノスケ、キングサーモンである。
 左、アカムツ(のどぐろ)。右はシマガレイ。
 様々な薬味が配置されているのも面白い。

■焼き物Yakimono
 このひと皿は、“魚中心で”と頼んだからのものか?
 左、マスノスケ。右、アカムツ山椒焼き。中央はクリームコロッケ。

■うなぎUnagi
 琵琶湖の天然うなぎだ。
 その天然うなぎを見せてくれた。カウンターならではだね。

Unagi_01
Unagi_02
 なんか『ドーンッ』って、効果音が聞こえてきた感じ。

 さて〆は ――Murashi
Akitakomachi  ―― 土鍋で炊いたあきたこまち。水は、鹿児島の温泉水「寿鶴」。
 「寿鶴」は南青山の某所でいただいたことがあったなぁ……。

■ごはんのセットGohan
 右は‘おかず’として残してあった琵琶湖のうなぎだ。

 完食。Cyawan  (ご飯茶碗の下から現れた絵が可愛かったから↑パシャ

■お菓子Kashi
 宇治の抹茶を使用したデザート
 下には小豆餡が引かれているのだが、定番のバランスだけれど、美味い物は美味い。

 銀座・西五番街通り、今では「ショコラストリート」なんて呼ばれているらしいが、まさかそこに、こんな素敵な和食のお店があるとはね。

Noren

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

銀座 か乃おか
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅東銀座駅有楽町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「満月」 @ 板橋区小豆沢

 

Mangetu_outs

 散歩で見つけたお蕎麦屋さん。
 気に入って、リピートした。

 最初の訪問は、店先のこの案内に惹かれたからだった。Honjituannai
 女子栄養大学との共同開発メニューだって。

■冷しゃぶそばReisyabusoba
 野菜たっぷり、じゃがいもも入っていてヴォリューム感がある。
 一見邪道なようでいて、基本はしっかり押さえられているようだ。せいろを胡麻ダレでいただくパターンがあるでしょ、このメニューのベースはそこかな。

 さてさて、他にもメニューはいっぱいある。

Menu01
Window
 創業40年だ。

 冷しゃぶそばオーダー後、追加で発注。
■とろろ丼(小鉢)Tororodon

 酒やそば前のつまみメニューもいろいろある。
Tumami_m1
Tumami_m2
Tumami_m3
Tumami_bm


 気に入ったのは、サービス精神旺盛なこのメニュー構成もしかることながら、蕎麦屋としてのこだわりが垣間見えるところ。

Annai

 再訪。
 この日は昼まっから酒をいった。
Sake_m

■新橋の男達の酒Sibashi_sake

 裏ラベルも ――Sibashi_sk_ura

 つまみメニューも色々あって悩むが……
■鴨の塩焼きKamosio
 鴨肉の脂をダイレクトに味わうには塩焼きが一番かもね。

 つまみでも愉しめそうな蕎麦にした。
■梅入り小海老天そばUmekoebi
 梅とか小海老天をつまみつつ、最後はつるると手繰る。
Soba_up

 内装に触れていなかった。Mangetu_ins
Box_seat  ボックス席の上にTV。『あまちゃん』だ~。

 季節に合わせて、新作メニューがリリースされるようだ。New_menu
 また行かないと……!

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

満月
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 本蓮沼駅志村坂上駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“冷やしねぎ” @ 「味包丁」

 

Ajhcy_outs

 最寄り駅は都営新宿線大島駅。サンロード中の橋、中の橋ぎわ。
 出前注文の入り方などを見ていると、地元に人気にお店のよう。
 店内は男子率高。

 メニューはこんな感じ。
Menu00
Tisyk_m
 メニューにない“カレーライス”のオーダーも受けていた。カレーも美味いのだろうなぁ。

 暑い季節になってきた。
■冷やしねぎ ¥750Hysngsoba
 これ、好み。
 辛さは見た目ほどではない。チャーシューの甘みや胡瓜の爽やかさが相まって良い感じだ。Hyng_up

 夏メニューとしては他に“ジャージャー麺”(¥750)もある。

■餃子Gyouza
 大振り6ヶで ¥400 はお値打ちかと。焼き目がパリッ。野菜も充分で重くない。

 寒い季節になればこちらかと……
■鶏そば ¥700Torisoba
 野菜たっぷり。タンメンの豚肉が鶏肉になっているような感じ。
 かろやか~。塩味なのが、また好み。Tsoba_up

 店内、テーブル席もあるので、グループやご家族でもOK。Table
 しかし、調理の様子が見られるカウンターが良いかな。Counter
 店主さんの鍋フリが格好良いのだよ。重たくて熱そうな中華鍋を見事にさばく!

 

Menu_ura

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

味包丁
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 大島駅亀戸水神駅東大島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「SPICE Cafe」 @ 押上

 

 押上の有名店。
 いまさらレポートを重ねても、どれほどの意味があるのか? いささか疑問だけれども、当然ながら拙ブログは個人的な備忘録でもあるので、記しておく。

 SPICE Cafeである。

 十間橋の商店街から東に入る路地に、この有名店はある。
Sp_outs01
 まずは昼時、散歩で流したときに撮った画。
 一軒家をリノベーションしたお店。奥まった位置に玄関があって、とっても魅力的なアプローチだ。Sp_outs02

 訪問したのは夜。Door

 窓際のカウンター席だった。

Hana  花やキャンドルがあしらわれていた。

 シャンパンが似合う?Spkw

 メニューはこんな感じ。
Course_m
Bord_m
Menu_anth
Alcohol_m
 ワインもあるぞ。W_annai
Wine_01
Wine_02
 フルカレーコースを注文。

■前菜盛合わせMoriawase
 右手、玉ねぎキッシュの奥は“ウプマ”。南インドでは一般的な料理らしい。
 メニューには「5品」とあったが、「7品」じゃん!

■自家製ソーセージSausage
 餃子の味がする!

■かつおのカルパッチョ サラダ仕立てKathuocrp
 ちょっとスパイシー。独特な味わいだ。

 そうだ。シャンパン詳細。Spcrwine

 裏ラベルも。Spcrw_ura

 さてさてカレーだ。

■“チキン”・“ココナツ”・“ラッサム” (奥から)Tomatoc
 ライスの量は調整してもらえる。Rice

■“サンバル”・“ラッサム”・“ラム” (左から)Mutton

 ラムをのっけたところ!Curryonr
 いやいや、深くとも柔らかい味わいだ。

 デザートにいく。
 黒板にあったデザートメニューから3品を選ぶ。
 (御免、何を選んだかメモし忘れ。画からご想像あれ)

■デザートその1Dessert01

■デザートその2Dessert02

 かろうじて、1行メモがあった。
 はちみつのジェラートにはカルダモンの香りがした。

Window

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

スパイスカフェ
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カレー | 押上駅小村井駅とうきょうスカイツリー駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たこや三忠」 @ 千駄木

 

 団子坂の中腹に蛸料理専門店がある。
 以前から気になっていたんだたこや三忠

Cyochin

 カウンターに案内された。目の前、タコgoodsで溢れている。
Gadget
Goukaku

 まずは、ザクッとメニュー(の一部)を紹介しておこう。
Menu01
Menu02
Menu04
 蛸料理以外も充実しているよ。
Menu03
Menu05
Menu06
Menu07
Menu08
 焼酎お湯割りは“お燗”して提供されるそうだ。

 迷って「タコ2」コースを注文した。
 さきに、こちらは ――

■お通しToshi

 最初の一杯は、ビールだった。画はなし。

■たこ刺(その1)Sashimi01
 左が久里浜の蛸、右は北海道の水蛸。
 中央はワサビと醤油ムース。
 おいおい、醤油ムースと来たぞ。Espuma技ですか!
 醤油もムースになると、優しく軽やかで、素材により添う感じ。淡泊な蛸にぴったりだ。

■たこ刺(その2)Sashimi02
 焼き蛸、さっと炙ってあるだけ。甘みが増すのだね。塩があう。

■たこ焼き&たこ天Yaki_ten
 たこ焼には、ブツがドカ! 天ぷらはたこの風味が閉じ込められた感じだ。

 さーて、あとは色々いった。ずらずらと ――

■カワハギ刺Kawahagi
 奥の朱色の小皿に肝が入っている。
 酒は「写楽」だ。Syaraku

■明石焼Akashiyaki
 大きさに驚く。三忠の名物だ。
 蛸は下に沈んでいる。クシャとつぶしていただく。

■嫌いやさい炒めKiraiysit
 ゴーヤにセロリ、香草も入っているけれど、スパムからの旨味もあって美味。

■自家製さつま揚げSatumaage
 奥と手前で味が違ったかも。メモし忘れ。ご容赦。

 いやあ、食べ逃したメニューが多い。
 今度来たらタコめしを行かないと。

 もし、団子坂に菊が満ちた時代にあったら、近所の文人らに評判になっていたに違いない。
 みんな通っちゃうよ。鴎外も、漱石も、光太郎も。

3tyu_outs

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

三忠
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:鍋(その他) | 千駄木駅本駒込駅西日暮里駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「丸鶴」 @ 大山

 

 「47周年記念」、先の5月末までのことだったらしい。先日行ったときにはその掲示は無くなっていた。

Maruturu_outs

 最寄り駅は東武東上線大山駅。川越街道R254から枝に入る中丸通りに入って数十メートル。丸鶴はその左手にある。
 47年前、“中丸通り”と云う名前さえまだなく、川越街道からの入り口にある田崎病院さんは木造の平屋だったそうだ(今はりっぱな総合病院的佇まい)。

 さぁ、写真点数10点超、どんどん行こう。

 まずは、内装とメニューから。

Menu
Kabe

Servicel  日替わりのサービスランチは、まるで洋食屋さんの内容だ。
 何でもできちゃうの?

Door  おにぎりとか稲荷寿司まである。

Water

■特製タンタン麺Tan2men
 ゴマ&挽肉を想定していると肩すかしを喰う。
 ニラたっぷり、きくらげや野菜満載のタンタン麺だ。
 トップのうずら玉子とナルトが可愛い。

 そしてさらに、丸鶴のウリはこの麺。平打ちのちぢれ麺だ。Tan2_mup_2
 スープ/出汁の絡みも抜群で、中華もりでも定評のある麺である。

 47周年記念サンマー麺もUpしておく。
■生馬麺Sanmarmen
 こちらも野菜たっぷり。麺も先と同様の平打ちちぢれ。
 丼が丸くてヴォリュームがある。お酢のかろやかさで、ぺろりといってしまったけど。

 あぁ、もうひとつ。
■餃子Gyoza
 こちらも野菜がたっぷり。美味。

 祝47周年!Menu_ura

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

丸鶴
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:つけ麺 | 大山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »