« 雪景色 > 東京 | トップページ | 「旗幟」 @ 上北沢 »

「美食坊」 @ 小岩

 

 Webで発見し、以前から気になっていたお店。
 “上海ワンタン専門店”とのことなのだが、位置を示すバルーンは駅から離れた住宅街の中に立っているし、ネット販売がメインのようにも思え、足を運んでこの目で確かめるまで、その存在自体が半信半疑であった。

Bisyokubo_outs

 上海ワンタン専門店 美食坊のプレートを見つけて、ひとまずほっとする。担々麺の黄色い幟のほうが目立つ。
 そして申し訳程度に“営業中”の札。
 一瞬2階が入り口かと思ったが、下の扉がお店の入り口だ。

 中は大きなテーブルがひとつ。奥は厨房になっている。Bisyokubo_ins

 おつまみや点心類など、メニューは結構豊富だ。

A_menu
B_menu

D_menu Tea_menu

 まずは、お茶とザーサイがサーブされる。Zasai_tea

 ピンクチェックがらのテーブルクロスといい、一般家庭のダイニングにお邪魔したような案配だ。
 妙に緊張する。が、そのうち慣れて、これはこれで和む。
 食材を取りに行くらしく、「ちょっと出ますね」とお店の人に声をかけられ、しばしの間留守番をした。

 ようやく訪問が叶ったお店なので、ここぞとばかりに注文。ちょっと食い過ぎた。

■なずなワンタン/椎茸ワンタン ハーフ&ハーフ ¥630Wantan
 なずなにするか椎茸にするか迷っていたら、お店の人が半分ずつの合わせ盛りが出来ることを教えてくれた。
 黄色い方とちょっと褐色がかって見える方、どちらがどっちであったか忘れてしまった。
 ワンタン皮はなめらかスムース。餡はなずなと椎茸が適度な歯ごたえながら全体的には柔らかくまとまっている。
 スープも優しい味わい。これはパクパク行ってしまう。

■焼き小籠包Yakisyrnp
 生地がフカフカで驚いた。蒸しパンの生地と同種なのであろうが、小麦の甘さがしっかりと伝わってきて美味。
 もちろん内は肉汁を湛えていて、もう何の文句もない。

Jyan_su  テーブルには紅酢やら黒酢やら、いろいろなものがセットせれていて、様々なバリエーションで3つの焼き小籠包をいただいた。

 Webでの事前チェックでは出てこなかったこの一品、気になっちゃって。
■担々麺Tantanm
 香りが良い。胡麻の香ばしさと香辛料の鋭さ。うまく表現できないのがもどかしい。
 麺は細ストレート。Tan2m_mup
 そのストレート麺に細かなスパイスがまとい付いているのが見えるだろうか。
 ワンタンは優しい味わいだったけれども、担々麺はちょっと辛め、インパクトある味わいだ。
 食べ進めるうちに顔から汗があふれてきた。

 いやぁこのクオリティーのお店が商店街にあったら、相当の認知度と人気を得るに違いない。
 一人で切り盛りされているようなので、そうなるとちょっとしんどいか。
 もったいないようでもあり、このままひっそりと続けて欲しい気もしたり……。
 なんか複雑な心境になってしまった。

 

食べログ グルメブログランキング

 

美食坊
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:上海料理 | 小岩駅市川駅江戸川駅

|

« 雪景色 > 東京 | トップページ | 「旗幟」 @ 上北沢 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/54943693

この記事へのトラックバック一覧です: 「美食坊」 @ 小岩:

« 雪景色 > 東京 | トップページ | 「旗幟」 @ 上北沢 »