« 「龍王」 @ JAL City 田町 | トップページ | SFの国 @ 「世田谷文学館」 »

黄金笊 @ 「与之助」

 

Ynsk_noren

 新御徒町、春日通り沿いの蕎麦屋。
 某グルメ雑誌で知って、その後ちょくちょくお邪魔している。

Ynsk_ins01
Ynsk_ins02

 店内、コンクリート打ちっ放し。蕎麦屋らしからぬ雰囲気だ。
 気骨あふれる蕎麦は、このコンクリートむき出しの内装に、どこか似ている気がする。

 土曜日、昼のお品書き。Menu_sat

 お酒メニューも撮ったのだが、ボケているのでUpは控える。
 フレーズを抜き書きする。
 東北泉・特別本醸造‘冷酒でもお燗酒でも’。
 旭鳳・純にして醇‘キレ良く味わい豊か’。
 升酒・吉野杉のたる酒‘香り高い檜のマスで’。
 などなど。焼酎もあるが、“隠し日本酒”もあるそうで、どちらかというと日本酒が得意そう。

■鴨笊Kamozaru_zk
 わさびと刻みネギが添えられている。

 蕎麦をUpで。K_soba_up
 わさびも良いけれど、自分は唐辛子で。

 こちらは、つけ汁の蔵王産地鴨。Kamo_up
 鴨なんばんだと、大振りに切られた鴨肉だが、鴨笊は一口大の大きさに切られている。

 とろとろの蕎麦湯がまた良い。Sobayu
 ここに、鴨出汁のまわったつけ汁をほどよく入れていただく。

 つぎは温蕎麦から、
 ご近所の鳥越神社にちなんでの一品かな。
■鳥越そばTorikoesoba
 鳥肉(胸肉かな?)には蕎麦粉をはたいてある。そのせいだろうか、しっとりと鳥の旨味が残っている。

 温蕎麦のUpも。Trkes_up
 店先に季刊誌『蕎麦春秋』の記事が飾ってあって、それによると、北海道摩周湖の蕎麦を生産者と吟味して選び、こちらで製粉しているとのこと。

 季節毎に特別メニューが出る。
 こちらは5月にいただいた、
■胡麻だれざるGomadarez
Gomadareup

 最後に看板メニューを
■黄金笊Koganez
 ピンがつけ汁にあって、蕎麦がボケているけれど、ご容赦。
 だって、このつけ汁が傑作なのだよ。
 鰹・昆布の出汁に白醤油。そこに青森・長谷川自然牧場の豚肉の細切りと水菜、三つ葉、トップに柚子皮。
 豚肉の脂が良い感じに甘い。胡椒がそこをバッシと締めてナイスバランス。

 美味いからといって、がっついて食べると損をするよ。
 つけ汁を半分ほど残しておいて、先出のとろとろ蕎麦湯で割って飲むと、これが恐ろしくいけるのだ。Koganesm
 あぁ、これで酒を行っても良いかも!

Ynsk_counter

 

食べログ グルメブログランキング

 

手打蕎麦 与之助
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新御徒町駅稲荷町駅仲御徒町駅

|

« 「龍王」 @ JAL City 田町 | トップページ | SFの国 @ 「世田谷文学館」 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/57384260

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金笊 @ 「与之助」:

« 「龍王」 @ JAL City 田町 | トップページ | SFの国 @ 「世田谷文学館」 »