« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

「珉珉」 @ 乃木坂

 

Min2_outs

 もう何度も行っている珉珉である。
 住所区割りは赤坂だけれども、最寄り駅は乃木坂になる。

 何度も行っているのだけれども、『食べログ』へのトラックバックは初。
 復習を兼ねて少しまとめておく。また過去記事から一部画像を流用する。あしからず。

 「珉珉」と言うと、大阪に本店を構え都内進出もはかっている「珉珉」を思い浮かべるかも知れないが、こちらは渋谷恋文横丁をルーツとする「珉珉」である。この辺の考察は1stレビュー(のコメント)に少し記した。
 が、その後の東京些末観光なるWebページに恋文横丁&「珉珉」についての詳細記事を見つけた。リンクを付けておく。

 内装である。Counter_2
 奥にグループ客用の座敷があるのだが、自分はひとりなのでカウンターだ。
 窓に面したカンターと厨房よりのカウンターがあって、取り放題のザーサイが用意されている。Counter_1

 メニューはざっとこんな感じ。

Menu_1 Menu_2

Menu_3 Menu_4

Menu_5 Menu_6

 自分が、定番のように注文してしまうのが……
■ドラゴン炒飯Doragonc
 ぱらぱらフワフワ。ニラの香りが鮮烈。

 Upも(これは1stレビューから)Dragon_ch

■焼餃子Gyouza
 「珉珉」の餃子はお酢にたっぷりの胡椒でいただく。これが美味い。

■わんこラーメンWankor
 炒飯にセットで頼む人が多い。こういう場合、炒飯のスープは無し。

 夏場にはこんなメニューも(2ndレビューから)。
■冷やしジャージャー麺Jaja_m あぁ、この日も餃子いっていた。

 魅惑的なメニューがいっぱい。炸醤餃子(ミソギョーザ)も気になるし……。ドラゴン炒飯ばかりじゃもったいない。今度行ったら何を注文しようかな。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

みんみん
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 乃木坂駅青山一丁目駅赤坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぜそば @ 「ますたに」

 

 今日(11/24)、日本橋に行ったらますたにが期間限定のイベントを行っていた。
 新商品“まぜそば”発売記念として、その“まぜそば”を一杯¥300で提供!

Masutani_outs

 お向かえの「たいめいけん」に負けじと行列ができ始めているではないか。

 本ブログ初登場であるので、一応レギュラーメニューを紹介しておく。Menu
 お得な、スペシャル仕様もある。Menu_sp

 昔、何度か利用したことがある。
 背脂が散るスタイルのラーメンだが、決してくどくなく、スープが抜群に美味い。自分などはそのスープで白飯をおじやにして食していた。

 今日は¥300で
■台湾まぜそばMasesoba_b
 台湾ミンチの横に魚粉が乗っている。

 食べ方の指南書があった。Mazesoba_1
Mazesoba_2

◆まぜた後Masesoba_a
 むむぅ……、美味い。いや『旨い』。
 “まぜそば”は、美しい味の『美味い』ではなく、『脂』の旁(つくり)である『旨い』のほうがしっくりくる。

 確かにお酢を回しかけたら、旨さ倍増。辛味が足りない人はラー油を足しても良いかも。

■追い飯Oimeshi
 チャーシューを温存する技で、追い飯を迎えた。
 ご飯をまぜた画も撮ったのだけれど、ちょっときたない感じになってしまったので割愛する。

 いやぁ、これで¥300は原価割ってるでしょう!? サービス価格だよ。
 イベントは11月26日まで。(急げ~!)

Counter

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

ますたにラーメン 日本橋本店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 日本橋駅三越前駅茅場町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かつ政」 @ 川崎大師

 

 大師様にお参りした際、いただいたとんかつ。Katu_up_2
 
 屋号はかつ政
 内装はこんな感じ。Table_2
 カウンターもある。手前に写っている円盤状のものはお盆。Counter_2
 そうそう、カウンタ上には短冊がぶら下がっている。Menu03_2

 メニュー表も用意されている。

Menu01_2
Menu02_2

 短冊メニューや一品料理も充実し、どうやら夜は呑み屋としても機能するようだ。

 メニュー表にあった「丸かつ」に親近感を覚え、オーダーした。

■小皿たちSet_3kozara_2  かつが揚がるまでのつなぎに、という意味合いであろうか、先にサーブされた。
 こんなに種類たくさん出てくると、得した気分になる。

■ご飯&シジミ汁Gohan_misos_2  しじみ汁の椀が大きい!
 もうこれでお盆の上はいっぱいだ。
 ご飯のほうに黒胡麻が振られているのも、些細なことだけれども、気の利いたサービスだ。
 さらに乳酸菌飲料が付いた(後ろでボケて写っている)、デザート代わりか。

■丸かつMarukatu_2
 想定内のことであるが、ヒレかつである。
 切り出されたヒレ肉が丸い棒状なので、このネーミングとのこと。
 (自分の名前が「丸」であることは言わなかった!)

 トップの写真はこのUp。
 芯がほのかに朱色。肉汁がにじみ出ている。
 揚げのタイミングはドンピシャだ。(←エッ! 死語ですか~!)

 メインのかつはクオリティ/ヴォリュームとも申し分なし。取り巻きの小皿類もサービス精神たっぷり。満足いくランチとなった。

Katsumasa_os_2

 

 

にほんブログ村 グルメブログへ

かつ政
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 川崎大師駅鈴木町駅東門前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Hulu-lu」 @ 池袋

 

Hululu_outs

 池袋のHulu-lu。最近気に入って何度か足を運んでいる。
 鶏出汁スープも素敵だが、特にここの麺が好み。Webラーメンデータベースによると、全粒粉入りの自家製麺に吉備地鶏から取る無化調スープとのこと。また、店主は「ちゃぶ屋 本店」での修行経験を持つそう。なるほど、そう聞くと「ちゃぶ屋」の繊細さと美しい完成度を受け継いでいるように思える。

 人気店故いつも賑わっているので、店内写真はなし。
 代わりにこちらのフラガールを。Doll

 そう、こちらはハワイ-スピリットを大切にしているお店。BGMもハワイアン。
 (‘Aloha’に込められたコンセプトについては、リンクを貼ったお店ホームページをご参照のこと)

 券売機。Kenbaiki
 金曜日はつけ麺の日で、曜日ごとに限定メニューがある。Gentei_m

■醤油SOBASyoyu

 後ろでボケているのは ――
■スパムむすびSpamd
 スパムとご飯の間に大葉とか昆布の佃煮などが入っている。

◆カイワレと細切りメンマに隠れていたチャーシューを露わに。Cyasyu
 チャーシューの上の白いつぶつぶは鶏挽肉(たぶん鶏ね!?)。
 この挽肉が良い効果を出している気がする。

◆醤油SOBA リフトUpSyoyu_m_up  全粒粉、判る??
 歯切れ良い食感で、どこか日本蕎麦に似ている。香りは麦なのだけど。

■塩SOBAShio
 具の構成は醤油と同じだが、香り付け(香油?)が若干異なるよう。醤油に入っていた焦がしネギが見あたらない。
 自分は塩好きなので、だんぜんこちらが好み。

◆塩SOBA リフトUpShio_m_up
 こちらは、醤油と変えて、やや平たい麺を使用しているようだ。
 こちらも全粒粉? 粉の配合も変えているかも。

■ちょこっと煮干しSOBA+塩味玉Cytn_tmg
 ネギと三つ葉が存在感大。煮干しの香りと合いまって、こちらも完成度高し。
 麺のUpを撮り忘れたけれど、塩と同じ麺だったような……?

 後ろでボケているのは ――
■オニオンチャーシュー丼Onocys_d
 甘辛のしっかりした味付けだ。

 もうひとつサイドメニューを紹介。
■水餃子Suigyouza
 味がついていて、このまま食す。期待以上に美味で、驚いた一品である。

 ラーメン、どれも旨いのでスープまで完食。
Mahalo  すると丼の底に‘Mahalo’の文字が!

 ‘Aloha’で迎えられ‘Mahalo’で送られる ―― ということか。
 ‘Mahalo’は感謝を表す言葉だ。

 ラーメン一杯ごとに、魂 ―― ‘mana’マナ ―― が込められている。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

フルル
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 池袋駅北池袋駅要町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「清龍」 @ 池袋西口

 

Seiryo_outs

 最近、仲間内でよく利用している居酒屋清龍
 有名で、以前から聞こえていたチェーン。都内に10店舗。BigName大手チェーンではないが、こちらのアドバンテージは、埼玉県蓮田市の酒蔵「清龍酒造」の直営であること。
 そして大手に負けないコストパフォーマンス。
 品質とコストを兼ね備え、季節メニューや店舗ごとの独自メニュー ―― 料理コンテストがあって、店舗ごと競いあっている ―― など、付加価値もいっぱいの優良チェーンである。

 今回レビューは池袋西口店。昨年2012年11月オープンと若いお店で、内装がスマート。
 (池袋東口にある本店は今年2013年11月リニューアルとのこと。もうかってるね!)

 唐揚げKaraage  安! ¥380だったけ?

 もつ煮Motuni

 茄子焼きYakinasu

 こんなメニューもPizza  PIZZAだよ(見れば判るって!!)。

 そしてやっぱり、これ。Sake4  きき酒セット(値段忘れ、だけど絶対安い!)Sake4_ks

 日ごとのおすすめメニューもある。Todaysoss

 ではでは、¥270の鮪ぶつ(↓2人前)Mgr_butu

 ふと見上げると、葡萄酒配送管!Haisokan

 <久しぶりにエフェクト強めで並べたよ>

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

清龍 池袋西口店
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 池袋駅東池袋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「來人」 @ 新丸子

 

Raito_outs

 中原街道をぶらついているときに見つけ、メニューに惹かれて入店。
 來人 ―― “らいと”と読む。

 写真付のメニュー表を紹介する(メニューは他にも沢山ある)。一品物から飯物のとセットメニューまで揃っている。
Menu01
Menu02
Menu03
Menu04
 町の中華屋さん的メニュー構成。
 カウンターなしのテーブル席のみ、と云うのも町の中華屋さんの佇まい。

 自分が気になったのは、表の看板にあった‥‥
■塩担々麺Shiotan2
 辛さが大・中・小から選べる。自分は小辛で。
 玉子とじ風見た目だが、しっかり担々麺であった。

 麺のUpも載せておく。Menup
 縮れ麺が挽肉やら玉子やら、そしてもちろんスープやら、色いろ絡めて持ってくる。
 初体験の味。美味かった。

■担々水餃子Tan2suigyz
 こちらは胡麻ダレが掛けられ、見た目もしっかり担々仕様(このタイプは以前にも食したことがある)。
 もちもちの皮が良い感じである。

 メニューの豊富さについては先に触れた。
 ちなみに、この日のサービス定食は“ニラ玉定食”¥800。タイムサービスは味噌ラーメンで¥500、破格だ。
 また、全てのメニューでハーフサイズオーダーがOKとのこと。自分好みのセットメニューができてしまう(例えば“ワンタンメンとハーフサイズ麻婆豆腐丼”とか)。
 こういったお客様サイドに立ったサービスが素晴らしい。
 会計のときに、キャンディまでサービスしてくれた。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

麺'S倶楽部 來人
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 新丸子駅武蔵小杉駅多摩川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Cafe de Perche」 @ 御徒町

 

Perche_outs

 散歩の途中で。
 店先に掲示されていたメニューが気になった。そして次ぎに、洒落た外観と扉からのぞき見える真っ白な内装にドキっとして……!

Perche_ins1

 オヤジには似つかわしくないけれど、たまにはこういうカフェもいいかな!?

 お冷やまで上品に見えてきた。Water

 セットのサラダ。Salada  照明といっしょに。

■自家製カレーパスタCurrysp
 想像していた仕様と違った。カレーのルーがドロリとかかった姿をイメージしていたのだ。
 スパイシーボロネーゼと言ったところか。なるほど、こう来たか。

 あとアイスコーヒーがあったのだけれど、画的に普通なので省略。

 メニューはこんな感じ。
Menu_g
Menu_l
 こちらは一部。『食べログ』に詳しいリストがあるのでご参照のこと。

 小物類も可愛い(汗ゞ

Perche_ins2

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

カフェドペルシュ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カフェ | 仲御徒町駅御徒町駅新御徒町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「とりかつ CHICKEN」 @ 神泉

 

 “@神泉”としたけれども、渋谷からもほぼ同距離。
Chicken_outs  場所が判りづらいかも。以前レビューした「喜楽」を見て左手にある路地坂を登っていくと、その坂の途中にある。坂にあるので、看板につっかえ棒を咬まさないと滑り落ちてしまうらしい。
 『食べログ』の口コミが100件を超える有名店とりかつ CHICKENである。

 メニューはこちら。Menu
 みんなが「美味い」と認めるフライを味わって、自分の舌を校正しよう、と来店したのだ。

 店内、ちょっと変形のコの字カウンタ。Counter
 写真はその一辺。

 カウンタの上には、セルフサービスのお茶が入っているポット。
 それと、取り放題の漬け物。Oshinko

 先にご飯と味噌汁がサーブされた。Gohan_and  味噌汁は豆腐とワカメだったかな?

 そしてオーダーの……
■人気定食(男飯)とり ハム コロッケ3top
 システムでは2品のフライで¥650、3品で¥800なのだが、こちらは3品で¥650のお値打ち定食である。
 好きなフライを選ぶ愉しみは捨てがたいが、舌校正が来店の目的なので、今回は“人気定食”と呼ばれるこれだ。
 ボケているけれど、キャベツの横のには大根の漬け物が付いている。

 コロッケ断面。Croquette

 とりかつ断面。Chicken_up

 どちらもしっとり。
 “とりかつ”なんて、ぴっかぴかの断面だ。
 そして、衣はサックサク。揚げ置きはしない(注文を受けてから揚げたてを供する)ことを信条とするお店の成せる技である。

 いやぁ、この3Topは凄い。
 本来自分の食指は、とんかつ・メンチ・アジフライなどに伸びるのだが……。
 まじり気ない王道コロッケ、ノスタルジックなハムカツ、ここに“とんかつ”だとある種ハムカツとかぶる。だがどうだろう、“とりかつ”ならば。
 はたして最強のトライアングルの完成である。

 なるほど。
 舌校正、完了!

 ※店名からリンクは道玄坂商店街の公式ページ、色いろ役に立つよ。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

とりかつ チキン
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 神泉駅渋谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「山家」 @ 御徒町

 

Yamabe_outs

 山家 ―― これで「やまべ」と読む。普通読めない。名字だそうだ。
 Webにある情報によると、両国「いちかつ」の店主さんが山家さんであり、こちらはその姉妹店にあたるようだ。

Menu  大半の客が‘ロースかつ定食’を頼む。¥690は安い。

 先にお茶とお新香がきた。Osinko  こういうパターンはとんかつ屋さんにはままある。
 揚がるまでのあいだ、これで時間をつないで下さい、と云う意味合いもあるのかと思う。

 自分が注文したのはこちら、
■ミックス定食Mixf  後ろの味噌汁はシジミ。
 ご本尊は左から、アジフライ、海老フライ、串カツ。
 串カツは、パクついた瞬間の美味さで記憶がぶれているが、玉ねぎとヒレ肉だったと思う。
 パクつくまえに見た記憶は残っていて、サーブするときに板さんが串をひねって取りやすくしてくれていたんだよね。こういう細かな配慮が美味しさを増すのだと思う。

 そうそう、店内が写せなかったのだけれど、長いL字カウンタがメインのお店で、カウンター内の所作が丸見え。
 グループでの、流れるような分業が見て取れる。
 油は二種あって(温度を変えてあるのだろう)二度揚げしているようだった。

 新店が出来るって!Sintenop

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

山家
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 御徒町駅仲御徒町駅上野御徒町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Coffee ITO」 @ 小川町

 

 

Menu00
Menu01
Menu02

 偶然見つけた。
 祝日のお昼時、表に貼り出されていたメニューが気になって、入ってしまった。

Ito_outs

 三田線神保町駅A9出口からも近い。神田錦町の喫茶店ITOである。
 リンクは千代田区観光協会のページにしておいた。そちらに、お店の歴史が記されている。昭和23年創業の老舗だそうだ。綺麗な外観からは想像もつかなかった。
 そうだと知っていたら、もっとゆっくり寛いで、老舗の雰囲気を愉しんだのに……。
 BGMとか、全然記憶にないや。
 マダムのグループが淑やかにランチをしていて、ちょっと遠慮してしまったのだ。
 先の千代田区観光協会のページによると、昼はサラリーマン、夜はタクシー運転手がよく利用されているよう。マダムグループは祝日だったからか?

 気になったメニューはこちら。
■ローストビーフ丼Rbd_up
 いやぁ、ありそうで無かった丼だと思う。
 あっさりとした醤油系ステーキソースがご飯の方にも回されている。そのご飯をスライスされたビーフで巻いて食べる!
 マヨネーズで優しい酸味をのせても良い。
 写真では丼の右に隠れてしまっているが、紅生姜も添えられているので、それを散らしても良い。
 これが¥620。コーヒーを付けても¥800。

 喫茶店ランチでこんなメニューに出会ったら、そりゃあ“幸せ”だ。

 朝7:30から営業しているのもありがたい。
 出前まで対応して、頭が下がる。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

イトウコーヒー店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:喫茶店 | 小川町駅神保町駅竹橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「れんこん」 @ 京成上野

 

 上野に“蓮根”料理の専門店があることを会社の後輩から聞いていた。
 調べたらすぐにヒットして、その名もれんこんという。

 そして、以前にレビューした麻布十番「一炉一会」と同様「Kei Planning」が経営母体と知った。
 ふむむ、ならば間違いなさそうだ、と機会を見つけてお邪魔した。

Renkon_outs

 外観は大正ロマン風。150年前の古材が使用された一軒家だそう。
 間口は狭いが、奥に深い。しかも3階建て。席数は100席を超える。
 大人数での忘年会なども簡単に収納できそう。

 1階のテーブル席に案内された。Renkon_ins
 照明もアンティークな雰囲気に統一されて、趣ある内装だ。

 メニューはリンクを貼ったぐるなびページに詳しい。
 こちらでは一部だけ紹介する。

Sake_m_u Sake_m_d

 こだわりの蓮根料理は1ページにまとめられている。 Menu_rnk_u Menu_rnk_d
 その他、スッポン料理などもウリらしいけれど省略。ご容赦。
Menu_s  野菜に強いのは「一炉一会」と似ている。ひょっとしたら、仕入部門はグループ店共通で持ち、組織的に力を入れているとか??

■お通しOtoshi  胡麻豆腐だったかな?

■からしれんこんKrsrnkn

■れんこんと明太餅の揚げだしRknmm_agd

■れんこんと帆立の蒸ししんじょRknht_sj

 蓮根ってクセがあまりなくて、創作料理は意外とはまる。

■お刺身3点盛り合わせ3tnmri

■アスパラ焼き 黄身醤油掛けAspagagus  アスパラは北海道産。

■穴子の一本揚げAnagoa

■ぼんじりポン酢Bgr_pons

 立地がアメ横入り口そば。一帯に立ちこめる独特の熱気の内にあって「れんこん」の中はゆっくりとおだやかだ。この場所にこの雰囲気が成立するのは驚き。ギャップが面白い。
 女性客比率が高いのも、うなずける。

Table

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

れんこん
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 京成上野駅上野御徒町駅上野広小路駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »