« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

「Cote Cour」 @ 恵比寿

 

 お土産物をもとめて行ったのだ。
 例により、散歩を兼ねて。結構な距離を歩いてCote Courに辿り着いた。

Cc_outs

 ブラウニー専門店として名高いお店である。ウィンドーに並ぶ菓子に目が迷った。
 ふと見ると、奥に カウンターがあるではないか。eat-in コーナーである。
 ‘おまけ’で設けてあるようで、3人も座ればいっぱいになってしまう小体なカウンターだ。
 運良く空いている。

 休んで行くことにした。

Counter  ウインドーで菓子を選んでいる時に、汗だくの自分を見かねて店員さんがおしぼりを出してくれたのだが、カウンターに着くと、あらためておしぼりが提供された。ありがたい。

 店員さんのユニフォームが変わっていて、ちょっとエキゾチックな出で立ちだ。
 ホームページを見て知ったのだが、店員さんは“ブリッジャー”と呼ばれている。パティシエとお客をつなぐ架け橋なのだそうだ。

 メニューはこんな感じ。Menu

 ジンジャエールセットにした。Gingerale
 コンフィチュール状の生姜を炭酸で割ってつくる。ドライなジンジャエール、好みである。

Brownie

 オレンジブラウニーにブルーベリーのコンフィチュールを合わせた。
 お土産に選んだブラウニーでもあり、味見である。
 ほとんど生チョコ。コクがある。オレンジの香りとほのかな酸味がイイ感じ。

 エネルギー補給完了。歩ける状態であったが、この陽射し。Sunshine
 お土産には保冷剤を付けてくれたし、ぶらつかないで、恵比寿駅に直行した。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

cote cour
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:チョコレート | 恵比寿駅代官山駅広尾駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日 @ 「Assisi」

 

 昨日は誕生日だった。
 こんな歳になって、照れてしまうが、ロウソクの灯を吹き消した。

Arigato

 ちょくちょく使っている千駄木のAssisiでの話。

 お祝いしてもらって感謝。嬉しいサプライズだった。

 

 

イタリアン・バール アッシジ

イタリアン / 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

品川蕎麦 @ 「大井更科」

 

Ooisrsn_outs

 平日のお昼にお邪魔したら、大盛況であった。
 大井更科は周囲のビジネスマン/ウーマンに愛されているお店のようだ。
 店内、相席を前提とした大テーブルがどーんとあって、他4人掛けのグループ席が数席。内装は清楚で清潔感に満ち、万人ウケする。

Ooisrsn_ins

 ちなみに、写っていない向こう裏側には麺打ち場があって、ガラス越しに作業が見られるらしいが、見たことがない。
 そして、手前に写っているポットには蕎麦湯(後から蕎麦粉を溶き入れた濃厚タイプ)が入っている。

 人気はやはり、蕎麦と飯物がセットになった日替わりセットで、多くの人がこちらをオーダーしていた。Todays_s

 他にも丼ものメインのセットメニューや、旬のおすすめ蕎麦、はたまた4段階もの辛さ分けがあるカレー南蛮とか、定番メニューにもひと工夫ある。

Lunch_m
Menu_01
Menu_02
Menu_03

■黒豚せいろKrbts_zk
 ネギと一緒に乗っているのは柚子胡椒。黒豚の脂とよく合う。

 付けタレ・黒豚UpKrbt_tup

 麺UpSoba_up

 実は、こちらにお邪魔したのは、狙っていたメニューがあったから。
■品川蕎麦Sngws_zk
 乗っている揚げ物は江戸前シャコにそば粉を着けて揚げたもの。『品川蕎麦の会』で開発されたメニューだ。
 こちら「大井更科」は当会のメンバーである。店名からのリンクはそこのページのもの。

 “品川蕎麦”については、以前「松風」の回で解説したので、ここでは割愛する。
 「松風」が去年の9月の話で、その時食べそびれていた“品川蕎麦”をようやく口にすることが出来たわけだ。
 ―― あぁ、満足した。

 品川蕎麦UpSoba_lup

 酒類もあなどりがたいのだけれど……。未確認なので紹介できず、残念。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

大井更科
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 大井町駅下神明駅鮫洲駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「天平」 @ 高円寺

 

Window

 昭和26年創業とのこと。
 昭和26年は、確か東京都指定民生食堂の制度が始まった年だったかと……。
 ひょっとしたら、この民生食堂制度に合わせて、オープンしたと云うのが正しいところなのかも知れない。

 昭和東京の食堂政策変遷は「豊前屋」の回でメモしてある。ご参考まで。

Sodekanban

 「天平」現店主さんは二代目。しっかりとこの“食堂”を守っている。
 看板には『鰻蒲焼』の文字もあるが、この短冊の量からして、“食堂”のイメージ大。

Tanzaku01
Tanzaku02
Tanzaku03

 注文したのはアジフライ定食+冷トマトAjif_syk_and
 冷トマトは、散歩で汗だくになったので、冷感を求めての追加オーダーだったが、水分補給と塩分補給が兼ねられて良かった。
 ちなみに冷トマトはマヨネーズ/塩が選べる。(もちろん、ここは塩で)

 アジフライのUpAjif_up
 このアングルだと判らないが、なかなかの肉厚である。2枚付いて食べ応え充分。

 この日は日曜日、自分の後に来店した御常連らしい客人2名はビールをいっていた。
 アジフライ、半分なくなっちゃったけど、今からビール……?
 あぁ、誘惑に駆られた。
 その客人は目玉焼きをオーダーしていたなぁ。

 家に戻って、「民生食堂」を Google で引くと『食べログ』の「天平」がトップで引っかかってきた。
 おいおい、隠れた名店ですか!?

Genkan

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

民生食堂 天平
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:定食・食堂 | 高円寺駅野方駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「金屋 肉○食堂」 @ 東向島

 

 散歩の途中で。事前情報なし。
 四つ木側から‘玉の井いろは通り’をくだり、東武伊勢崎線の高架に当たった所で、東向島駅方向を眺めたら、一筋先に黄色い幟が見えた。Ky_kanban
 ――『満足満腹ランチ』

 店正面に回って見たら、貼り出された多数のメニュー写真に加え、“500円ランチ 煮込みハンバーグ”“売り切れ御免”“君は何gまでいけるかな?”等の言葉がアピールしてくる。Kinya_outs1

Menu_01
Plate

 暑いしね。スタミナつけないと!
 肉の吸引力に負けてドアをくぐると、満席状態。
 4脚ほどしかない奥のカウンターに辛うじて空席があって、そちらに通された。
 (そんな事情で、店内写真はなし)

 ランチメニューはこちら。L_menu
 しかし、売り切れたものもあって、注文したのは ――

 まず、先にサーブされたのはこちらのサラダ。Salada

 そしてご本尊、ステーキ&煮込ハンバーグ。Hhset
 スープを入れて、別アングルで。Soupe
 いずれもライスがフレームアウト。そんな広いカウンターでないのでね、ご容赦。
 実は、写真奥に写っている銀色の部分は調理場の鉄板、ハンバーグが煮込まれているバッドが乗っていたり、ステーキが焼かれたり ―― 。
 焼き上がってすぐ、目の前の四角いさらにサーブされるのだ。
 “焼きたて”がいただけるのは、カウンター席の特権だろう。

 ステーキの焼き加減はミディアムレアでお願いしてあった。
 これを2種類のソースでいただく。Sause
 ゴマソースとニンニク醤油。ソースについては後に詳細を。

 気がついただろうか、ソース写真の奥の皿にはもやしが後追いでサーブされている。

 ハンバーグ断面。Hmbg_dup
 切り方がへたで伝わらないかも知れない。粗挽きで肉々しいハンバーグである。
 裏手に写っているのはポテトフライ。(←こちらも後追い)

 食べているそばから、どしどし皿に盛られる事に引いてしまうレディがおられるかも知れない。でもでも、それを愉しんで。カウンター席の醍醐味だ。
 基本テーブル席の構成なので、普通はこうはならないかと思うが。
 それにしても味,ボリュームとも有無を言わせない。これで¥980。

 鉄板を守るオーナーシェフと客人との会話から、漏れ聞こえてきたところによると、オーナーは某JR系ホテルのレストランで修行をされた方らしい。
 ソースにはこだわりがあって、安い肉でもソースで美味くなる、と豪語されていた。
 ランチ時のソースは先の2種類のみのだが、夜はフルセット、6つのソースがスタンバイしている。↓Sause_ks
 オーナーの奥様がタイの方だそうで、ミソソースはエスニックな味付けになっている。

 味へのこだわり、破格の値段設定が受けているようだ。
 意外に女子率が高かった。

 「食べログ」に登録したとき、詳細が分からなかったので省略してしまったが、表の張り紙にあるように、月曜日が定休日で、日曜ランチも営業だが、火曜日ランチがお休み。気を付けて。
 夜の営業時間帯は未確認。ごめんなさい。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

金屋 肉マル食堂
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ステーキ | 東向島駅八広駅鐘ケ淵駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆう」 @ 水天宮

 

 散歩の途中で。事前情報なし。
 @水天宮としたが、浜町駅からもほぼ同距離。清洲橋の筋にゆうはある。

Yu_outs

 暑い日々が続き、食欲減衰ぎみ。
 陽射しが厳しい日中に散歩する方が可笑しいのだが、表あったランチメニューの“茄子オイル焼き 冷奴 セット”が目に止まった。
Todays_m  特に「冷奴」に。

 店内、カウンターは見あたらなかった。テーブル席のみの構成だが、中央に多人数掛けと思われる大きなテーブルがあり、相席前提と思われ、お一人様での利用も違和感はない。Yu_ins

 ほどなく注文した上記セットメニューが届いた。Teisyoku

 奥のふたつの小鉢は「ご飯のお伴にどうぞ」と女将さん(らしき方)が出してくれたもの。Jikasei  なめ茸と海苔の佃煮だが、どちらも自家製とのこと。保存料や化学調味料的なものなど一切入っていないのであろう。
 得した感じだ。ご飯にかけさせてもらった。
 最近、食していなかった両品。市販品との味の比較は出来ないが、しっかりとした味付けで、これだけでご飯が進んでしまう。
 素朴だ~。懐かしい気持ちになってしまった。

 茄子焼きも、冷奴も、素朴だ~。

Nasu
Yakko

 肉も魚もない定食だけれども、この日、自分の躰が欲していた昼食は、まさにこれだったのだ。
 食後は、懐かしさと共に充足感にも満たされ、再び炎天下にくり出した。

 「ご馳走様でした」と店を出るとき、厨房から(店主さんと思われる)強面の料理人さんが、朗らかに「ありがとうございました!」と返してくれたのが、また気持ちよかった。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

ゆう
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:レストラン(その他) | 水天宮前駅浜町駅人形町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「按田餃子」 @ 代々木上原

 

 按田餃子――“あんだぎょうざ”と読む。

 “餃子”と云うと男性よりのイメージがあるかも知れないが、こちらは女性が立ち上げたお店らしく、細かなところまで気配りされたメニュー構成で、ウリの餃子も優しいイメージをまとっている。

Rgl_big

 最初の写真は餃子じゃなくて“ラゲーライス(大)”。
 ネーミングは‘キクラゲご飯’にかけたもの。ふざけたネーミングだけれども、ご飯にはハトムギ入りだし、健康志向のメニューなのだ。
 そうだ、細かな説明はこちら↓に任せよう。Rgl_kaisetu

 続いてランチメニューなどを並べておく。
L_menu
D_menu

 壁には香辛料のたぐいが解説付きでぶら下がっている。Kabe

 トップの写真に戻って、写っているメニューを紹介しよう。

 まず、飲み物は“ホワイトビール”。Whiteb
 茨城は木内酒造のもの。コリアンダーやナツメグを使用した小麦ビール。抜群に美味いので気になって調べたら2002年英国 The Brewing Industry International Awards で金メダルを獲っていた。

 奥が水餃子。Suigyoz_t1
 見た目変わらないかも知れないが、これは鶏①(←上のメニューで確認して)
 具も変わっているが、皮もひとくせある。殻ごと挽かれた有機ハトムギがブレンドされているのだ。なるほど、それでこの色みなんだな。皮の食感を愉しむのなら水餃子が良いかと思う。

 これを“黒酢”と“味の要”でいただいた。Suigyoz_t1_yk

 むむ“味の要”が分からないか。ではこちら↓。Miyage
 あぁ、“黒酢”も市販のものとは違っていたか。これら薬味はお土産として販売されている。

 右手のスープは“ラゲーライス”にセットで付いてくるもの。こちらもキクラゲが使用されている。

 今一度、別アングルで ――Rgl_aa

 内装を紹介しておく。
 カウンターはこんな感じ。Counter
 カウンターから入り口を眺めるとこう。Genkan
 テーブル席は1台のみ。Table

 リピートして麺もいってみたよ。
 こちらは“晩茶ココナッツ麺”。Bcccnm
 右は鶏肉。大根いっぱい。
 黄色い色はターメリックか? 宿酔いに良さそうだ。

 しっかりとした歯応えの麺だったぞ。Bcccnm_lup

 煎餃(チンチャオ)もいってみた。Chincyao
 この日の具は、豚②。Chincyao_dup

 食後に“西瓜汁”。D_suika_j  ↑漢字で書くと元も子もない。ドライなスイカジュースね。

 他にも変なドリンクがあるよね。
 “自家製コーラ”が気になってしょうがないよ。

 お店外観。Ysdgz_outs
 テイクアウト窓口。Takeout

 お土産買いました。Miyage_2
 “餃子のタレ”は、カレー系カップ麺に垂らしたら、別次元の美味さになって驚いた。
 “味の要”は、案内にあったとおり、マヨネーズと合わせる他、いろいろ遊び中。

 面白いな~「按田餃子」。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

按田餃子
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:餃子 | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「VILA MOURA」 @ 銀座

 

 銀座をパトロール中、ポルトガル料理のお店を見つけた。
Vm_outs2
 気になって、後日ディナーで訪問した。

 店内は落ち着いた照明。Vm_ins

 テーブルのニワトリが可愛い。Table01

 と、オーダーした飲み物がサーブされた。1st_drink
 何だったけ? 発泡系のロゼと白だったような記憶。

 ふと見ると、敷物にポルトガルの名所案内があった。Japanese_r_2

 左には『日本語になったポルトガル語』が箇条書きされている。Japanese
 結構おもしろい。そうか、“天ぷら”はポルトガル語だったんだ。

 なんて読んでいるうちに前菜のたぐいが次々と出てきた。
 ¥5000のコースを頼んであった。写真は2人前、あしからず。

■エンパーダ・バカリャウHoshidaraq
 塩鱈(バカリャウ)はポルトガル料理の代名詞的素材のようだ。こちらはそのキッシュ。

■シーフードプラッターSeefoodp
 ツブ貝と海老の塩茹で。

■イベリコ豚と国産鶏Ibericop
 イベリコ豚はチョリソで塩が利いている。鶏は蒸してパプリカと合わせたサラダ仕様。バランスよろしい。

■イワシのエスカベッシュIwashie
 干しブドウがあわせてある。意外とあう。美味。

■小アジのトマトマリネKoajit
 スペインの西、大西洋に面したポルトガルではやっぱり魚介系が強い。

■焼きたてチーズパンCheesep
 ここまでが、ほぼ流れるようにサーブされた。
 おぉ、と感嘆の合間にテーブルが一杯になった。

 でも、この後はゆっくり、ちゃんと客人のペースを測ってのサーブとなったところをみると、スペイン料理のコースとは韓国料理にも似て、小皿前菜が並ぶスタイルなのかな?

 壁にはこんなメニュー案内もあった。Ossm_menu

 で、とうに発泡酒はなくなっていて、ワインに替わっていた。
◆Alecrim White/RoquevaleWine
 メニューに『日本で飲めるのは当店系列店舗のみ!』とあった。お値段¥3800。
 果実味があって軽やかなワインだった。
 「ミリオン商事」が輸入したもの。

 他に『初夏のおすすめワイン』としてこのような案内もあった。Osusumew

 さてさて、一呼吸おいたところで ――、
■クレソンとマッシュルームのサラダMushroom

■牛肉のエスペターダBeefe
 上ふたつが同時にサーブ。
 エスペターダとは、ポルトガル領マディラ島の串焼き料理。
 マディラ島を知らないよね。サッカーのクリスティアーノ・ロナウドの生まれ故郷だそうだよ。

 いよいよメインの登場だ。
■魚介のカタプラーナTakapurana
 ポルトガルのブイヤベースと捉えれば良いのか。
 スパイスは軽めで素材の味が前に出ている感じ。

■リゾットRisotto
 上のカタプラーナのスープを残しておいて、同じ鍋でリゾットにしてもらう。
 コースの仕様として、そうなっているのだ。
 確かに、パエリアというよりはリゾット。美味い。

■デザートDessert
 甘さ控えめ。ドリンクはアイスコーヒー。

 VILA MOURAは「Pasta Frolla」などを運営する株式会社ハートリンクカンパニーによるもの。都内では赤坂にも「VILA MOURA」はあるようだが、ライブなどのイベントがセッティングされるのはこちらだけのよう。
 大手会社の運営だけあって、メニュー構成はもちろん、お店の雰囲気作りやサービス全般に関して、実にそつなくまとまっている。グループなどでも安心して愉しめそうだ。

Vm_outs

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

ヴィラ モウラ 銀座本店
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「MILE STONE」 @ 京急蒲田

 

 いやいや暑い。散歩なんぞしていたら、ふらふらになるよ。
 そうか、梅雨が開けたのか。冷やしラーメンの季節だね。

 探して行った、MILE STONEへ。

Ms_logo

 二毛作のラーメン屋さん、月曜・火曜が「MILE STONE」、水・木・金・土・祝は「ながれぼし」。

 店内はカウンター主体。テーブルは1台のみ。
Counter
Table
 「ながれぼし」名義で発表の“ポンコツおろし蕎麦”だが、「MILE STONE」の曜日でも提供するとのこと。
 ハナから狙いは冷やしラーメンのそれだが、ひととおりメニューを紹介しておく。
Kabe_menu
Menu_01
Menu_02

 

 ランチセットもある。Lunch_set
 「ながれぼし」の日は丼物が“クルーのまかない”or“ミニタルチャー丼”と変わる。

 さてさて来たぞ ――
■ポンコツおろし蕎麦Ponkotu
 右側一帯が豚骨ポン酢ジュレだ。刻みネギの下はトロロ昆布。ベースは醤油出汁かな。

 別アングルで ――Ponkotu_aa
 トロロ昆布の下には何やら焦がしたチップが隠されていて味のアクセントになっていた。
 メンマが変わっている。メンマと云うよりは煮竹の子だ。結構好き。

 アオサ麺、リフトアップ ――Aosamen
 独特の香りだ。食感はもちもちっ。

■トマ丼Tomadon
 「MILE STONE」のランチを堪能しようと思って、追加注文。
 牛すじ肉がブリブリ入ったパンチのあるミートソース丼だ。
 冷やしラーメンに合わせても、マイナス¥100のサービスセットになった。ラッキー。

 最初に「探して行った」と書いたけれど、情報源は『日本のラーメンを変える若手っぽい会』だ。

 店内に今回のイベントのポスターが貼られていた。
 ちょっと下が切れちゃったけれど、Upしておく。

Wapo_u Wapo_d

 スタンプカードをもらっちゃった。Wapo_stpc
 5店舗回って、企画の冷やし麺を食べれば、Tシャツがもらえるそうだ。

 麺場's カードももらっちゃった。Membersc
 グランドメニューも気になるし、また行かないと。

Ms_outs

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

マイルストーン
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 京急蒲田駅糀谷駅蒲田駅

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「三河屋」 @ 西麻布

 

Mikawaya_pl

 西麻布、外苑西通り沿いの有名洋食屋さん。
 こう云うBigNameはチェックしておくべきだろう。

 そうは思いつつも、水・土・日・祝が定休なので、なかなか味わう機会がなかった。
 やれやれ、やっと行けた。Inaho

 11:20にお店に到着すると、噂に聞く行列がない。やっぱり早い時刻なら大丈夫なのか、と思いきや、店内に待ち人がおり(1回転目が埋まったところ? 事前情報にあったが、11:30より早めに店を開けることが多いらしい)、着席したのは15分ほどたってから。

 客人で一杯なので店内写真なし。あしからず。
 女性率、意外と高し。

 実は店外で待っているときにオーダーを尋ねられた。写真の御手はお店スタッフさん。Menu
 「写真撮っていい?」とお願いすると、「どうぞ」と構えてくれたのだ。
 で、オーダーは……

■ミックスMixt
 撮った後に、お味噌汁がサーブされた。
 メニューも記されていたが、チキンカツとハムカツのおまけが付いている。極めて賑やかな仕様だ。これで¥950は安い。

 メンチ断面UpMenchi_up
 この厚さ/太さ! 肉汁が止まらない!

 あぁ、良かった。
 評判違わず。

Mikawaya_outs

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

三河屋
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 乃木坂駅六本木駅広尾駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カフヱーパウリスタ」 @ 銀座

 

Enblem

 銀座の老舗名店カフーパウリスタ。珈琲1杯が¥5銭の大正期から続く喫茶店である。
 “銀ブラ”の謂われは、“銀座でブラジルコーヒーを ―― ”のことで、この店がその発信元と聞く。店の歴史は、リンクを張ったホームページに詳しい。一読を勧める。
 ジョンとヨーコはどの席に座ったのかな?Paulista_ins

Menu_s
Menu_c

 伺ったのは8:45頃。いいね~、朝からやってるって、喫茶店の鑑だね。

 で、モーニングである。Menu_m
 狙っていたメニューがあったのだ。
 マフィンとヨーグルトのセットも魅力的だが、自分はこれだ。
■ホットドッグセットHotdog
 味付けがケチャップかマヨネーズか、またはその両方か、から選べる。
 自分のチョイスはケチャップ。

 奥の珈琲カップをUpにしておく。Cup

 いやぁ、老舗のホットドッグを食べておきたかったのだ。
 マスタードが無いの? と思ったが、玉ねぎの辛味がその代わりになっている。
 マヨネーズもきっと合う。

Paulista_outs

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

カフェーパウリスタ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カフェ | 新橋駅銀座駅東銀座駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「emma」 @ 東大前

 

 

Emma_plate

 

 以前に暮らしていた川越で、よく行っていた焼き鳥屋さんに久しぶりに顔をだした折、「マルさん、本郷近いですよね。自分の兄弟弟子が本郷の方に店を構えているんですよ ――」と紹介されたのが、こちらemma

 自宅から上野に向かうとき、東京大学を突っ切ることがあるのだが、その時のルートに「emma」はあった。確かに近い。
 写真、奥に見えるのは本郷通り越しの東大である。Emma_out_2
 根津で呑んだ帰り、もの足りなくなって、こちらに寄り道したこともあったな……。

 そんな訳で何度か通っており、以下に紹介する料理にはちょっと古いものも混じっている。お許しを。

 まずはメニュー。

Menu_00_2
Menu_drk1_2
Menu_drk2_2
Menu_win_2

 

 ラムやグラッパまで置いてある。
 日本酒、焼酎はバシバシ入れ替わるので、好みを伝えて、店主さんのお勧めに従う方が良いかも。自分はそうしている。

■ある日のお通しSd_toshi_2
 お豆腐に鶏のそぼろ肉。味付けソフトに甘辛。

 次はメインの炭火串焼き系を並べてみる。

■わさび焼きWasabi_tksbtn_2

■つくねTukune_2

■すきみ(メモし忘れ、たぶん。)Sukimi_2

■手羽先Tebasaki_2

■宮古島のこどもピーマンKodomo_2
 あぁ、串ものではないか。
 メニュー表にない野菜焼き。季節やその時の仕入れで、こんなレアメニューに出会えることもある。

 もっともスタンダードメニューの「カマンベールチーズ」も相当な変化球だけれど。

 自分はいつも6本コース。一品料理を途中で挿んで、焼きの間をつなぐ。
 ってことで、こちらはコースのサラダ。Salada_2

 で次ぎは、お気に入りの一品料理らを紹介。

■クリームチーズのみそ漬けCcwb_2
 大葉とミョウガが添えられている。ワインでも、日本酒でも。
 これ、ハーフサイズだったかな?
 メニューによってかとは思うが、お一人様向けにハーフポーションのオーダーも可能だ。

 魅力的なメニューがいっぱい。けれど、正直言って“青森県産シャモロック”には有り付けていないんだ。

 でもしかし、桜どりも美味だよ~。

■桜どり炙りもも肉ねぎポン酢Negiponzu_2

■桜どり炙り自家製タルタルソースがけTarutaru_2
 これ、大好き。タルタルの薬味が大振りでスゴぶる爽やかさ。

 「鶏わさ」や「桜どりの肉豆腐」も美味しいよ。

 さて、写真の背景でチラ露出している日本酒たち。先に記したようにバシバシ入れ替わるので一期一会的に大切に味わい、そして貪欲に愉しもうではないか!

 行け~! 至福の酒たち!

Kazenomori_2
Kuribayashi_2
Sanzashi_2
Sake_2

 〆は ――
■親子丼Oyakodon_3

 えっ? 甘味はいかないのか?
 そうだよね! 店主の奥様がパティシエなんだって!

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

emma 
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:焼き鳥 | 東大前駅本郷三丁目駅春日駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »