« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

「代一元」 @ 代田橋

 

Dai1gen_ous

 散歩の途中で。
 後から知ったことだが、都内城西地区(主に中野区,世田谷区など)に展開する代一元の総本山である。
 創業1951年。店名の『代一元』は登録商標になっているようだ。

 入り口の横に、ポリシーの5箇条が謳われていた。5kajyo

 店内にさらに詳しい“こだわり”の詳細が。Kaisetu

 内装はこんな感じ。 Dai1gen_ins  テーブル主体。そのテーブルには小綺麗なクロスが掛けられている。カウンターもある。

 メニューの一部。Menu00

Menu01 Menu02

 サービスセットも色々ある。S_menu

 これだけ、“元祖東京ラーメン”だ“味噌”だ“冷やし中華”だと言われているのに、自分の注文はこちら
■スタミナ丼 ¥830Staminadon
 掛けられたアンは、レバニラ炒めの豚バラ版。野菜もいっぱい摂れて、ニンニクの加減が絶妙。ちょい辛。凄く美味い。
 ご飯ものに行っちゃったけれど、これはこれで正解だ。

■オプション、餃子2個・焼売2個 ¥350Gyz_sym
 焼売は蒸し焼き仕様のよう。上部はしっとりしているのに、底面にコゲ目があって香ばしい。

 半世紀以上もがんばってこられたなんて、素晴らしい。
 そこには、サービス精神はもちろん、しっかりとした美味さの裏付けがあってのことなのだな、とあらためて思う。

 

食べログ グルメブログランキング

 

代一元 本店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 代田橋駅明大前駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ひつじや」 @ 代々木

 

 『食べログ』の口コミ件数が200を超す有名店ひつじや。自分がレビューを重ねてもあまり意味はないのだが、こう云う有名店にもお邪魔していますよ、という報告として……。

Door

 表むきはBarのような佇まい。
 内はテーブル主体でレストラン然としたおもむき。いつも客人でいっぱいで、適当な写真がない。代わりに梁にある羊頭のオブジェを。
Hari  多数ぶら下がっている赤い物はトウガラシのようだ。

L_menu

■サービスのパン。Pan  “お通し”と言うよりは“おしのぎ”に近い感じか。

■ステーキ丼Staakdon
 このアングルだと判りづらいが、オニオンスライスが山盛りになっている。
 肉だけじゃなく野菜も摂りなさい、と云う客への健康配慮の現れか?
 いやしかし、これが¥600はお得だ。

■チェニジアのギョウザとシシカバブのセットCgz_ss
 別アングルでUpを3つ ――

Cgz_up
Sskbb
Salada

 チェニジア餃子、内はこんな仕様になっている。両サイドには挽肉、中央部分に半熟玉子。Cgz_up2
 あふれ出した黄身は白飯で絡めていただいた。
 そしてこれが¥630、安。

■焼きバナナとチコリのコーヒー (このセットが¥130)Yakibanana
 焼きバナナは見たことがあるフォルムだが、右奥の一軒普通のカフェオレが、じつはコーヒーの類ではない。キク科の多年草チコリー(アンディーブとも言う)で作ったもの。

 解説があった。Chicory

 上記のようにランチでの訪問が多い。
 無休で日曜・祝日も開いている。新宿・代々木近辺で昼食難民になりそうになると、思い浮かべるお店のひとつだ。
 でもやはり、本領発揮は夜なのだろうな。
 いつか夜の「ひつじや」を覗きたいものだ。

 

食べログ グルメブログランキング

 

Bistro ひつじや
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:地中海料理 | 代々木駅南新宿駅新宿駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「よもだそば」 @ 日本橋

 

Yomodas_outs

 銀座にもあるが、自分は何故かこちら日本橋の方に足が向く。よもだそばである。
 立ち食い蕎麦屋さんだが、カレーもうりで、どちらを頼むかいつも迷う。迷って結局、両方いくのだが。

 メニューの一部。Menu_s

■よもだカレー・半たぬきそばセットYc_hts

 よもだカレーUpYc_up  骨付き鶏ももがドンと入っている。インドカレー風のルー。立ち食い蕎麦屋で本格カレーが!

■山盛もやし たぬきがけそば と 半よもだカレーMyss_hc
 半カレーになると、骨付き鶏ももは入っていない。入っているのはその破片程度。けれど、ルーだけで充分美味いから!

 山盛もやし たぬきがけそば のUpMyss_up  Upにしても蕎麦が見えない(笑)。

 と云うことで、蕎麦を救出Soba_up  自家製麺である。

 メニュー表の代わりに券売機。Kenbaiki  追加のトッピングはカウンターで直にオーダーする。
 あとは、お店ホームページに詳細があるので、そちらをご参照のこと。

 そうそう、先ほどホームページをチェックしたら、“ラそば”なる日本蕎麦の出汁にラーメンの麺を投入するというものを始めたのだそうだ。
 全ての蕎麦メニューに適用可能で、\50の“ラそば変更券”を合わせて購入してオーダーする。
 攻めるな~。
 でも、意外と合うかもね。

 “ラそば”をいったらまた報告する。

 

食べログ グルメブログランキング

 

よもだそば
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 日本橋駅三越前駅東京駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「DAVID'S DELI」 @ 白金高輪

 

Dd_outs

 三田、桜田通り沿いのDAVID'S DELI
 中東イスラエルの料理をカフェスタイルでいただけるお店。

 ゆったりした空間の上、豊かな採光で寛げる。Dd_ins1
 Take-out もあるので、レジ横にはウインドーケース。Dd_ins2  その奥には三幸機械のコンポーネント型オーブンが稼働していて、随時パンを焼いているよう。

 メニューはお店ホームページに詳しい。こちらでは1ページのみ紹介。Menu_a

■マッシュルーム・ブレカスBurekas
 断面が綺麗に撮れるかと思ったら難しかった。Burekas_dm  ふかふかのパイ生地だ。

■フィッシュピカタ・ピタF_piccata
 お野菜たっぷりF_piccata_op  断面はこんな感じ。F_piccata_dm

■マッツァボールチキンスープC_soupe
 麺入り仕様のものもあるが、こちらはシンプルなチキンボールのみの仕様。
 巨大つくねがスプーンで綺麗に切れた。C_soupe_b_dm

■野菜と豆のスパイシースープとクスクスCous2_bs
 スープのUp。Bs
 こんな風にして頂いた。Cous2

■ナナ(ハーブ)入り紅茶Twnn
Nn_up

 小腹を満たすような軽食メニューが豊富で、散歩の途中に利用するにはちょうど良い感じだ。
 イスラエルのビールも置いてある。

 調べると、イスラエルの食文化はユダヤ教の影響下にあって、厳格な戒律・規定のもと独特の伝統があるようだが、ここは東京三田、大型ディスプレイに写し出されるエキゾチックなライブ映像とともに、ゆっくり食事を愉しもう。

 

にほんブログ村 グルメブログへ

 

デビッド・デリ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:地中海料理 | 白金高輪駅泉岳寺駅三田駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「○味」 @ 白山

 

Marumi_outs

 地元ネタ。白山通りにあるラーメン屋さん。@白山としたけれども、春日駅からもほぼ同距離。縄のれんが渋い。

 店内はL字カウンターのみ。
Couter
Couter_set

Mm_menu

■チューシュー麺(醤油)+半熟味付け玉子Syouyu_ajtm

 麺のUpも。Men_up_syoy

■チューシュー麺(塩)Cyasyu_sio
 塩になると小さなあられがスープに浮く。

■ワンタン麺(塩)Wantan_sio

 麺のUp。Men_up_sio

 具材もUpで。Guzai
 ワンタンはツルプリ。チャーシューはホロホロ。
 この他に、キャベツやワカメなども入って、にぎやか豪勢な中華そばである。

 スープはまろやかながらも野太いイメージで、自分は四谷こうや系を連想してしまうが、店主さんに伺ったら独学とのこと。
 このスープと中太縮れ麺のバランスが良い。

 伏兵は、専用のつけダレと共に供されるこちらの ――
■水餃子Suigyoz
 とってもJuicy。チャーシューを煮た時のスープを使用しているらしい。
 焼酎や日本酒もおいてあるので、水餃子を肴に行ってから、〆にそば、と云う手もある。

 しかししかし、残念なお知らせが……。
 2014年3月までに立ち退かなければならないそうだ。移転先はまだ決まっていないそう。
 付け麺が未食。食べに行かなきゃ!

 

食べログ グルメブログランキング

 

○味
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華麺(その他) | 東大前駅白山駅春日駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「霞舫酒家」 @ 小川町

 

 昨年の大晦日、あてどもなく散歩に出て、開いているお店なんかあるのかな、とさまよっていると、淡路町の裏路地に中華屋さんを見つけた。

Kaho_outs

 しごく普通の中華屋さんであろうが、掲げらえたメニューのひとつが気になった。
 帰宅後、Webで調べたら、このメニューをウリにしているお店が3店舗ほどヒットしたが、自分は初めて見るものだった。

 メニューはこちら、どれがその品だか判るかな?L_menu

 他にこういった案内もあった。S_menu

 ビジネス街である。お弁当もやっているらしい。B_menu

■台南担仔(タンツー)麺と炒飯のセットObon
 台湾語では“ターアー”と発音されるそうだが、日本では“タンツー”の他、“ターミー”と表されることもあるらしい。
 お店によってその仕様は微妙に異なるであろうが、こちらのタンツー麺、トップに乗っているのはオニオンフライ。“担”の字が入るが“担々麺”の様に辛くはない。探ると干しエビだの椎茸が出てきた。出汁で食べさせる麺料理のよう。
 オニオンフライも香りとコクに大貢献している。
 へー、割といけるじゃん。

Men_up

 内装について、ふれていなかった。
Kaho_ins  一番乗りだったので遠慮無く撮ってしまった。右手前のヒーターは寒かろうとお店の人が移動してきてくれたものだ。

 さてさて、最初に書いたがこれは2013年12月31日の話。
 メニューに「6周年記念 ランチ全品¥680」との文字が躍っているが、2014年に継続しているかは未確認。ご容赦。

 

食べログ グルメブログランキング

 

霞舫酒家
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:中華料理 | 小川町駅淡路町駅新御茶ノ水駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「平太」 @ 西大島

 

Heita_outs

 西大島、明治通り沿い。
 自分が散歩コースの参考にしている昭文社『山手・下町散歩』(2007年3版)に、しっかりとその名が記されているとんかつとビフテキのお店。
 お隣のラーメン屋さんも有名だが、肉好きにはこちらだろう。

Heita_ins1
Heita_ins2

 カウンターとテーブル、こう見ると落ち着いた雰囲気だが、実はこの写真を撮るのが大変だった。1番で入らないと撮れないから。このあとすぐにお客さんで一杯になっちゃった。

Menu1
Menu2

 このようなメニュー構成だが、揚げ物は細かなオーダーが可能だ。例えば“ヒレカツに牡蠣フライ3ヶ”とか、あと“タルタルソース多め”などと云う注文も通る。
 これも人気の理由だろう。

 注文をすると、まずサーブされるのが ――
■お新香とオニオンスライスOshinko_salada

 しばし待って登場 ――
■ビーフカツGyukatu1
 これだと迫力が伝わらないか。
 これでどう?
■ビーフカツ断面Gyukatu2  ハラショー(хороший)!

 お味噌汁はいちょう切りの大根、人参などが入った豚汁。

 しかし、自分はこっちも好きなんだ。
■海老ベーコン巻きE_baconmaki
 串先の4本目が倒れてよく分からないかも知れない。大振りな4尾が並んでいる。
 海老自体は淡泊な味わいだけれど、それをベーコンで巻いて串刺しにしてソテーする。
 ベーコンの薫香と脂が海老と合わさると強力だよ。
 味をどう表現すれば良いのか判らないのだけれど、このソースも好きだ。バター醤油系の味。千切りキャベツをこれでいってしまう。
 ごはんにちょんちょんと付けても良いぞ。

 一番で入って、判ったことが一つある。
 カラシのボトルを開けたらフチまで一杯だ。Karashi
 毎日フレッシュなカラシを提供するためにオープン前に練って詰めているに違いない。
 とんかつ屋さんでは、あたりまえの事?
 でも、こういう地味な仕事の積み重ねが、今の人気につながっているのだ、絶対に。

Doll

 

食べログ グルメブログランキング

 

平太
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:とんかつ | 西大島駅大島駅住吉駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPEC D @ 「昔ばなし 別館」

 

 12月末の話。池袋西口ロマンス通りにある昔ばなし 別館へ行った。
 池袋のこちら口には、“はなれ”と“別館”とか、なんか本流を離れても色あせないお店が散在しているような気がするが、気のせいか。

 カウンター席に通された。Antique

 カウンター内はアンティークな趣。照明も味がある。
 こちらの運営は内装工事なども請け負う「株式会社アクロスリング」。なるほど、インテリアなどのあしらえはお手のものか。
 ちなみに、このノスタルジックな内装に合わせてか、女性スタッフさんが着物を召していらした。

 そしてこちら、目の前にあった楊枝立て。自分、ドツボである。Youjitate

 酒の揃えがすばらしい、肴も良いとの噂を聞きつけての訪問である。
 (酒類の品揃えは上の内装写真を見ても少し判る)
 のっけから日本酒だ。

■花泉 辛口本醸造 一回火入れ1st_hnizm
 福島県は「花泉酒造」。‘一回火入れ’とは冷やおろし的な事かな?

 手前はこの日のお通しOtoushi

 以下、メニュー写真を撮り忘れたので、正しい料理名ではないかもしれないが、順次紹介していく。(店名からリンクの『ぐるなび』にほとんどのメニューが見られる)

■龍宮城(豪華6点盛り)Otukuri
 玉子焼きまで付いた鮮魚の盛り合わせ。鮮度はもちろん、なかなかのひと皿。

 こんな案内があった。Sake_ann
 この中から ――

■一喜 初しぼり2nd_ikki
 千葉県は「飯沼本家」の手による酒。
 アルコール度数;18%。日本酒度;0~+4。酸度;1.7~2.0。アミノ酸度;1.5~1.7。
 データで酒を呑むのは愚の骨頂だけれど、親切に裏ラベルに記されていたのでお知らせする。

■牛もつ鍋Motunabe
 トップの透明なゼラチン状なものは‘ヒアルロン酸’との説明があった、たぶん。

 取り分けた画 ――Motunabe_tw
 スープがとんこつ/関西風白だしから選べる。これはとんこつ。
 もつの下処理がしっかりしているのか、とんこつスープでも割とあっさりと感じられた。

■聖護院蕪の千枚漬け1000ptuke
 昆布を合わせて丁寧な仕事が施されていた。

 3杯目。
■佐久の花 純吟 無濾過原酒‘Spec d’3rd_hana
 長野県「佐久の花酒造」の品。ラベルに「Spec d」の文字が輝く。
 米は長野県産ひとごこち。それを55%磨き、長野D酵母(Spec d)を使用し長期低温発酵させたものらしい。
 香りが格別だ。

■昔ばなし風 合鴨たたきKamo
 ニンニクチップが効果大で驚いた。

■海老とチーズの春巻揚げHarumaki
 トマトを賽の目状に切ったソースと合わせて食す。

■もつ鍋のリゾットOjji
 先出のもつ鍋の残りスープで作ったリゾット。チーズが加わっているので‘おじや’というよりは‘リゾット’と言った方がしっくりくる。
 ベース豚骨スープなのだが、豚骨ラーメンの残りスープにライスをぶち込むのとワケが違う。
 美味だった。
 他に〆の追加メニューとしてはちゃんぽん麺などが選べた。

■生八橋とアイスクリームKanmi
 抹茶アイスと小倉餡を包んでいただく。小技が決まって脱帽。

 店はビルの6・7階にあって、少々見つけづらいかも。“隠れ家”っぽい、とも言える。
 先の日本酒のメニューにあった「地酒会員様は…表示価格の10%割引価格となります」の文言が気になる~。
 今度行ったら尋ねてみよう。

 

食べログ グルメブログランキング

 

昔ばなし 別館
夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:居酒屋 | 池袋駅要町駅東池袋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七福神 @ 「松寿庵」

 

 谷中。リニューアルした「朝倉彫塑館」のそば。
 ふら~と流していたら、『谷中七福神そば』の幟が目に飛び込んできた。

Syojyuan_kb

 どんな蕎麦なんだ?
 ちょうど小腹が空いていたから、確認してみることに。松寿庵さんの暖簾をくぐった。

 テーブル席が並ぶ小体なお店。Syojyuan_ins

Menu1
Menu2
 メニュー表は“七福神”だけが赤字で記されている。

 壁にはこんな解説があった。7godsofw  なるほど、七つの食材を七福神に見立てているわけだ。

■七福神そば7godssb
 盛りつけが綺麗だ。紅白かまぼこの上に柚子皮が置かれ、七福神に喩えらえた食材ではないけれど、三つ葉が緑を添えている。
 本当に、さまざまな食材が盛り込まれている。
 袋茸を蕎麦でいただくのは珍しい。そして、うずらの玉子、鶏肉、海老。食べ応えもある。

 蕎麦も綺麗だ。Soba_up

 七福神を食べちゃった。
 御利益、あるのかな?

 

食べログ グルメブログランキング

 

松寿庵
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 日暮里駅千駄木駅西日暮里駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年明けには外せない>「晴弘」

 

 初詣は済ましていたが、深川・門前仲町へ足を運んだ。
 目的は八幡様ではない。晴弘である。
Haruko_outs  自分、ここのラーメンを啜らなければ、食べ歩きの1年が始まらない。

 メニューは2011年に訪問したときのレビューに載っているので、そちらをご参照あれ。

 この日いただいたのはこちら ――
■海老わんたんそば(塩)Ebiwt_shio
 これが大好物で!
 柔らかいタンチャーシューとパクチーの香り。
 そして、つるりとした口当たりだけれど、内の海老がプリとしているわんたん。

 麺は細麺。Shiomen_up  これが滋味深い優しいスープを持ってくる。

 奥は ――
■中華ちまきChimaki  これも香りが良い。

 あぁ……。これで新年が明けた。

 

食べログ グルメブログランキング

 

支那そば晴弘
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 門前仲町駅木場駅越中島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「巣鴨更科」 @ 庚申塚

 

 元旦。
 例年ならば初詣は深川に足を運んでいたが、今年は近場を巡り、その足で巣鴨まで歩いた。
 巣鴨地蔵通商店街の先に元旦から営業している蕎麦屋を見つけた。
Kst_ss_outs
 『創業大正四年』とある。屋号が『更科』。ひょっとして、直系か?

 ちょうど腹が減っていたので、暖簾をくぐった。

 テーブル席に案内された。Ss_table
 写真ではボケてしまっているが、椅子の背もたれに素敵な意匠がある。

 横には小上がりもある。Ss_koagari

 メニューはこんな感じ。

Menu_1
Menu_2

■ミニカツ丼セットMnktd_set

 そばUpSoba_up  江丹別産の蕎麦粉らしい。

 ミニカツ丼もUpにしておこう。Mnktd_up

 食べている最中に、こんな案内を見つけて ――Annai
 追加注文してしまった。

■さらしなSarashina

 さらしなUpSarashina_up

 やはり蕎麦つゆは『藪』系と比べると甘め。

 大晦日に年越し蕎麦を喰ったのに、年明け元旦からまた蕎麦。
 でもでも、老舗でたぐる蕎麦は、正月にぴったりくる。

 小上がりの上にクラッシックなお品書き看板があった。Menu_cls
 老舗の風情が漂う素敵な蕎麦屋さんだった。

 最後会計時に近くの庚申塚にある猿田彦大神さんの御寶銭をいただいた。Gohousen
 こういう気配りもなんとも老舗らしい。

 

食べログ グルメブログランキング

 

更科
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 庚申塚駅巣鴨新田駅新庚申塚駅

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年 呑み始め

 

 年が明けた。
 昨晩はNHKの策略にまんまんとはまり、『あまちゃん』目的で紅白をモニターするという事をしてしまった。(汗

Yamautiya_1
Yamautiya_2

 それはさておき、新年初呑み。
 今年は「emma」の店主からいくつか品揃え強力な酒屋さんを教えてもらっており、その内の一軒、日暮里の「山内屋」さんで酒を購入、用意した。

Sake__wine

 右は山形県米沢市の酒蔵「小嶋総本店」(←なんと1597年創業)の“洌 燗酒純米”。
 「山内屋」さんホームページから‘年末年始に燗で美味しいお酒のおすすめです。’をクリックすると出てくるリストのトップにある日本酒だ。
 山内屋さんの案内を全面的に信用し、迷わずチョイスした。
Sake_l

Yamautiya_3  日本酒は他に樽から計り売りの“賀茂鶴”が気になったけれど、それは止めておいて代わりにワインにした。

 先の画の左であるが、おせちに合わせる¥1500程度の白ワイン、というリクエストで勧められた1本だ。“シャトーベルガルド 白 2012”。
 山内屋さんが直輸入している。大手輸入会社などでは扱っていないよう。要は‘ここでしか手に入らない’一品。Wine_l

 自分、いつも正月は日本酒、ずれても焼酎なのに、ワインって珍しい。
 理由があってね。

 今年は某雑誌の‘お取り寄せおせち’の紹介記事を見ていたら、食指が動いて楽天で購入してしまったのだよ。
 川越達也シェフ プロデュースの洋風おせちを。 ちょっと奮発しちゃったな。

Osechi_1

 3段重おせちである。(大きさの目安に“洌”と並べた)。
 12/30に冷凍で届いた。
 大晦日の15時頃から冷蔵庫の方に移し、ゆっくり解凍してある。Osechi_2

 この他にいつもの「みちのく」煮豚1本もある。

 さぁ、そろそろ始めるか!
 言ってみればこれは、自分へのお年玉かな。

Otoshidama

 

食べログ グルメブログランキング

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »