« メキシコ @ 「Mi Casa Tu Casa」 | トップページ | 「きなり屋」 @ 茗荷谷 »

「吉本」 @ 新宿

 

 創業40年を迎えようという居酒屋。
 最初は新宿は南口の方にあったらしいが、今は西口へ移り、地酒の品揃えが強力な酒処としてその名が通っている。

 ビルの3階にあるので、今回外観写真はなし。代わりに暖簾の写真を。

Noren

 先にメニュー(の一部)を紹介する。

Menu01
Menu03

 酒のメニューページは、もう何ページもあって、とても写真で記録する気にもなれないほどだ。中からほんの2ページだけ。

Menu_s_l Menu_s_r

 そうだ、こんな「酒の友 珍味」なるメニューページもあった。Menu02  どこでの料理なのか地名が添えられているのが愉しい。

 内はこんな感じ。
Ym_ins1  仕切りの向こうはカウンター、奥にはテーブル席もある。

 また斯様に、旬のおすすめ料理や最新の酒たちは壁に掲示されている。

■この日のお通しOtoshi

 最初はジャパン・ビア・グランプリを獲った南信州の地ビール「ゴールデンエール」を頂いたのだが、画的に普通なので写真は省略。

 お通しの後ろでチラと見えているのは ――
■ぎんなんGinnan
 ホタテ貝に乗って出てくるなんて、おしゃれだ。

■お造り盛り合わせ(3種盛り)Sashimori

 こうなればもう日本酒だよね。

 「吉本」には3種の飲み比べセットが無数にある。
 その中から ――
■山形酒 3銘柄 セット 第11弾Sake

 グラス越しにカードが映り込んでいる。

 米酒が3種とも異なる。Sake_card
 コシヒカリの酒は初体験。何か綺麗すぎる感じがするのは自分だけか。

 この後、日本酒を相当いったのだが、写真は撮り忘れ。と云うか、もう呑みの方が先行してしまってね。

■塩イカ胡瓜もみSioika
 長野県では一般的な惣菜らしい。
 居酒屋の達人・太田和彦氏によると、長野ではあまりに日常的過ぎていて居酒屋に置いていなく、日本中でこれが食せる居酒屋はここ「吉本」だけ……とか。

■あん肝Ankimo

■手造りいか塩辛Siokara
 これは、先の「酒の友 珍味」のページにある品だが、産地が“新宿吉本”になっているのが笑える。こういう遊び心、好きだな~。

 もう一品、珍味から ――
■蜂の子Hatinoko
 清水で食した蜂の子は揚げてあったが、こちらは佃煮状。長野だとこうなるのだろう。
 それにしても、兎と亀だよー!
 蜂の子の佃煮だけでは、寂しく見えたかも知れないが、こういう一工夫が美味さを増すよね。

 いやぁ、酔いました。
 好みの地酒を探して、そして見つけても、他にも在るのでは? とまた探して。
 料理は酒のアテに最適化されたものがふんだんに用意されているし、吉本は日本酒呑みの聖地だね。

Akari

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

吉本
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

|

« メキシコ @ 「Mi Casa Tu Casa」 | トップページ | 「きなり屋」 @ 茗荷谷 »

宿酔注意」カテゴリの記事

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/54424717

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉本」 @ 新宿:

« メキシコ @ 「Mi Casa Tu Casa」 | トップページ | 「きなり屋」 @ 茗荷谷 »