« 「谷津」 @ 日向和田 | トップページ | 「冨久豆」 @ 向原 »

「ニューキャッスル」 @ 銀座一丁目

 

 「ニューキャッスル」復活の話は、雑誌などに露出しており、知っていた。
 自分も、かつて何度か辛来飯を食したことがあって、このニュースを知ったときに、おぉっ! という感動があった。

 感謝の気持ちを記した(ある意味、閉店のお知らせ)張り紙には、ファンが手書きでコメントを寄せられていた。旧「ニューキャッスル」の前を通るたびに壁に貼られたそれが目にとまり、じんと胸をあつくしたものである。

 今は、その張り紙はなくなって、新店舗の告知に代わっている。

Kansya_2

 ‘←’にならって歩けば、やがて看板が現れる。
 お店は地階に変わっているので、よもやすると通りすぎてしまうかも。この看板が頼りだ。

Newcas_outs

 地階へ向かう階段の途中には懐かしい旧「ニューキャッスル」の写真などが掲げられている。

 店内写真撮影お断りとのことで、内装写真はなし。

 とりあえずメニューを。『裏面もご覧下さい!』と‘!’マーク付きなので、裏面もね。

Menu01
Menu02

■辛来飯 蒲田Kamata

 半熟玉子を一刀両断(スプーンでだけど)。Kamata_b

 いや~、懐かしい。昔もこうして食べた。

 カウンターの向こうには、二代目、三代目が‘ニューキャッスル三世’がプリントされたTシャツを着て頑張っている。
 あぁ、ニューキャッスルは新しい時代を迎えたのだな、とあらためて思った。

 この辺の経緯は『東京カレンダー』のWebページにまとまっている。
 また三代目、もとい三世のブログには当事者として綴ったログがアーカイブされている。
 よかったら、覗いてみて。

 帰り際に、かつて旧店舗に貼られていた ―― 感謝の気持ちの上に、ファンが激励の言葉を残した ―― 張り紙を入り口に見つけた。

Kansya

 三世はこれらファンの思いを両肩に背負っているのかな?
 いや、敢えて背負おうとしているのだな。
 その男気に、感服。

 

食べログ グルメブログランキング

 

関連ランキング:カレーライス | 銀座一丁目駅宝町駅東銀座駅

|

« 「谷津」 @ 日向和田 | トップページ | 「冨久豆」 @ 向原 »

美食探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1116725/57748125

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニューキャッスル」 @ 銀座一丁目:

« 「谷津」 @ 日向和田 | トップページ | 「冨久豆」 @ 向原 »