« 「THE LEGIAN TOKYO」 @ 渋谷 | トップページ | 「長寿庵」@ 一之江 »

「むつみ」 @ 新江古田

 

Mutumi_outs

 もう間もなく、創業半世紀を迎えようという老舗である。
 自分、江古田で暮らしていた時期があるのだが、このお店のことは最近(例により散歩の途中で)知った。当時に知っていたら、通っていたかもしれない。不覚である。

Counter

 1st-contact は去年の暮れの事。

 (メニューは消費税改訂後も変わらず)

Menu_m
Menu_r
Menu_b1

 メニューを見て決めかねていたら、勧められたのがこちら……
■ぎゅう スジ ラーメンGyusujiraumen
 麺の硬さ、及びスープの辛さが調整可能。
 自分は麺硬め、辛さ普通でオーダーした。

 スープは野菜(見るからにたっぷりの)から染み出る甘さもあってか、じんっと芯から温まる程度の辛さにまとまっていた。牛スジの旨味がのり、美味。

 さらに特筆すべきは、看板にも掲げている手打ちの麺。Raumen_up
 ごわごわと均整の取れていないところが良い。その分、スープをからめ、もってくる。
 歯ごたえも独特で、さすが手打ち、ムギュッと粘りがある感じだ。

 こちらの麺、仕込みには限界があって、1日30食分くらいしか打てないのだそうだ。

■サービスのミニおむすびService_ongiri
 ひとくちでいけてしまうヴォリュームだが、―― これにやられた!
 ご飯にもこだわりがあって、秋田県大潟村直送米(あきたこまち)を使用している。
 何の飾り気もないこの白むすびに、お米本来の美味さを再認識させられた。

 ご飯ものも味わってみたいな、素直にそう思った。
 さらに、Web で探ると餃子も皮が手打ちで美味いとの情報がみつかり、“ぎゅう スジ ラーメン”だけでブログUpしてはいけない気がして、絶対再訪を、とその機会を狙っていた。

 で、先の6月、ようやくそれが叶った。

■チャーハンCyahan00
 (右の小皿は後出の餃子のもの)
 Upで観ないと伝わらないか。Cyahan01
 ベースは塩味、そして一般的な煮豚でなく、焼き豚を使用していて、全体の軽やかさはそのままに、旨みやコク、風味を増しているよう。
 また、細かく刻まれた竹の子が入っていて、その食感が楽しい。

■餃子Gyouza
 やや大ぶりな、食べ応えある仕様である。
 食べ応えという点では、もも肉の特に脂のない部分を使っていることも寄与しているのだろう。肉の旨みがしっかりと全面に出ている。
 内のネタにパンチがある分、自家製の皮は薄く、パリッと焼かれている。
 メニューに餃子ライスもある。なるほど、メインをはれる品である。

 「むつみ、最初に書いたが、もっと以前からこの店を知っていたら、と後悔しきり。
 タンメンや焼きそばも気になるし、その他ご飯メニューも美味いに違いない。
 是非、また寄らせてもらおう。

 店主さんは気さくな方で、趣味(PC自作!)の話などもする。
 自慢の息子さんがいて、和食の道にすすみ、今は北京「なだ万」でがんばっているそうだ。

Mutumi_outv

 

食べログ グルメブログランキング

 

むつみ
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:ラーメン | 新江古田駅江古田駅新桜台駅

|

« 「THE LEGIAN TOKYO」 @ 渋谷 | トップページ | 「長寿庵」@ 一之江 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/56879193

この記事へのトラックバック一覧です: 「むつみ」 @ 新江古田:

« 「THE LEGIAN TOKYO」 @ 渋谷 | トップページ | 「長寿庵」@ 一之江 »