« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

「ORTIGIA」 @ 京橋

 

O_kplate

 「@京橋」と言うより、「西銀座ジャンクション下」と言った方がしっくりくるかも。地下1階でカウンター主体。『隠れ家』の呼び名がこれほどしっくりくるお店も珍しい ―― ORTIGIA

 メニューはリンクを貼ったお店ホームページにおまかせして、さっそく行く。

■北海道産毛ガニとホタテのタルタル 毛ガニのソースKkaniht_trtr
 剛胆にして繊細。
 前菜が店のパフォーマンスを現す。コースのすべり出しとして期待感をあおるすばらしスタートダッシュ。

◆パンとオリーブオイルPan

 最初はスパークリングを行ったのだが、画的に普通なので割愛。

 次に赤ワインを行こうと思って、選びきれず……。
 こんなことになってしまった。
Bottles  カウンターに5本のボトルが並ぶ景観。

 選んだのは左から2本目。
■ブリッコ・ボスキス 2007Wine_ck
 輸入はテラヴェール
 スタッフさんがデキャンタージュをしてくれた。Wine_ss
 よく聞くデキャンタージュだけれども、目の前でサービスしてくれたのは初めてかも。

■ブルターニュ産活(いき)オマールエビHomard
 生きたまま空輸されてくるそうだ。
 先ほどデキャンタージュしてくれたスタッフさんが、『〆るとき「キューッ」って啼くんですよ』って話してくれた。
 あーっ、さっきまで生きていたんだね、このオマール。
Homard02  合掌。

■フランス産フォアグラと北海道大手亡産白いんげん豆Foiegras
 野菜類も審美眼をもって仕入れているのが判る。
 フォアグラの甘さに、いんげん豆の甘さを当てる。
 やるなー。

 実は、コーススタートの最初の時点で、次のパスタは決まっていなかった。
 いや、最初から組まれてはいたのだけれど、食材が届いていなかった。
 自分が「キューッ」と啼いたオマールに合掌している間に、イタリアからその‘幻’とも云われる食材が届き……。

■手打ちパスタ たまご茸のソースPasta
 手打ちパスタは、卵入り麺の‘ストランゴッツィ’だったか? メモし忘れ。
 ‘幻’と云われる‘たまご茸’。軽やかな香りとツルッとしたぬめり。平打ちパスタを数段上げるソースだ。
 この黄色い色はたまご茸から自然に出た色合いだそうだ。
 たまご麺にたまご茸としたら、これは最高の組み合わせに違いない。

 メイン ――
■岩手産単角牛の炭火焼き フレッシュポルチーニ添えUniornb
 じぶん、霜降りも好きだけれど赤身にも目がない。単角牛は大好物なんだ。
 地下1階の狭いスペースに炭焼きオーブンも設えているらしい。

 ポルチーニも先ほどいっしょに届いもの。
 スタッフさんが調理前のそれらを見せてくれた。Kinoko

 さてさて、デザート。コーヒーはフレームアウト。
■栗のセミフレット,焼きパンナコッタ,ティラミスDessert
 ビターなティラミス。スポンジは洋酒をたっぷり含んでいる。

 コースは以上。

 調理長とホールスタッフと、たったふたりで回していたけれど、スムースで好感が持てた。
 コミュニケーションは充分に、その分無駄な動作を排したホールスタッフさんに脱帽。プロの仕事だった。
 デキャンタージュ、ありがとう!

 カウンター主体故、お一人様でも基本OKと思うが、ムーディーでスタイリッシュ。
 デートにはもってこい。カップ率100%であった事を書き添えておく。

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

オルティージャ
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:イタリアン | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Colorful 「吉ゑ門」

 

Kichiem_outst

 砂糖や牛乳は使用しない、素材の味をそのままに、ぎゅぎゅぎゅうっとカップに詰める。
 造りおきナシ。注文を受けてから、その場でフレッシュな野菜たちを絞るのだ。
 地元ネタ。本郷三丁目、しぼり屋「吉ゑ門である。

Kichiem_outs
Kichiem_ins3
Kichiem_ins1

 色華やかなジュースたちを紹介しよう。

■キウイ M0803kiwi_j

■ミックス MMix_j

■バナナアーモンド(フローズン)だったかと!?0709p_j
 アーモンドの香ばしさとキシキシ感(繊維感)が記憶に残っているんだよね。

◆絞り前Parsley
 これがこうなった↓
■パセリ MParsley_j

 パセリジュースはリンゴやパイナップルが少量ずつブレンドされていて、意外に飲みやすかった。
 野菜・果物の組み合わせ(配合)は熟考されているようだ。

Menu_up

 平日は朝8時からオープン。(日曜定休。土曜祝日は9:30から)自分のように、前夜の食べ過ぎ/飲み過ぎでげんなりした朝を迎えることの多い人間に取っては、素敵な朝食になる。

Kichiem_ins2

 このお店のことは、某飲み屋さんで知り合ったお姉様から教えてもらった。
 お姉が宿酔い覚ましに利用することは、まさかないだろう。
 たぶん、美容目的だな。うむ、あの萌える肌艶は、きっとそうだ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

吉ゑ門
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 本郷三丁目駅水道橋駅春日駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Cagna Cagna」 @ 長原

 

Goods

 散歩の途中で。
 洗足池をぶらついた帰り、中原街道を北上するつもりが、長原商店街振興組合「ぱすてる長原」に吸い込まれ、―― そして遭遇Cagna Cagnaカーニャ・カーニャ

 「ぱすてる長原」に露出していた看板に引っかかった。Cc_bord02
 路地に入ると、判りにくい店構え……。Cc_outs  しかし、次なる看板がいざなう。
Cc_bord01

 どうしよう? 昨日もイタリアン食べたのに……。
 散歩途中の飛び込みでは、こういう逡巡は避けられない。正直、はずしたことも少なくないのだ。
 ここは自分の嗅覚を信じることにした。

 最初の写真は店内にあった犬グッズの写真。
 看板にもあるが、「Cagna」とはイタリア語で「犬」のこと。
 ペット同伴OKのファミリーなレストランである。
 後からいらしたお客さん、自分の隣に座ったのだけれど、柴犬(女の子)を連れていて、和んだ~。

 メニューが豊富だ。
 ほんの一部だけ紹介する。

Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
Menu05

 パスタは生パスタが在るときと、無いときがあるので要注意。
 カルボナーラを生パスタで行こうとした客人がいたけれど、残念、この日は生パスタは無かった。

 で自分は、週末・祝日限定のランチセット ―― +¥200で、グリーンサラダとバゲット&コーヒー/紅茶が付く ―― を利用して、お店のスペシャリテと思われる一品をオーダーした。

■ランチセットS_salada_pan

■牛タンの煮込みクリームマスタードソースGyutannk
 こちらのメニュー、デフォルトでトースト付きなので、先のランチセットのバケットはトーストが1枚多めに入っている。あしからず。
 ―― え、‘味’?
 トーストが3枚あって良かったよ! パンをちぎってソースに浸し、ぐずぐずにしてから行ってみてよ!
 タンは説明するのが野暮ってもんだ。

 想像以上の美味さに、もう一品追加注文してしまった。

■ヴェルデVerdi
 看板によると、自前の生地を専用釜で焼き上げるPIZZAもウリらしい。
 ならばと、頼んだ一品である。
 中でも‘ヴェルデ’はオリジナルPIZZAで、極薄スライスの茄子を敷き詰め、バジルペーストで化粧したもの。クリスピーな生地が一層際立つ仕様だ。
 茄子は油との相性が抜群だし、ぺろっといってしまった。

 それにしても食い過ぎだって。
 さーて、歩くぞ!

Icetea

 この日は、田園調布駅から白金台駅まで歩き、13632歩。距離、10.36Km。消費カロリー、512Kcal。

 ※「ぱすてる長原」、上でリンクは大田区で用意したページだけれど、商店街オリジナルのホームページもあるのでこちらも紹介しておく。
長原商店街振興組合「ぱすてる長原」

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

カーニャ カーニャ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ピザ | 長原駅旗の台駅北千束駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「PANELLA」 @ 根津

 

Panella_outs

 またしても失われた川・藍染川沿い。住所は谷中だが、最寄りは根津駅になる。
 PANELLA ―― ‘パネイラ’と読む。パンにこだわるコンセプトから生まれた造語らしい。

 メニューにも「北海道産小麦100%の2種類の自家製パンをご用意させて頂いております」と、しっかりアピールしている。

Menu_01_l Menu_01_r

Menu_dr

 ふたりで来店したこともあり‘おとりわけコースB’を注文した。

■アンカー・スチームビールAnchors_b
 いやぁ、初体験。1896年にサンフランシスコにあったアンカー社が造りだしたスチームビールの復刻版である。
 ラガー酵母(下面酵母・発酵温度5~10℃)をエール酵母(上面酵母・発酵温度15~25℃)の条件で発酵させ、ラガーのコクとエールの軽やかさを兼ね備えたビールとなっている。

■長崎産・天然マダイのカルパッチョ、青トマトのソースと自家製パンCandb
 ありゃぁ。パンの方にピンがあっている!?

 ではでは、カルパッチョUpで。Tmdc
 切り分ける前の自家製パン二種も。Breads

■カマンベールの自家燻製・軽いオーブン焼きCamemb_sm

■野菜のラビオリ・トマトのソース、パルミジャーノ風味Ravioli

 飲み物はとうにワインに替わっている。
■ミゲル・トーレス コルディエラ シャルドネChilewine
 スペインの名門トレース家がチリに進出。こちらチリのミゲル・トーレスである。
 輸入元は三国ワイン。解説は三国ワインのホームページ譲る。

Lama  それにしてもミゲル・トーレス/チリのシンボルマークって何で‘ラマ’なんだろう? 気になってしょうがない。
 そこを解説してよ、三国ワインさん!

■旬の野菜の盛り合わせYasaimori
 手前から……、とうもろこし、オクラ、青森県産長いも、エリンギ。オクラの裏にバターナッツかぼちゃ。長いもとエリンギの下に、信州産ズッキーニが隠れている。それと赤万願寺とうがらし、京都賀茂ナス。

 これらを、皿に回したバルサミコソースと後ろにある海塩、エキストラヴァージン・オリーブオイル、自家製トマトペーストでいただく。
 自家製トマトペーストが超濃厚で美味。
 生野菜をバーニャカウダで行くように、火入れ野菜にはこのトマトペーストが良く合う。

 店主さんが、調理前のバターナッツかぼちゃを見せてくれた。
Btnutskbc  神奈川県三浦産とのこと。

 さて次ぎに登場はパスタなのだが、当初のオーダーではシエナ風“ピーチ”アリオーネだった。しかし、前出のラビオリと味付け ―― トマトソースにパルミジャーノ ―― がかぶるので、自家製極太手延べパスタはそのままに、こちらに変更。
 メニュー表になかった一品、お店のはからいである。
■自家製ソーセージと生ナメコの手延べパスタPasta
 正確には腸詰めしていないからソーセージではないらしけれど、肉の旨味に薫香が良いかんじである。
 また、生ナメコがくせ者なんだ。華やかな香りと自然のぬめりが、この極太手延べパスタをワンランク高めている。

■ズワイガニとだだちゃ豆のリゾットRisotto
 旬だ~。本当に美味い。

 店主さんにも勧められなかったので、コースのみでメインを注文しなかったのだけれど、これで正解。
 おなかも、気持ちも、満足度100%。
 自然な感じを大切にしたパンが料理を引き立てていたし、お野菜たちが輝いていた。

 内装に触れていなかった。Panella_table
 自分らが座ったのはカウンターであったが、テーブル席や、奥に半個室になったグループ席がある。
 様々なシーンで使える仕様である。

 あと、もうひとつ付け加えておこう。
 ―― 店主さんがセレクトするB.G.M.が Excellent! 素晴らしかった。

Panella_anni

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

パネイラ
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:イタリアン | 根津駅千駄木駅東大前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「French Vouge」 @ 湯島

 

 散歩の途中で。
 まだ早い 9:30 。前を通ったら、やっていたんだ。
100yen  「え! モーニング¥100」って、良く見ると飲み物オーダーにプラス¥100でセットが付くのだが、いやいやそれでも¥100って、凄い。〝ワンコイン〟って今では500円を想定するけれど、「え! 100円」!!!! って衝撃である。

 ちょうど小腹がへっていたので入店。
Fv_ins  藤色の椅子やソファーが艶やかで、優雅な内装だ。

 充実したメニュー構成。
Menu01
Menu02

 モーニングセットも気になったけれど、結局注文はこれ ――
■クロックムッシュ と カフェグラッセCm01
 ウエットティッシュがフレームアウト。
 ブレンドコーヒーだったら¥250でお代わりできる。

◆クロックムッシュ断面Cm02
 プレスサンド、久しぶりに食べた。このかりかり感、忘れていた。

 で、こんなメニューを見つけてしまって、後日再訪。Menu03

■ハヤシライスHr01
 ライスが綺麗に成型されている。(小盛りも可能とのこと)

◆牛肉Hr02
 結構食べ応えがある。

 客層はやはり女性客が多いが、このハヤシライスが目当てらしい男性客もちらほら。

 コーヒー豆の挽き売り、ケーキのTake-Outも行っている。
 何より朝8時から営業というのが嬉しいね。Windowan

 暑い時に行ったからアイスグラッセにしてしまったけれど、熱いコーヒーをゆっくり味わって、読書なんかするのに使いたいお店だ。Fv_outs

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

フレンチ ヴォーグ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カフェ | 湯島駅末広町駅上野広小路駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »